潜在意識って何?自分を変えて!夢や願望を実現する方法とは!

「潜在意識」とは何でしょうか。

人間の意識には2つの種類があります。

それが「顕在意識」と「潜在意識」です。

今回は、「潜在意識とは、何か?」について、お伝えしていきます。

 

Contents

「潜在意識」に関心をもったキッカケ

まずは、潜在意識に関心を持ったキッカケ、その出来事からお話しして参ります。

私は28歳までホテルニューオータニのホテルマンでした。

ホテルマン時代はバーテンダーの仕事をしておりました。

バーテンダーの仕事には、仕込みというものがありました。

果物のライムを半分に切ってカクテルに使用する準備をしていました。

フレッシュで生のライムをカクテルに入れと、すごく美味しいのです。

ある時、仕込みで生ライムを大量に使用していたら手が荒れてしまったのです。

それから数日すると手のアレルギーが悪化して、痒くて赤く腫れた状態が続いたのです。

そこで、家の近所にある皮膚科に行きました。

そこの皮膚科の医者(ドクター)は診察を終わると一言こういいました。

「ああ、これは治らないね。」

正直、耳を疑いました。

手のアレルギーを治すために医者に行ったのに、「これは治らない」と言われたので、「もうその病院(医者)に行くのはやめよう」と思いました。
 
ただ、当時の仕事は、一流ホテルのレストランでお客様にお料理やお飲物をサービスするのが仕事です。

そこで包帯をまいたり、手が荒れていたら、せっかく雰囲気がいいレストランに食事を楽しみにこられたお客様に、嫌な気持ちをさせてしまいます。

どうしたらいいのか、正直、悩みました。

成功者の愛読書!マーフィー博士の潜在意識「本」との出会い!

そんなある日、何気なく自宅の本棚で不思議なタイトルの本を見つけました。

書籍『眠りながら成功する』というタイトルでジョセフ・マーフィー博士が書いた本です。

著者のジョセフ・マーフィー博士は、元はアイルランドの牧師さんです。

日本語訳は、大島淳一というペンネームでしたが、上智大学の英文学教授の渡部昇一教授です。

『あなたの人生は、あなたが心に思い描いた通りになる』という
潜在意識の活用が書かれている本でした。


書籍『眠りながら成功する』を読んでみて驚いたのは、その中身です。

どんな内容かというと、お医者さんから「治らない」といわれた不治の病と言われる病気にかかった病人が、静かにリラックスした状態で「健康で健やかになった状態を心に思い描きイメージしていたら、本当に健康になっていた話」などが書いてあったのです。

この本を初めて読んでみて「そんなこと本当にあるのかな?」と感じました。

科学的な根拠があるわけでもないし、怪しい話なので疑いました。

『あなたの人生は、あなたが心に思い描いた通りになる』って本当?その答えを教えます!

ジョセフ・マーフィー博士は本の中で、黄金律(ゴールデンルール)を教えていました。

一言でいうと、

━━━━━━━━━━━━━━━━

『あなたの人生は、あなたが心に思い描いた通りになる』

━━━━━━━━━━━━━━━━

ということです。

つまり、あなたが「病気が治らない」と心の中で信じたら治らないということです。

逆に、あなたが治ったところを、リラックスして鮮明にイメージして、それが潜在意識に到達するくらい、リアルに鮮明にありありと「治った喜び」や「その状況」をあなたの身体全体で臨場感を感じていたら、病は消えていくということです。

ジョセフ・マーフィー博士の成功法則が書かれている書籍『眠りながら成功する』を読んでみるとこの黄金律(ゴールデンルール)

━━━━━━━━━━━━━━━━

『あなたの人生は、あなたが心に思い描いた通りになる』

━━━━━━━━━━━━━━━━

を活用することで、

・「不治の病が消えた」とか

・「貧しかった青年が、豊かになるイメージをしていたら、豊かになった…」とか

・「貧しく自分に自信がもてなかった女性が、素敵なパートナーと幸せに結婚した」

という【事例】が次から次へと出てきます。


ですから、はじめてマーフィー博士の成功法則を読んだ時は、

「普段、どんなに頑張ってもうまくいかないのに、そんな簡単に理想の毎日が実現するワケがない」とか

「科学的な根拠もないし、胡散臭い話だ。」とか

思っていました。

ただそれでも、「マーフィー博士の法則を試してみよう!」と思った理由がありました。

それは私がジョセフ・マーフィー博士の書籍と出会ったタイミングです。

手にアレルギーができて、近所の皮膚科の医者から「このアレルギーは治らない」と言われて、途方に暮れていたすぐ後だったからです。
もし、本当にジョセフ・マーフィー博士の本に書いてある通り、

「リラックスして、心に思い描いていたら、今の状態が改善に向かい健康な状態になれる」

なら、こんな嬉しいことはありません。

それに、自分自身でイメージするだけなので、お金もかからないし、損はないと思ったからです。

そんな訳で、毎日寝る前に

「アレルギーが治り健康でスベスベになった自分の手を鮮明にイメージ」

してから、ベッドに入るようにしたのです。

健康の改善を目指す潜在意識の使い方!イメージングの大切なポイントとは?

