【スピチュアルカウンセラー】収入4万円で日本からハワイへ 移住。Zoom集客の学校に入りオンラインで売上1400万円!

今日のテーマは、日本からハワイへ幸せに夢を叶える、夢を形にする方法です。

オレナさん、よろしくお願いします。

Contents

オレナさんは、普段はどのようなお仕事や活動をされていますか?

ハワイ島に住んでおり、ヒーリングスクールハワイ・ヒロ校を立ち上げました。

フラと歌と幸せになっていくアロハメソッドをオンラインで教えています。

久家:今、ハワイ島のヒロというところで、オンラインで仕事をしているのですね。

オレナさん:ハワイ島のキラウエア火山が噴火して溶岩がドロドロ流れている町にやってきました。

スピリチュアルの能力を、どんどん高めているところです。

久家:すごいですね。

元々は日本にいらっしゃって、ハワイに行かれたのは何年前ぐらいなのですか?

ハワイに来てちょうど3年目です。

当時ハワイに行く前は、どのようなことに悩まれていたのですか?

ハワイに移住することは、もう5年前ぐらいに決まっていました。

日本ではリアルでフラ教室をやっていたのですが、ハワイに行ったら仕事をどうしたらいいのだろうと思っていました。

久家:5年前にハワイに行こうという夢はあったのだけれど、ハワイでの仕事先は就職したわけでもなくて、ハワイに行ってから何か仕事をしようと思っていたというか、何も考えていなかったわけですね。

オレナさん:ハワイに移住するときにはビザが必要なのです。

私は結婚によるビザを申請したのですが、ビザが下りるまで実は2年も3年もかかります。

たとえ結婚していても、なかなかビザが出ないのです。

しかも、その期間はアメリカの中で働いてはいけません。

久家:そのようなルールがあったのですね。

知りませんでした。

オレナさん:結婚する旦那様が私のスポンサーということで、全て面倒を見るというお約束のもとで結婚が成り立って、ビザが出るというような流れになります。

仕事がない時に自分の収入がなくなることに不安はなかったのですか?

その時は、そんなに不安はありませんでした。

ただ最初の結婚のときは、とてもお金持ちの方だったのですが、2度目にハワイに行ったときの方はそうではなかったのです。

だから、どうするのだろうと漠然と思っていました。

その頃、どのようなことが一番課題だったのですか?

最初の離婚をした時は、元の旦那さんから仕送りをずっともらっていました。

それがある日ストップして、自立しなければならなくなりました。

そうしたら、収入が月額4万円になってしまったのです。

家は知り合いのところに安く住んでいたのですが、家賃も払えない状況でした。

再婚でハワイ行くのも決まっているのに、どうするのだろうとなった時に、『Zoom集客®の学校』がポーンと上がってきました。

それで何だかわからないけれど、何かしなくてはと思って申し込みをしました。

お支払いをするときに、カードは満額使ってしまっていて「払えないかもしれません」と言ったら、「やってみましょう」と言ってくださってそれで通ったので入りました。

久家:すごいですね。そこからだったのですね。

その後ハワイに行かれて、ゼロからZoomを使いオンラインでフラとか、スピリチュアルとか、脳科学のスクールを始めたわけですよね。

オレナさん:2月に入学してすぐに、Zoomを使って勉強会をやってみました。

そうしたらできたので、その”できた”というだけの経験を持ってハワイに行きました。

そうしたら1ヶ月後、コロナのためロックダウンでした。

だからもうやるしかなくなり、習った通りにやりだしたのです。

でも習っていたので、心配はありませんでした。

『Zoom集客®の学校』にいれば色々聞けるし、教えていただけるので、自信を持ってドーンとやり始めました。

Zoomの勉強会を始めたと同時に、YouTubeも立ち上げていました。

だからハワイに行ってからは、YouTubeに自分の踊っている動画をアップすることもできました。

そしてYouTubeからLINEの方に繋げて登録していただいて、今度はLINEの中で発信していくことが、流れでできるようになっていたのです。

『Zoom集客®の学校』に入って、オンラインで合計いくらくらいの売上が上がっていますか?

