売れる商品パッケージの大原則

 

今日のテーマは、売れる商品パッケージの大原則です。

まず、人から喜ばれて、年収が3倍になって、働く時間が半分になったら、どうなるかをイメージしてみてください。

もっと自分のために、お金を使えるではないでしょうか。

時間やお金があれば、家族のために使えますし、安心できるでしょう。

旅行に行ってもいいと、思うのではないでしょうか?

これから、コロナが明けると、多くの観光客が日本を訪れると思います。

なぜならば、世界から見て日本は物価が安い国になってしまったからです。

もちろん、日本人も旅行に行ける時代がきます。

そのためにも、人から喜ばれて、年収が3倍になって、働く時間を半分にしませんか?

それでは「売れる商品パッケージ」とは何かについて考えていきましょう。

日本で一番人気のホテルから学ぶ愛があるサービス

今、日本で一番人気があるリゾートホテルは、沖縄にある「ハレクラニ」というホテルです。

ハレクラニはハワイで100年以上続くホテルで、ホスピタリティ、愛があるサービスを提供しています。

もちろん、どれだけ良いホテルであろうと、年月を重ねると施設は古くなります。

だから、もっと良いサポートやサービスを取り入れようとするわけです。

商品パッケージを作るのも、同じことです。

一番大切なのは、「あなたのお客様や見込み客が悩んでいることを理解して、それを根本解決する役に立つ」ことです。

相手の悩みを根本解決するために、商品パッケージを作り続け、改善を重ねる必要があります。

1回で完璧な商品パッケージを作ることはできません。

その時代に合わせて、まず「相手が悩んでいること」や「相手が望んでいること」を理解することが大切です。

『豊かさとは「選べること」日本一のリゾートホテル沖縄ハレクラニ』の続きはこちらから

ネット集客の全体像5つのステップ

Zoom集客®の全体像は、5つのステップに集約されます。

  1. コンセプト
  2. 商品パッケージ
  3. 見込みリスト集客
  4. 信頼の構築
  5. Zoom説明会、相談会

の5つです。

この5つのステップが指す全体像はインターネット集客の全体像のことです。

この5つのステップが分かっていないと、自分の方法が合っているのか、間違っているのかわからなくなって、ほとんどの人が途中で辞めてしまいます。

だからこそ、この全体像を把握することが必要になります。

うまくいっている人は、継続的に、この5つのステップを行っています。

昔は、ステップ2、3、4 の

  • 2.商品パッケージ
  • 3.込みリスト集客
  • 4.信頼の構築

だけで大丈夫でした。

しかし今は、それだけでは通用しません。

なぜかと言うと、情報が多いからです。

最近は、ブログや Facebook、 YouTube などで、個人がどんどん情報を発信するようになりました。

押し売りのように「こうやったらうまくいきます」「幸せになれます」「健康になれます」という情報が溢れているのです。

実際に過去2年の情報量は、それまでの情報の合計よりも多くなっています。

情報はどんどん新しくなるので、勉強せずに昔のやり方を続けている人は、通用しなくなるでしょう。

コンセプト(ステップ1)

今の時代は上手くいくためには、まずコンセプトを作って、 対象をあなたの情報を知りたい1人に絞ります。

例えば同じ恋愛カウンセラーといっても、色々な悩みがあります。

  • 結婚に関する恋愛
  • 付き合いたい
  • 離婚
  • 第二の人生のパートナーとの出会い

それぞれの悩みに合わせて、肩書きを変えている人が勝ち残る人です。

コンセプトを作る時の基本は4つです。

  1. 対象は誰か
  2. 悩みは何か
  3. 理想の未来は何か
  4. 解決策は何か

ということです。

コンセプトとは、

  • 売れる企画
  • 売れる考え方

のことです。

一言で言うと、キャッチコピーのことです。

コンセプトがしっかりしていれば、集客は簡単なのです。

商品パッケージ(ステップ2)