手が 痒かったので、

「アレルギーで荒れた手をそのままイメージしてしまう」

と、どうしても、スベスベの手ではなく、どうしても「アレルギーそのもの」をイメージしてしまいます。

マーフィー博士の唱える

━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたの人生は、あなたが心に思い描いた通りになる』

━━━━━━━━━━━━━━━━

という黄金律(法則)から考えると、これではいつまでたっても手にアレルギーがある。という現実を変えることができないのです。

そこで意識して、アレルギーで、荒れた手をイメージしないようにしました。

「手がすべすべになって、レストランでお客様にお料理をサービスしていると、お客さまが喜んでくれて『ありがとう』と言ってくれている」

ところを、毎日寝る前にリラックスして、何回も、何回も、色付き(カラー)でイメージしたのです。

それから数日が経ちました。

食べ物もヘルシーなものを食べるようにして フルーツや野菜を中心にして食生活を変えました。

「治らない」という皮膚科に通うのをやめて、新しい皮膚科の病院(医者)に変えました。

さらに、毎日ジョギングをはじめて、徐々に走る距離を伸ばしていって1日に10キロぐらい走れるようになりました。

週のうち3日から4日、家の近所にある荒川の土手をジョギングして汗をびっしょりかくようになりました。

そんなある日、氣がついたら手のアレルギーが消えていました。

それ以降、今まで一度もアレルギーが出ることがなくなったのです。

これは個人的な体験なので、自分でも

病院(医者)を変えたのがよかったのか、

ジョギングがよかったのか、

それとも食生活を変えたのがよかったのか、

イメージしたことがよかったのか、、、

正直なところ何が良かったのかわかりません。

ただ、1つだけ言えることがあります。

それは近所の医者に「治らない」と 言われたとき、もしも自分自身が「治らない」という医者の言葉を信じていたら、、、

たぶんアレルギーを治すことを諦めてしまい、食事を変えるとか、ジョギンを始めるとか、もしかしたら医者を変えることすら、していなかったかもしれません。

当時あのタイミングで、もしもジョセフ・マーフィー博士の潜在意識の活用法に出会わなければ、そして

━━━━━━━━━━━━━━━━

『あなたの人生は、あなたが心に思い描いた通りになる』

━━━━━━━━━━━━━━━━

というマーフィー博士が著書の中で書かれている黄金律(ゴールデンルール)! に出会うことがなければ、

毎晩、寝る前に「手がすべすべになってレストランでお客様にお料理をサービスしているところ」をイメージすることは、なかったと思います。

たぶん医者を変えることも、食事を変えることも、ジョギングを始めることもなかったでしょう。

その結果、もしかしたら手のアレルギーが消えることもなかったかもしれません。

 

マーフィー博士の潜在意識の活用法3大原則とは!

 

ジョセフ・マーフィー博士はその著書の中で、潜在意識を活用するための法則について書いています

━━━━━━━━━━━━━━━━

・『あなたの人生はあなたが心に思い描いた通りになる。』

・『この世で「成功」と「失敗」。「幸せ」と「不幸」を分けるのは、潜在意識をどれだけ活用できたかである。』

・『良いことを思えば、良いことが起こる。悪いことを思えば悪いことが起こる。』

━━━━━━━━━━━━━━━━

このジョセフ・マーフィー博士の書籍との出会いが、私が最初に潜在意識を活用し始めたキッカケとなりました。

それから23年の間に、潜在意識を活用して成功した事業家や投資家。プロのアスリートやトップセールスから学び、さらに自分でも実

践して、繰り返し何度も顕著な結果が出た原則を『ビジネス潜在意識トレーニング』として体系化してまとめ、のべ7万5751人以上

の方の個別セッションやセミナーを担当するようになったのです。

夢や願望を実現するための「潜在意識」と「無意識」の捉え方!

もしあなたが潜在意識を活用して

「夢や願望を実現したい。」

「より幸せになりたい。」

とお考えでしたら、ここからの記事を読むときに「無意識」と「潜在意識」を同義語として考えてみることをオススメします。

なぜなら『潜在意識』という言葉は一説によるとタフト大学のモートンプリンス教授が使い出したと言われる言葉で、心理学用語には『潜在意識』という言葉はありません。

心理学用語では無意識、意識下というニュアンスになります。

『潜在意識』という言葉を辞書(大辞林)で引いてみると次のように書かれています。

━━━━━━━━━━━━━━━━

『潜在意識』とは、

自覚されることなく、行動や考え方に影響を与える意識。

心の奥深い層にひそんだ意識。

大辞林より)

━━━━━━━━━━━━━━━━

つまり、「潜在意識」を「無意識」と同義語、同じ意味合いで考えることで「潜在意識とは何か?」という問いに対する理解がより深まります。

知る人ぞ知る!フロイトの「無意識」と「潜在意識」の相関図!

 

ここからはなぜ、心理学の世界や夢や願望の実現、目標達成の世界で

「潜在意識が注目されるようになったのか?」

その答えを知るために『潜在意識』の発見と、その歴史についてお話しして参ります。

『無意識(潜在意識)』の研究が盛んになったのは、今から遡ること約150年以上前のことです。

 

1885年頃、『無意識(潜在意識)』に注目したのは、

オーストリアの精神科医

ジークムント・フロイト(1856年から1939年)です。

フロイトはウィーン大学で学び、

脳解剖の専門医としてウィーン総合病院に勤務た後に、

開業医として患者を治療するなかで、

人間の行動や考え方に大きな影響を与える

「無意識」(潜在意識)の働きを研究した精神分析の創始者です。

 

フロイトは

━━━━━━━━━━━━━━━━

人間は「意識してる心」だけでなく、

「意識下(無意識)で動いているもう1つの心」がある

━━━━━━━━━━━━━━━━

ことに注目しました。

なぜ、フロイトは人間の行動が意識だけでなく、意識下(無意識)で動いているもう一つの心に大きな影響を受けていることに注目したのでしょうか?

