Zoomセミナー未経験者が30万円を稼ぐための大原則

今日のテーマは、Zoomセミナー未経験者が30万円を稼ぐための大原則についてお話をします。

Zoomセミナーに参加する人は本気の人が多い

Zoomセミナーにやってくる人は、本気であなたの話を聞くために事前に動画も見て来ています。

事前アンケートも提出し、顔出しもしています。

このように積極的に話を聞きに来ている人に、あなたの商品やサービスを話すのは楽しいでしょうか。

それとも、つまらないでしょうか。

きっと、楽しいですね。

本気であなたの商品やサービスに興味を持って予習動画を見て、顔も出して名前も出して、アンケートにも答えてくれる人。

そんな人を相手に話をするのは、あなたにとっても楽しいはずです。

そして、積極的にあなたの質問に答えてくれる人は、あなたの商品を勧めるときに、勧めやすいでしょうか。

勧めづらいでしょうか。

商品やサービス、Zoomセミナーにその人が本気で根本解決できる商品をあなたが持っているのだとしたら、その人は、思い切り勧めやすいと思う人ですか?

勧めづらい人ですか?

答えは、絶対勧めやすい人です。

つまり、あなたのZoomセミナーに事前アンケートもクリアして参加して来る人は、「本気度の高い人」と言えるのです。

未経験者が30万円を稼ぐための大原則

では、あなたがセミナーをやる前に動画も予習してきて、アンケートにも答えてくれて、顔出し、名前出ししてあなたの話に積極的に答えている人は、あなたにとって売上が上がりやすいでしょうか。

それとも、上がりにくいでしょうか。

このようなZoomセミナーで上がりやすいか否か、ゼロからの未経験者、オンライン初心者が30万円の売上を上げるにはどうしたらいいかをお伝えしていきますが、その前に、一番の原則をお伝えします。

それは、

『相手が求めていることを理解して、それを相手が正当に手に入れられる人になる役に立つ。』

と言うことです。

これは、単に売ることとか、単なる集客ではありません。

売ることや集客というのはプロセスで、ちゃんとしたやり方やZoom集客の学校などで学んだことを実践して、やり遂げるまで改善すれば誰でもできることです。

それは、当たり前にできるようになりますし、やり遂げるまで改善したら30万円、50万円は売り上げられます。

でも、大切なのはその先です。

『相手が求めていることを理解して、それを相手が手に入れられる人になることに全力で役に立つ。』

もちろん、行動しない人、できない人、いるかも知れませんが、それをどうしたらできるか考えて、どんどん改善を重ねることが重要です。

情報提供型のセミナーはやらない

では、そのための一つ目は、情報提供型のセミナーをやらないということです。除法提供型だけをやってたら、30万円の売上すら上がらないということです。

情報提供型だけやってる人は、聞いてる人は気持ちいいから、「いい話聞いた!」「すごい!」と一生懸命やってしまいます。

それはそれでいいとは思うのですが、情報提供型セミナーやそのような動画は楽しいし、勉強になるからいいかもしれないのですが、プロの世界というのは、売上が上がらなかったらクビなのです。

だから、実戦で結果が出ないと意味がないのです。

そのためには、自分の悩みや課題を明確にして、どうしたら根本解決できるかというのを知るだけではなくて、Zoomセミナーに参加している人は、できるようになりたいのです。

知識というのは2割です。

できるようになるには経験の方がよっぽど重要なのです。

知っていても学んでいても、実践したってできない人がたくさんいます。

経験でやり遂げるまで一緒にやってもらう、改善できるなど、根本改善の環境がなかったらできないのです。

営業を教えて、「やってみなさい!」と言っても、大体の人は、断られてくじけて帰ってくるのです。

一緒にやる実践の重要性

知っていても学んでいても実践できない。

それは、まるで小学校1年生の泳げない子、泳ぎたいという子に、「平泳ぎは、こうやって掻くんだよ。」と教えることと同じです。

「足は、カエルみたいにやるんだよ、じゃあ、泳いでおいで!」と言っているようなものなのです。

それでは、ひどい大人ですよね。

実際に一緒にやってあげないと、溺れてしまうかもしれないじゃないですか。

それは、情報提供型セミナーだけをやっている人と同じです。

そんな情報提供型セミナーをやってる人は、いい人だし、いっぱいいるからいいのですが、「あとは自分でやって。」と言われても、未経験者、初心者は、一緒にやってあげないとできないのです。

もし、泳げない子だったら一緒にプールに入ってあげて泳ぐ。

起業初心者には、一緒にコンセプトを作るのです。

もし、「お客様が全然来ないんですけど。」と言われたら、

  • どういうコンセプトを出したのですか?
  • では、ここを改善したらどうですか?
  • できましたね。良かったですね。

と、泳げない子だったらプールに入って「手を持ってるから大丈夫だよ。」と言ってあげるから泳げるようになるのです。

  • そして、5m泳げるようになった。良かったね!
  • じゃ、今度は15mいってごらん。
  • 泳げたね。すごいね!
  • じゃあ、今度25mいってごらん。
  • ほら、できるね。
  • 今度は折り返し50m行こうよ!

