成果をつくる本の読み方

今日のテーマは、成果をつくる本の読み方です。

歴史や文学、小説やビジネス書など、本にも色々ありますね。

本の読み方についての質問に答えました。

目的を明確にして読む 

本を読むとき、どうして時間がないのに、効率よく読めるかというと、

  • 目的を明確にして読む
  • なぜ、この本を読むのか
  • この本で、何を知りたいのか

本を読むときは、ゴールを設定してから読みます。

セミナーには、知りたいことのヒントを求めて参加します。

自分に役立つ大事なことを箇条書きにして、メモを取りながら聞きます。

書いている中で、これとこれをすぐやってみようと思うと、丸をつけてすぐにやります。

だから早いんですね。

人間の脳って目的とゴールから逆算すると、一番良いアイディアに行くわけです

だから、無駄がないのです。

ゴールを感じていると人間脳科学で、ゴールに必要なアイディアに8万倍も気づくことができます。

だから、 本を読むときも、書き出した紙を見てから本を読むのです。

本で気がついたところに付箋を貼り、アイディアを書き出していきます。

気づいてすぐにできるアイディアに丸をつけて、すぐ実行します。

だから、10番速く読めると思うのですよね。

サクセスストーリーの読み方

サクセスストーリーは、乱読し、パターンを入れるだけです。

ノウハウが必要だったら、駄目なことはどんなことなのかとか書き留めたり、なぜそれが駄目かというのを書き留めたりします。

具体的に何をやったら結果が出るのかのポイントを書きます。

できるだけたくさんの本を読むようにしています。

本の選び方

本を選ぶ

毎朝、ゴールを書く習慣があります。

すると、必要な本に気づくようになるのですよね。

必要な本を選ぶときは、引き寄せの法則で、必要な情報に気づくようになります。

私は、本には投資しようと思っているので、本屋さんに行ってぺらっとめくってパーっと見て、いいのはすぐ買います。

必要なときに必要な 本に気付けるのです。

精神性が豊かなのか、いつも必要なタイミングで必要な人に出会っています。

本もそういう形で出会える方だと思うのですね。

次に、どうやって、記憶に残すかは、ポイントにメモをする癖があります。

自分に役に立つところだけ、赤丸をつけて実践しています。

だから、忘れないのです。

音読と黙読

黙読で読むことが、ほとんどなのですが、大好きな本は、潜在意識にコピーするために音読しました。

声に出して読み、録音して、1000回聞きました。

そうしたら、近いような考え方ができるようになります。

だから、大好きな本は、全部音読します。

その人の思考パターン行動パターンを本当に身につけたい、リスペクトしたいと思う人ね。

本質を学びたいものは、とにかく熟読しなくてはいけないですよね。

本を読む方法ということで、ご質問いただきました。

私達ビジネスマンの場合は、目的やゴールが先にあって、逆算式ゴール設定で、常にゴールを考えて読むと、人間の脳というのは8万倍それに必要なアイディアに気づきます。

ぜひ、そういう形で読んでいただければと思います。

それでは最後は掛け声で終わりたいと思います。

思いが原因。人生は結果。 浮かんだことは必ずできる。まる。

     
  

SNSでもご購読できます。