その答えは、フロイトの精神分析の歴史を学ぶことで理解することができます。

フロイトは1885年29歳でパリに留学して、「ヒステリー症状の催眠による治療法」を学びます。

この催眠暗示を使ったヒステリー症状の治療法がのちにフロイトが発表する

「人間は意識してる心だけでなく、無意識(意識下)で動いているもう1つの心がある」

という主張につながってゆきます。

1886年30歳で、オーストリアのウィーンで開業した精神科医として患者を診察し、催眠による治療法を研究し分析を続けるなかで、ヒステリー症状の患者の催眠による治療法を、「精神分析」として発表しました。

フロイトは開業医として患者を治療するなかで、人間の行動や考え方に大きな影響を与える「無意識」(潜在意識)の働きを研究するために、夜、寝るときに無意識にみる「夢」を分析するようになりました。

「こんな夢を見る人は意識下にこんなパターンがある」

ということを体系化をしました。

さらに人間の「意識」と深層心理にある「無意識(潜在意識)」について自由連想」という手法を取り入れることで、患者に前日までに起きた出来事や親との関係、子供の頃の経験などを考慮に入れて「無意識の内容」を分析しました。

フロイトはヒステリー症状の患者は、その原因を言葉にして話すことができればヒステリーの症状が消えていくという治療法を確立して、1895年39歳の時に「ヒステリー症状の原因は、子供の頃に受けた性的虐待の結果である。」と発表しました。

フロイトは人間の考え方や行動を方向付ける背景には「リビドー」という「性的欲望」や「生への衝動」があることや「痛みを避けて、快楽を得る。という心理的な働きがある」というドイツの物理学者、心理学者のグスタフ・テオドール・フェヒナーの「快楽原則」の考え方を取り入れました。

フロイトは主な書籍として

1895年『ヒステリー研究

1899年『夢判断』

191年『精神分析入門』

を発表しました。

フロイトの学説は、統計データを元にしたものではないという批判もあり、現代の精神医学の世界では評価されず、非科学的で認められていない部分もあります。

それでもフロイトが提唱した

━━━━━━━━━━━━━━━━

人間の心には意識している心の他にある、意識下に自覚されることなく行動や考え方に影響を与える無意識がある。

意識だけでなく、この心の奥深い層にひそんだ無意識(潜在意識)について理解することではじめて人間の考え方や行動が説明できる

━━━━━━━━━━━━━━━━

という主張は、現代の精神分析の分野だけでなく、願望実現や目標達成を目的とした潜在意識の活用方にも生きています。

ジークムント・フロイト(ウィキペディアより一部引用)

 

さらに深く知りたい!ユングの「集合無意識」と「潜在意識」の関係!

フロイトより約20年後に

スイスのプロテスタントの牧師家に

カール・グスタフ・ユング(1875年から1961年)が生まれます。

ユングは、1909年バーゼル大学で精神医学を学び、

1909年に精神科医として開業します。

ユングは、当時、治すことができなかった

精神疾患の治療法を確立するために、

連想実験を繰り返す中で、

患者が語る内容やイメージに不思議な共通項があることを発見します。

患者が話す内容が、世界各地に古くからある神話とも一致する点が多いことから、人間の無意識の奥底には共通の集合的無意識が存在することを提唱し、私たちの無意識が意識下でつながっていることを主張しました。

ユングは、また時性(シンクロニシティー=意味のある偶然の一致)に関する研究でも、著名になりました。


カール・グスタフ・ユング(ウィキペディアより一部引用)

夢や願望を実現する「潜在意識の専門家」おすすめ3名!

ユングの後、夢や願望の実現や目標を達成の分野で、潜在意識を活用する具体的な方法をわかりやすく広めることで、世界的に大きな功績を残した3人の人物がおります。

1人目はアメリカの 形成外科医

マクスウェル・マルツ博士(1888年から1975年)です。

形成外科医のマクスウェル・マルツ博士は、

それまで、多くの人がどんなに成功法則や、

引き寄せの法則を学んでも望んだ結果が出なかったり、

一時的だったりする理由が、

当人の「自己イメージ」にあることを明らかにしました。

マクスウェル・マルツ博士は、患者の心理面に興味を持ち、自ら考案した自己イメージを変革して「成功の条件付け」をする手法を考案しました。

またプロスポーツ選手やアスリート、セールスパーソン、経営者などでその手法を試すことで「売上目標を達成する!」「ゴルフのスコアをあげる!」「本そ出版する!」「大勢の人前で堂々と話す!」など、目標を達成するための理論を科学的に解明しました。

潜在意識は答えを知っている?
マクスウェル・マルツ博士が提唱する現代の心理学における最も大切な発見「自己イメージ」とは!

マクスウェル・マルツ博士は、書籍『潜在意識が答えを知っている』(編者)ダン・S・ケネディ きこ書房のなかで

━━━━━━━━━━━━━━━━

現代の心理学における最も大切な発見は、

「自己イメージ」の発見だ!

