宮沢賢治の世界感から学ぶ!感謝する心と空想

今日、私は、岩手県の花巻温泉に来てます。

昨日、宮沢賢治さんていう小説家が暮らしたところを回ってきました。

博物館です。

宮沢賢治、聞いたことありますか?

すごい心がきれいな方で、一番有名なのはやっぱり、雨にも負けず風にも負けずっていう詩ですよね。

実際にこの岩手県に来てみて思うのは、あるところにはない、ないところにはある、ものに気付くんですね。

何かと言うと、見てもらうと周りって本当に東京みたいにビルがあるわけじゃないし、何でもあるわけじゃないんですよ。

ちょっと行ったらスーパーもあるし、ガソリンスタンドもあるんだけど、100円ショップがいっぱいあってといった環境ではないですよね。

ただ、ここには東京にないものがやっぱりあるんですよね。

それは普段忘れてしまった大自然があったり、人の温かさとか感謝する気持ちっていうのが
こっちにいる方が気付きやすいんですよね。

これ、私だけかもしれないんですけど。

有難いなあ。って。

宮沢賢治さん、「雨にも負けず風にも負けず」という詩があるんですが、あの詩は、結局生きている時に有名になったんじゃないんですよ。

こっちの人たちに聞くと、みんな、賢治さん、賢治さんって言って賢治先生って言って尊敬されているんですよね。

それから愛着持たれてるんですよね。

農学校の先生が何かやってたそうなんですけど。

昨日、賢治さんの本買ってきて、今日のセールスの話も繋がるかなと思うのでちょっと話していきたいのですが、雨にも負けず風にも負けず。って、あれはその後ずっとねそんな短い詩じゃなくて、ちょっと長いんですよね。

なので、長い詩を買ってきて自分で読んでみたんですけど、すごいいいなぁと思ったのが、結局、遠くで本当に死に直面している人がいたらそこまで出かけて行って「心配しなくても大丈夫だよ。」って優しい声をかけてあげるんだよ、とか、他で、北とかで喧嘩してる人がいたら、北か西かわかんないですけど、つまらないことをやめたほうがいいよ。

普段人からは木偶の坊と言われても、毎日淡々と生きてる、そんな男、そんな人に私はなりたい。みたいなね、優しい詩なんですよね。

で、なんでこういう考え方になるのかな。

子供の頃、すごく仲良かった妹が亡くなってるんですよね。

子供の頃というか、青年になっていく過程で。

こっちは、やっぱり朝寒いですよ。

昨日、一昨日かな、初雪降ったんです。

そんな中で、やっぱり家族の温かさとか繋がりをすごい大切にしてるんですよね。

賢治さん、ないものはあるって私すごく思ったのが、二つ大好きな小説書いてるんですが、宮沢賢治さんですよ。

一つは、ここ来ると空想が広がるんですよ、やっぱりアイデア。

なぜかというと、東京にいると皆さんもそうかもしれないですけどズームやっててパソコン、チャットワークとかいっぱい来ません?連絡が。

それで、それのやりとりしてたり、youtube 見たりずっとやってると1日あっという間に過ぎてしまうんですよ。

だけど、ここいるときはできるだけパソコン閉じているとどんどん空想が浮かぶんです。

宮沢賢治の代表作の一つの銀河鉄道の夜。

未完成だったかもしれないんですが、37歳で亡くなっているんです。

1800年代後半、若いですよね。

今日は、セールスの話なんですが、オンラインでも心が繋がると思うんで話していきます。

私、セールスやって28年経つんですよ。

私が集中しているのはたった一つのことだけなんですよね。

     
  

SNSでもご購読できます。