と、オンライン起業だったら、25万円上がって、50万円上がるようなものです。

つまり、一緒にやらないとできないのです。

情報提供型セミナーだけやってる人、それが好きな人はいいのですが、でも、実は、情報企業、情報提供型のセミナーは、営業のプロの世界ではもう終わっていますね。

ただ知識を学ぶ学校の勉強であれば、それはいいと思うので勉強してください。

否定してるわけではありません。

しかし、あなたが30万円を売り上げたいのだとしたら、オンラインでセミナーをやるとき、商品販売型セミナー、つまり相手の悩みを根本解決するセミナーをやってください。

これが重要なのです。

大切なので、もう一回お伝えします。

相手の悩みを根本解決できるセミナーをやってくださいね。

相手から嫌われない話し方を身につける

では、二つ目は、相手から100%嫌われない話し方を身につけるということです。

これを身につけていくと緊張もほとんどしなくなってきます。

なぜかというと、それはあなたの商品やサービスに興味がある人にしか話さないから。

興味がない人に1ミリも1%も一言も話さないからです。

話し方には3つのステップがある

そして、三つ目。

話し方には、3つのステップがあります。

この3つのステップをそのままやったらいいだけです。

一番目は、まず、案内文、誘い文で見極める。

あなたのセミナー、個別相談に興味があるかないかを見極める。

二番目、案内文で「興味がない」と言われたら爽やかに「ありがとうございます。」「またよろしくお願いします。」で終了します。

興味があるという人にだけ、「わかりました。では、15日と16日どちらがいいですか?」と選んでもらいます。

案内文で誘導するのです。

そして、最後は、3つの条件をつけることです。

3つの条件は、本気の人にだけしか参加しないようにしていただくためです。

なぜなら、本気じゃないと結果が出ないからと、あなたの時間を無駄にしたくないからです。

ですから、3つの条件を満たさない方は途中で退場してもらいます。とはっきり書いたほうがいいです。

そして、本当に退場させた方がいいです。

それをやらないとダメなのです。

そうしないと本気の人が来ないです。

この3つの条件は、すごく重要です。

  • 一つは、動画を見てくること。
  • 一つは、顔出し、名前出しすること。
  • 一つは、質問に1分以内に答えない方は退場してもらうこと。

その条件はあなたが作っていいと思います。

ということで、今日は、オンラインセミナーは話し方が9割。

初心者基礎編。

私もゼロからの初心者でした。

だから、初心者は恥ずかしいことではなくて、チャレンジャーですから素晴らしいです。

挑戦しているわけです。

今日は、初心者が0から30万円売り上げるための話し方についてお伝えしました。

興味がある人だけを誘導するということは?

最後に余談ですが、昔すごくウケたCMがあるの知ってます?

ものすごい爆発した、広告料があんまりなかったんですが、ポリンキーっていう CM、聞いたことありますか?

「ポリンキー、ポリンキー、三角形の秘密はね、、、教えてあげないよ! チャン!」

なんだこのCM?!と思うんですが、スーパーに行ってそれを買ってしまうのです。

どうしてでしょう?

CMで教えてくれないから自分で買って食べたのです。

だから、めちゃくちゃヒットしたんです。

ポリンキーって、お菓子です。

このフレーズで大ヒットしたお菓子。

「ポリンキー、ポリンキー、三角形の秘密はね、教えてあげないよ! チャン!」

繰り返しになりますが、なんだこの CM?と思うのです。

だけど、スーパーでポリンキー買っちゃう人が多くて、売れちゃったんですね。

だから、私たちもポリンキーと同じで興味ない人には教えたらダメなんですよね。笑

相手に選ばれようと思わないことです。

あなたがZoomセミナーで話すとき、ぜひ確認してみてください。

興味があるかないか。

興味のない人に1ミリも話さない。

これが見極め能力ですね。

ただし、上から目線でマウント取るとかではありません。

そういうことはやめましょう。

対等の立場で選んでくださいね。

上から目線になると嫌われます。

心の中にそういう強いものを持っててもいいけど、優しく話してくださいね。

対等に話しましょう。

勘違いはしないでください。

強気は必要ですが、対等で話しましょう。

まとめ

  • Zoomセミナーに来る人は本気の人が多い。

事前動画も見てくる、アンケートも答える、顔出し、名前出しして参加する人は本気度が高く、商品を勧めやすい。 

  • 未経験者が30万円売り上げるための大原則とは?

相手が求めていることを理解して、それを相手が正当に手に入れられる人になる役に立つ。
単なる集客、売ることではない。

  • 情報提供型セミナーをやらない。

オンラインで30万円売り上げたければ、情報提供型セミナーではなく、商品説明型セミナーを行う。

  • 一緒に実践しないと売り上げは上がらない。

オンライン初心者は小学生が泳ぎを覚えるのと同じ。
ただ教えるのではなく、一緒に実践しないと結果は出ない。

  • 30万円売り上げるための話し方には3つのステップがある。

誘導文で興味のある人にだけに話す。
興味のない人には1%も話さない。
セミナーでは、3つの条件をつける。

  1. 動画を見てくること。
  2. 顔出し、名前出しすること。
  3. 質問に1分以内に答えない方は退場してもらうこと。
  • 興味がある人だけに話すことはマウントではない。

強い心を持つことは大事ですが、上から目線になるわけではありません。
お客様とはあくまでも対等。優しく話すことを心がけましょう。

この、Zoomセミナーは話し方が9割「初心者がZoomで30万円稼ぐ3ステップ」について、より詳しく話をお聞きになりたい人は、Zoom集客の学校の1dayセミナーに参加して具体的な方法を聞くことができます。

興味のある方は、こちらのサイトからお申し込みください。

▼ ▼ ▼ ▼

 

     
  

SNSでもご購読できます。