━━━━━━━━━━━━━━━━

と書いています。

マクスウェル・マルツ博士は、

・1921年コロンビア大学で科学の学士号を取得。

・1923年同大学での医学の博士号を取得。

その後、ニューヨークの再建外科部門のヘッドを経て、

形成外科医として開業。

臨床を続ける中で患者の心理面について研究を重ねます。

マクスウェル・マルツ博士は、個人の人生の成功と失敗、目標達成や願望実現がその人の意識だけでなく意識下にある「自己イメージ」に支配されていることに興味を持ちます。

「自分に自信がなく、顔のできものを取る整形手術をした女性(公爵夫人)」が手術後、顔のできものがなくなったにも関わらず「私は変わってない感じがする」と言い張る女性がいるということに気づきます。

・実際には手術を受けて綺麗になっているのに、、、「私は変わってない感じがする」と言い張るのです。

・手術前と、手術後の写真を見せて、顔のできものがなくなり綺麗になっていることを見せても、、、やはり「私は変わってない」と言い張のです。

同じようなケースでは、「本当は 素敵な人と出会って、幸せな結婚をしたい」と思っている女性の自己イメージが低い場合、自分に自信が持てず、一歩、踏み出せなかったり、「自分はダメだ」と思い込み、悲しい毎日を送っているのです。

反対に、手術や美容整形で綺麗になり積極的になることで理想のパートナーと出会い、幸せな結婚をした女性もいるのです。

マクスウェル・マルツ博士は「この違い」を研究し分析した結果、どんなに外見をで整えても、その人の「自己イメージ」が低く、無意識に「自分はダメだ」とか「不幸になる」とか、「自分はいつか失敗する」と思っていると、本当にその人の「人生はうまくいかない」ということがわかってきたのです。

こうして、マクスウェル・マルツ博士は「自己イメージ」。

つまり、「その人が、自分で自分をどのような人間だ、とイメージしているか?」ということの大切さに気づきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━

なぜなら、人間は

・「自己イメージ」通りの行動をして、

・「自己イメージ」通りの人生を歩み、

・「自己イメージ」通りの人間になっていくからです。
━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたの潜在意識にある「自動(失敗装置)」と「自動(成功装置)」のメカニズム!

 

無意識に、

「自分はダメだ」とか「不幸になる」とか。

「自分はいつか失敗する」とか

思っている人は「自己イメージ」が低く、本当にその人の「人生はうまくいかない」ということです。

こういう人は、無意識に自分の潜在意識にある「自動(失敗装置)」を発動していると考えました。

反対に、

「自分は幸せになる価値がある」とか

「自分は必ず成功する」とか

思っている人は「自己イメージ」が高く、本当にその人が考えている通りになり「幸せになり」「成功していく」。

こういう人は自分の潜在意識にある「自動(成功装置)」を発動していると考えました。

マクスウェル・マルツ博士は私たちの無意識(潜在意識)の働きについてサイコ・サイバネティクス理論を提唱しています。

サイコ・サイバネティクスと いう言葉は元々「舵取り」という意味です。

マクスウェル・マルツ博士はその著書の中で

━━━━━━━━━━━━━━━━

人間には潜在意識というものが存在する。

これは心というより「メカニズム(仕組み)」で、脳と神経系から成り立っている。

それが自動的に目標へ邁進するメカニズムを動かしている。

この誰にでも備わっている「メカニズム(仕組み)」は機械的に機能する。

これは戦争で、戦闘機を追撃するミサイルを例にたとえると、戦闘機が右に曲がったら、ミサイルも右に曲がり、標的を自動的に追尾して追撃する、自動追尾装置付きミサイルの「舵取り」のような働きをする。

━━━━━━━━━━━━━━━━
と書いています。

潜在意識もこの自動追尾装置付きミサイルと同じで、あなた自身が設定した「ゴール」や「目標」、「自己イメージ」次第でゴールに向かい自動的に行動を起こすようになるのです。

そして、「成功」か「失敗」

「幸せ」か「不幸」

という結果に到達するのです。

ですから、「自己イメージ」が低い人は、潜在意識のレベルで機械的に、自動(失敗装置)を発動していて、反対に「自己イメージ」が高い人は、自動(成功装置)を発動している。ということになるのです。

意識して「自動(成功装置)」を活用する5つの基本原理!

━━━━━━━━━━━━━━━━

「ゴールから逆算して考える」

━━━━━━━━━━━━━━━━

という原則があります。

これは経営者や一流のアスリート、トップセールスなど目標達成が得意な人や、成功している人の多くが活用している原則です。

ビジョンやゴールとそこまでのプロセスを、潜在意識に透徹するくらいありありと色付き(カラー)で鮮明にイメージして、臨場感リアルにゾクゾクと感じるくらい落とし込み、毎日、リラックスして豊かな心の状態で出てきたアイデアを書き留めて行動することで、そのゴールやビジョンが実現する!ということです。

マクスウェル・マルツ博士はサイコ・サイバネティクス理論の中で、

「どんな人も、成功して幸せになるように作られている」

という基本的なメッセージを伝えています。

意識して「自動(成功装置)」のメカニズムを働かせるための「基本原理」

━━━━━━━━━━━━━━━━

⑴ あなたに内蔵された自動成功装置には、目標やゴールが必要である!