商品パッケージとは「相手が悩んでいるところから、理想の3か月後、1年後に行ける、乗り物を作ること」です。

具体的な商品パッケージは4つです。

  1. カリキュラム
  2. 特典
  3. 価格
  4. サポート

商品パッケージを作る目的は、相手が悩んでいることを解決できる商品を作っていくことです。

しかし、最初から根本的に解決しようと思ってもできません。

お客様によって、悩みが違うからです。

商品パッケージというのは、常にお客様が求めていることに合わせて改善しなければいけません。

そのために商品パッケージを作る前に、コンセプトが必要となるのです。

見込みリスト集客(ステップ3)

コンセプトと商品パッケージもなく、見込み客を集客すると、今ある商品の押し売りになってしまいます。

相手のことを理解していなければダメです。

相手が求めていないものを売ろうとしても、売れないのです。

集客の前に大切なのは、まず相手が求めているコンセプトを作って、それを相手が手に入れられる商品パッケージを作ることです。

商品パッケージを作るのは、相手の悩みを根本解決できる、そして売り込まなくても売れる強い提案をするためです。

このコンセプトと商品パッケージができて、初めて見込み客を集め始めるのです。

見込み客を集める、リスト集客の具体的な方法は、興味がある人にだけメールや LINE に登録してもらうことです。

例えば「悩みを解決する動画などを無料でプレゼントする」といった方法で、登録してもらうのです。

相手が求めている「悩みを解決するための情報」を、 LINEやメルマガでどんどん提供していきます。

お客様は、自分の悩みに答えてくれると思う人のメールやLINEに、登録してくれるのです。

信頼の構築(ステップ4)

ステップ4では「教える人、教えられる人」の関係を作ります。

あなたの商品の価値を本当に分かっているのは、あなたです。

あなたが教える人、悩んでいる人が教えられる人、という関係を構築します。

 Zoom 説明会、相談会(ステップ5)

信頼の構築ができたら、Zoomの説明会や相談会を行います。

必要なタイミングで、必要な商品や必要なサービスを提案するのです。

ここで大切なのは「興味がない人には1ミリも話してはいけない」ということです。

営業力は、見極め能力です。

そして、最後に大切なことは、ゴールから逆算して始めることです。

あなたの目標や目指している売上を達成したら、どんないいことがあるかイメージしてみましょう。

  • 仕事
  • お金
  • 人間関係
  • 健康
  • パートナーシップ

このようなことで、どんな良いことがあるのかをイメージして、そこから逆算して始めることが大切です。

このゴールを達成するために、5つのステップが必要なのです。

5つのステップを、順番を変えずに自分の中に浸透させてください。

まとめ

商品パッケージを作る目的は2つあります。

  1. あなたのお客様が悩んでいることを理解して、それを根本解決する役に立つこと
  2. 売り込まなくても売れる商品を作ること

相手の悩みを根本解決するために、商品パッケージを作り続け、改善を重ねていきます。

そして売り込まなくても相手から「お願いします」と申し込んでいただけるような、強い商品パッケージを作ります。

その商品パッケージを作るための答えは、「お客様が持っている」ということに集中してください。

売れる商品パッケージを作るための大原則は、「お客様が求めていることを理解して、それを相手が正当に手に入れられる人になる役に立つ」ことです。

今回は、売れる商品パッケージを作るために必要な、5つの全体像をお伝えしました。

________

ネット集客の全体像5つのステップ

  1. コンセプト
  2. 商品パッケージ
  3. 見込みリスト集客
  4. 信頼の構築
  5. Zoom説明会、相談会

_________

5つの全体像の原理原則がわかっていれば、時間を無駄に使うことがありません。

小手先のテクニックだけでは、数年後、消えてしまうでしょう。

しかし、原理原則を学べば、本物の実力がつきます。

ブレることは無くなり、集客に困ることは無くなります。

     
  

SNSでもご購読できます。