⑵ 自動成功装置は、「最終結果」となる目標やゴールに対して働きかけると、手段を提供するように働くので、手段は自ずとついてくる

⑶ どんな成功メカニズムも、「最終結果」となる目標やゴールを決めたら、そこに向かい行動し、フィードバックして、改善を重ねることで成し遂げられる。だから、一時的な失敗や誤りを怖れないこと。

⑷ どんな技能(スキル)も、誤りを犯したら修正し、さらに学習を続ければやがて成功に至る。

⑸ 自分の自動成功装置にある創造のメカニズムが働くかどうか心配しないで、創造のメカニズムを信頼して委ねること
━━━━━━━━━━━━━━━━

自分に自信が持てず、自分は醜い、と思ってる女性がいたとします。

彼女が自分のうちにある「自動(成功装置)」を働かせるには、まず意識して「自分が心の底から、本当は望んでいる理想の未来」をリラックスしてありありとイメージして潜在意識に落とし込むのです。

たとえば「素敵な男性と結婚して幸せな家庭を築く!」という願望や理想の未来があるなら、そのゴールとそこまでのプロセスを毎晩リラックスしてありありと鮮明に色付き(カラー)でイメージして臨場感をゾクゾク感じて潜在意識に落とし込むのです。

一度、潜在意識にある自動成功装置が、あなたの願望や理想の未来を受け取れば、「創造のメカニズム」が働き、それを実現するための手段を提供するように働くので、あとは「最終結果」となる目標やゴールを決めたら、そこに向かい行動し、フィードバックして、やり遂げるまで改善を重ねることで、願望が叶い、理想のパートナーと幸せな結婚をすることになるのです。

これがマクスウェル・マルツ博士が提唱したサイコ・サイバネティクス理論です。

マクスウェル・マルツ博士が書いた書籍『潜在意識は答えを知っている』きこ書房は、

すでに、全世界で3000万部以上読まれ、一流のアスリートやトップセールス、経営者などの目標達成や、心理学、潜在意識の活用法に大きな影響を与えています。

マーフィー博士の潜在意識「本」が著名な大学教授から!日本一の大商人! 上場企業のオーナー経営者に広がった知恵の系譜!

2人目は、ジョセフ・マーフィー博士です。

マーフィー博士はアイルランド出身の牧師で、

マクスウェル・マルツ博士の10年後に生まれました。

マーフィー博士は、潜在意識を活用する方法を、

誰にでも分かる言葉でわかりやすく広めました。

 

 

マーフィー博士の本が多くの人に受け入れられた理由はその本質を、一言で

━━━━━━━━━━━━━━━━

『あなたの人生は、あなたが心に思い描いた通りになる』

━━━━━━━━━━━━━━━━

という黄金律(ゴールデンルール)で表現したことと。

自分の人生に潜在意識を活用することで、悩みを解決し、夢や願望、ゴールを実現した具体的な事例をたくさん紹介したことです。

ジョセフ・マーフィー博士の本の日本語訳は、冒頭でお伝えした大島淳一というペンネームですが、上智大学の英文学教授で評論家としても著名な故、渡部昇一教授です。

渡部昇一教授は、『日本人の成功法則』という本を神田昌典さんと共著で出版しています。

1958年渡部昇一教授がドイツに留学したとき「東ドイツの停滞」と「西ドイツの繁栄」を目の当たりにして、その違いは、「個人が夢や願望、目標をもてる社会か?」それとも「夢や願望、目標をもてない社会か?」ということに氣がつきます。

 

そこで日本人に、もっと夢や目標があり、

それを実現できる世界があることを知ってもらいたい!

という思いから

ジョセフ・マーフィー博士の書籍『眠りながら成功する』を

大島淳一というペンネームで翻訳して、日本で出版しました。

このジョセフ・マーフィー博士の書籍『眠りながら成功する』

大島淳一 (翻訳)は、日本人に潜在意識の活用法を広める上で、

大きな貢献をしました。

◆神田昌典さんはご自身の著書。書籍『非常識な成功法則』フォレスト出版や『10年後あなたの本棚に残るビジネス書100』ダイヤモンド社に以下のように書いています。

━━━━━━━━━━━━━━━━

28歳でリストラされた後、マーフィー博士の書籍『眠りながら成功する』と出会い、紙に欲しい年収「1000万円」と書いていた。

次に決まった外資系の契約書をみて驚いた。

そこに書かれていた額は年収は1000万円だった。

これが無意識の世界に目覚めるきっかけとなリました。

━━━━━━━━━━━━━━━━

マーフィー博士の書籍『眠りながら成功する』は自己啓発書の元祖ともいえる1冊で、

人生において潜在意識がいかに重要かが説かれています。

今では、神田昌典さんは「日本一のマーケッター」として有名雑誌で紹介されるようになりました。


書籍「非常識な成功法則」 神田昌典著 詳しくはこちら!

  ↓

https://senzaiishiki-training.com/神田昌典-非常識な成功法則-感想-潜在意識-本

 

斎藤一人さんがお弟子さんにおすすめした!ジョセフ・マーフィー博士の「本」翻訳:大島淳一(渡部昇一教授)とは

◆歴代納税額日本一の斎藤一人さんは、高額納税者の発表が終わった2004年までに173億円を納税して歴代納税額日本一になった日本一の大商人といわれている方です。

斎藤一人さんのお弟子さんが、雑誌『ゆほびか』のインタビューにお答えしているジョセフ・マーフィー博士の成功法則に関する記事がありました。その記事には

斎藤一人さんがまだ無名時代の話ですが、

ジョセフ・マーフィー博士の本を紙袋に入れてお弟子さんたちに

「この本は、自分の考えと同じだから、読むといいよ」

と言って、配っていた。というエピソードが書かれていました。

「自分にはできなくても、脳と潜在意識にはできる!」

という斎藤一人さん!の中で、

ジョセフ・マーフィー博士の本は翻訳は、

大島淳一(渡部昇一教授))ものがおすすめ!とのことでした。

 

アンケートに答えた上場企業の創業経営者90%が愛読書にあげた!ジョセフ・マーフィー博士の潜在意識「本」!

◆異業種で2社の上場を達成!勝ち組経営者として知られる南部恵治さんは

━━━━━━━━━━━━━━━━

「勝ち組」と呼ばれるベンチャー企業家、経営者のバイブルは

ジョセフ・マーフィー博士の本』です。
━━━━━━━━━━━━━━━━

といいます。

南部恵治さんは

・1999年6月11日、人材派遣のパソナソフトバンクを筆頭株主として、ソフトバンクの孫正義さんと上場を達成!

さらに

・2004年9月17日には東証2部に福利厚生のベネフィットワンの上場達成されています。

ある時、南部恵治さんは商工会議所1号議員として依頼された仕事(ボランティア)で、倒産した会社の経営者が再起できるよう、調査して、法律を整備するために、中小企業庁長官に陳情するための依頼を受けました。

当時、商工会議所が、倒産した経営者を80名集めてくれたそうです。

南部さんは「倒産した経営者の共通項をまとめるためにアンケートを取り、意見を交換をしたい。」と考えました。

その中で「氣がついた」ことがあるそうです。

それはアンケートに答えた1990年代に倒産した経営者の多くが愛読していた共通の「本」があったのです。

「会社を倒産させた経営者」の92%が、当時、大流行した。ビジネスオーナーになるための投資を教える「金儲け方法が書かれた本」を読んでいたそうです。

南部恵治恵治さんは別のあるとき前回のアンケートと反対に、会社を1代で創業して上場を達成した「勝ち組経営者」100名に、どんな「本を愛読しているのか」アンケーしたそうです。

すると「勝ち組、経営者」は、「会社を倒産させた経営者の92%が愛読書にしていた、「金儲け本」を読んでいる人自体が、半分もいなかったそうです、、、。」

興味深いのはここからです。

アンケートした「勝ち組、経営者」の90%の人が愛読書に『マーフィー博士の書籍』をあげたそうです。

反対に「会社を倒産させた経営者」で、『マーフィー博士の書籍』を読んでいるのは半分の50%もいなかったそうです。

南部さんは、このアンケートの結果を見て、「これだけ比較できるなら『マーフィー博士の書籍』を読んだ方がよさそうだ。」と感じたと教えてくださいました。

このように多くの経営者や著名人の人生の転機となった

ジョセフ・マーフィー博士の書籍『眠りながら成功する』を

日本に伝えた渡部昇一教授(ペンネーム:大島淳一)は、

生前、雑誌『ゆほびか』の取材に答える中で、

潜在意識とその働きについてご自身の体験から以下のように説明しています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

「私が若い頃に願っていた夢はほとんど実現した。日本庭園がある家に住み、大きな書斎には大好きな本がある。そんな家に住みたいと、いつもイメージしていた。

80年の間に自分より優秀な人はたくさんいた。戦争や大地震も経験したが、私は人生で夢を実現してきた。自分が若い頃に夢に思い描いていた図書館にも置いてない貴重な蔵書がある日本庭園付きの家に住むことができた。

この理由は人生に夢を持ちゴールを明確にして、常に意識して行動してきたからである」
━━━━━━━━━━━━━━━━

渡部昇一教授(ペンネーム:大島淳一)「夢を持って、理想の未来をイメージして、そこに向かって行動を続けたらその夢が実現した」といいます。

つまり渡部昇一教授ご自身も、ジョセフ・マーフィー博士の成功法則である

━━━━━━━━━━━━━━━━

『あなたの人生は、あなたが心に思い描いた通りになる』

━━━━━━━━━━━━━━━━

という潜在意識の活用法を実践していたのですね。

1937年から全世界で7000万人に読まれてきた成功哲学の源流!書籍『思考は現実化する』ナポレオン・ヒル著の潜在意識の活用法!

3人目は、1883年に生まれたナポレオンヒル博士です。

ナポレオンヒル博士は、今から約100年前、世界一の鉄鋼王と呼ばれたアンドリューカーネギーから依頼されて、成功哲学体系化してまとめました。

アンドリューカーネギーは創業したカーネギースチールを売却して莫大な資産を築いた後、全米に図書館や、カーネギーホールを寄贈した伝説の人物です。

ナポレオンヒル博士はスコットランドの貧しい移民の子だったアンドリューカーネギーが無名時代からやっていた潜在意識を活用する方法や、なぜ一代で鉄鋼王となり大富豪になったのか、その哲学をアンドリューカーネギーから直接、学びました。

そして、20年間に500名以上の成功者の共通項を調査して体系化して出版したのです。

この調査の対象には自動車王になったヘンリーフォードや発明王のトーマス・エジソン、石油王のジョン・D・ロックフェラーやライト兄弟などの実業家をはじめとしてウッドローウイルソン大統領や、フランクリンルーズベルト大統領、ハワードタフト大統領がいました。

彼らの成功の原則を体系づけてまとめたのが書籍『Think & Grow Rich』。直訳すると「頭を使って豊かになれ」という意味です。

1937年にアメリカで出版され、全世界ですでに7000万人に読まれている本です。

日本では書籍『思考は現実化する』というタイトルで、きこ書房から出版されています。

書籍『思考は現実化する』ナポレオン・ヒル博士 きこ書房はこちら!

 ↓

https://senzaiishiki-training.com/思考は現実化する-本

私は、以前、毎年のようにゴールドコーストやシドニー、シンガポールで、世界NO.1コーチと言われたアンソニーロビンズのセミナーを受講していました。


そのセミナーの中で、アンソニーロビンズは

「自分は無名時代に、師匠で億万長者のジムローンから、すすめられてナポレン・ヒル博士の書籍Think & Grow Rich(書籍『思考は現実化する』)を10回以上読んで、世界NO.1コーチと言われるようになった。」

と話していました。

ナポレン・ヒル博士の書籍Think & Grow Rich(書籍『思考は現実化する』)は、現代の成功哲学の源流になった書籍です。

 

あなたがすぐに使える!名経営者、投資家、世界的NO.1コーチ、
トップアスリートに評判のおすすめ!潜在意識「本」7選


潜在意識の本おすすめ7選」は、

【思考は現実化する】ナポレオン・ヒル著

著者のナポレオン・ヒルは、

鉄鋼王カーネギーの発案により、

20年間無報酬で「成功哲学」を徹底的に研究しました。

カーネギーが見込んだ507名をインタビューして、

彼らが成功していく過程を20年の歳月をかけて丁寧に調査し

「人がどういう時に、どういう考え方や行動をしたら成功して」

反対に「どういう時に失敗するのか」

そこで共通する項目や成功の原則を体系的にまとめた方です。

書籍『思考は現実化する』の訳者 田中孝顕さんは、

日本で『ナポレオン・ヒル博士』の成功哲学を広めた方です。

あなたは書籍『思考は現実化する』の「原題」をご存知ですか?

→『The Think and Grow Rich 』です。

直訳すると 『頭を使って豊かになれ!』です。

なぜか、この本のタイトルは日本では 『思考は現実化する』の名で広まりました。

多くの書籍にも「思考は現実化する」という言葉やエピソードが 引用されています。

運よく私は書籍『思考は現実化する』の訳者である田中孝顕さんと、 何度も一緒に講演をさせていただいたことがあります。

そんな中、なぜ、日本では『思考は現実化する』というタイトルで、この書籍 『The Think and Grow Rich 』が広まったのか、疑問に思いました。

そこである時、田中孝顕さんと彼の田園調布にあるピンクのスペイン風の邸宅から 高速に乗り地方に講演に向かう途中、 田中孝顕さんに直接、お聴きしたことがあります。
   

書籍『思考は現実化する』ナポレオン・ヒル博士 きこ書房 詳しくはこちら!

 https://senzaiishiki-training.com/思考は現実化する-本

 

◆【非常識な成功法則】神田昌典著

神田昌典さんの「非常識な成功法則」は、

高学歴で、今まで自分で必死に努力して

難関資格を取得したり、

一流企業に就職したものの、

その努力に見合った結果を得ていない、

理不尽だと感じている人におすすめの本です。

 

なぜなら、高学歴で今まで自分の努力で結果を出してきた人から見たら、

「潜在意識」を活用して成功するなんて、到底信じられないと感じるからです。

著者自身も上智大学から外務省に就職し、自費で渡米しMBAを取得し帰国したものの、

帰国後就職した会社でリストラに遭った…そんな経験の持ち主なのですが、

「潜在意識」を活用することを知り、半信半疑ながらも実践して結果を出したのです。

 

「非常識な成功法則」の中でも序文でいきなり「成功法則は、嫌いだ。」と書いています。

でも、多々ある著作の中でも、「非常識な成功法則」が一番売れているそうです。

それだけ、本人としては信じがたいけれど、実践することで成功者が出ちゃう、そんな本なのです。

       ↓

書籍「非常識な成功法則」 神田昌典著 詳しくはこちら!

https://senzaiishiki-training.com/神田昌典-非常識な成功法則-感想-潜

 

◆【7つの習慣】スティーブン・R・コヴィー著

7つの習慣の研修を、

世界に広げたロイス・クルーガーさんと、

ホテルニューオータニで、

お話をさせてもらったことがあります。

ロイス・クルーガーさんは、

故スティーブンR.コヴィー博士とともに、

売上1,000億円企業である

フランクリン・コヴィー社を築いた共同創業者であり、

世界76カ国に広がる卓越した事業を築く原動力になった名経営者です。

ロイス・クルーガーさんは、お話してみると本当に優しくて、本当に大切なものを、大切にされていました。

      ↓

書籍【7つの習慣】スティーブン・R・コヴィー著 詳しくはこちら!

http://スティーブン・r・コヴィー-7つの習慣-本-内容

 

◆【成功への情熱PASSION稲盛和夫会長

なぜ、稲盛会長の『成功への情熱PASSION』が

潜在意識活用のおすすめ本かというと、

稲盛和夫会長は京セラを創業して

一代で京セラを世界的な企業に築きあげ、

KDDIを創業して年商1兆円企業に

成長させる土台を築きました。

65歳の時に京セラとKDDIの会長を退き

「人生とは何か」を学ぶために、

仏門に加わり得度(出家の儀式)されたそうです。

2010年に経営破綻したJALの再建を託され、JALが復活しました。

これは稲盛和夫会長が書籍『成功への情熱PASSION』で

お話しされている考え方、生き方、人生哲学が、

いつの時代にも通用する普遍的なものである。ということを示しています。

さらに稲盛和夫会長の教えを学んだ多くの経営者が、

その哲学をもとに結果を出していることも

書籍『成功への情熱PASSION』をおすすめする理由です。

      ↓

書籍『成功への情熱PASSION』稲森和夫会長著 詳しくはこちら! 

https://senzaiishiki-training.com/稲盛和夫-成功への情熱passion-潜在意識-本

 

◆【マイダス・システム―奇跡の成功法則】スチューアト・ゴールドスミス著

スチューアト・ゴールドスミスは英国のさえない会社員でした。

自分が豊かな人生を楽しむにふさわしい人間であること、

そして、富はその気になれば自分の手の届く範囲にあることを信じること、

これらこそが成功の「秘密」だと確信し、億万長者となりました。

「マイダス・システム」は、

しがない会社員だったスチューアト・ゴールドスミスが考案し、

実践した手法です。

自己イメージを上げて、会社員から独立し、億万長者となり、大成功した秘法を大公開している本です。

イギリスでは10万部以上のベストセラーです。

日本では初版4,000部で絶版になり、現在幻の本といわれ、Amazonでは89,000円の高値となっています。

多くの成功者が「密か」に実践している、知る人ぞ知る本です。

     ↓

書籍『マイダス・システム―奇跡の成功法則』スチューアト・ゴールドスミス著 詳しくはこちら!  

https://senzaiishiki-training.com/「マイダス・システム―奇跡の成功法則」

 

◆【借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ】小池浩著

小池浩さんは、

14年前、念願のアパレルショップ経営のために

負った借金が膨れ上がり、

2000万円(うちヤミ金600万円)を抱えました。

自己破産しか道がない状態に追い詰められたとき、

宇宙とのつながりを思い出し、

言葉の力、口ぐせを使って、潜在意識を浄化し、

宇宙に望みをオーダーしはじめてから、人生が激変したのです。

      ↓

書籍 『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ』小池浩著 詳しくはこちら!

https://senzaiishiki-training.com/小池浩著の「借金2000万円を抱えた僕にドsの宇宙さ

 

◆【人類史上最大の発見】ジョセフ・マーフィー

あなたは、ジョセフ・マーフィー博士の書かれた本を、

読んだことがありますか?

『ジョセフ・マーフィー博士の本』に、

影響を受けている著名人は数多くいます。

歴代納税額日本一の斎藤一人さんも、

無名時代お弟子さんに『ジョセフ・マーフィー博士の本』を

「この本は自分と考え方が同じだから読むといいよ。」

といって配っていたそうです。

(雑誌『ゆほびか』の記事より)

また、雑誌で日本一のマーケッターといわれる神田昌典さんも、

フォレスト出版の書籍『非常識な成功法則』のなかで、

マーフィー博士の本」との出逢いが、

人生を変えるきっかけになった、ことを書かれています。

        ↓

書籍 『人類史上最大の発見』ジョセフ・マーフィー著 詳しくはこちら!

https://senzaiishiki-training.com/マーフィー-成功法則-人類史上-最大-発見

 

まとめ

あなたの夢や願望の実現や目標達成に役立てていただくために「潜在意識とは、何か?」について、まとめました。

世の中でずば抜けた実績をあげてる人と運よく仕事をさせていただくうちに驚くことがあります。

それは彼らが必ずしも、すべてが整った恵まれた環境で育ったわけではなく、子供の頃、自分に自信がなく、学歴もなく、お金もなく一人ぼっちだったり、社会に出てから、会社でリストラされた人、倒産を経験した人が以外に多くいることに氣づきます。

彼らの人生の転機を調べてみると、「あの日、あの時、あの出会いがなければ、今はないかもしれない。」というような潜在意識を活用する「本」との出会いがあったり、潜在意識を活用するキッカケとなった「人」との出会いがあります。

ジョセフ・マーフィー博士が提唱し世の中に広めた、潜在意識を活用する方法や黄金律、

━━━━━━━━━━━━━━━━

『あなたの人生は、あなたが心に思い描いた通りになる』

━━━━━━━━━━━━━━━━

という法則は、この世界に生まれた時、私たち誰もが平等に与えられている最大の財産の一つです。

なぜなら夢や願望を実現し!目標を達成し、逆境をプラスに転換することができる脳力だからです。

あなたが潜在意識とは、何か?、そして潜在意識をとおしてどういうことが可能なのか?

ということをより深くご理解いただくことで

人生に豊かな夢と希望を持っていただき、そのゴールをより効果的に楽しく実現していただければこれほど嬉しいことはありません。

オススメ潜在意識 本はこちら!

  ↓

潜在意識活用のおすすめ本|初心者にわかりやすいランキング ベストセラー選び方・読み方

 

     
  

SNSでもご購読できます。