約3年もいますので、1400万円〜1500万円ぐらいにはなっています。

久家:すごいですね。おめでとうございます。

皆さん、そのプロセスや最初の段階を聞きたいと思います。

こんな人生があるのだというくらい、びっくりすると思います。

しかもそ、れまで普通に主婦でフラダンスのリアルの教室をやっていた方が、オンラインに転換したわけですよね。

これを見ている多くの個人起業家や社長は、売上が上がらなかったり集客もできずオンラインで仕事をすることに悩んでいるわけです。

オレナさんは、『Zoom集客®の学校』で学んで何が一番良かったのですか?

一番良かったのは、7日間チャレンジです。

商品を作るところで、高額商品でも売れるのだということが、とても響きました。

今まで私達フラダンスの教室では、月謝制でやっていたりするので、人数がたくさんいなかったら本当にやっていけません。

もちろん、私も日本にいたときはそういう状態でした。

たくさん教室もあり、ニーズもないので、収入が4万円になっていたりするわけですから大変でした。

でも7日間チャレンジで学んだら、

  • コースを作って
  • 期間を長くしたり
  • その方の面倒を見て
  • その方の望みをかなえてあげられる

ということがわかりました。

だから私の商品は最初から高額でした。

1年間面倒を見ますし、ハワイの伝統のことをお伝えしていく講座なので、124万円ぐらいのコースにしました。

もう一つ小さいサイズが、それでも39万円ぐらいのコースでした。

二つか三つ作るように言われたので、二つ作りました。

そしてもう言われたまま投稿をして、勉強会で私は無料のレッスンをしていました。

それからヒーリングフラということで、オリジナルの踊りがあるので、それもヒーリングのセッションをお試しで無料でやらせていただいていました。

そうしたら、その中から「やりたいです」という方がたくさん来てくださったのです。

最初の売上が100万円で売れたのです。

以前のフラダンスのリアルの教室の月謝はいくらだったのですか?

普通のフラダンス教室は、月謝5,000円〜6,000円みたいです。

でも、私はきちんとハワイで修行もしているので、1万2,000円とか1万5,000円取っていました。

久家:それがオンラインだけで100万円の講座になったのですね。

『Zoom集客®の学校』で商品パッケージの作り方を学んで売れた時、どのような気持ちでしたか?

本当に言われたまま7日間チャレンジの通りにやっていっているので、やはり売れるのだと思いました。

振り込みも、その時は確かに一括の振り込みだったのです。

最初だったので「みんなそうなんだ」と思っていたのです。

だから、そこでもう当然マインドが出来上がったのです。

その後も続けて、小さい方も含めて売れるという感じでした。

久家:今日の動画を見られる方は、多分スピリチュアルをやられていて精神性を大切にしている、オレナさんのようにとても心が綺麗で美しい方や、カウンセラーをオンラインでやりたい方が多いと思うのです。

オレナさんは今さらっと言っていますが、『Zoom集客®の学校』の7日間チャレンジで、きちんと相手が求めている商品を作ったら売れたと言っています。

だけど、普通スピリチュアルをやっている人のイメージは、どちらかというと心は綺麗なのだけれど、お金のメンタルブロックがあったりします。

だから100万円どころか、30万円の商品なんて、とても提案できないみたいな人が多いと思うのです。

オレナさんは、主婦のときから100万円の商品をバンバン売っていたわけではなかったにもかかわらず、なぜ提案できたと思いますか?そしてなぜ相手に喜んでもらって入金されたと思いますか?

7日間チャレンジの商品作りの時に、自分がその技術や知識にどれくらいかけてきたのか計算してくださいと言われます。

そうすると、私は物凄い金額だったのです。

だから

「そうなんだね」

「1年だし、これだけのことを教えるのだから、そうなるよね」

と言って、素直に出してみたのです。

久家:過去にオレナさんがフラとか、脳科学など色々学んできたものを全て足し合わせて、それを1年間に凝縮して相手が望んでいることを手に入れられるようにしたら、妥当というか安いなというものを作ったわけですね。

オレナさん:そうなのです。

そうしたら、お客様もそう感じてくださったので、もう即決でした。

久家:オレナさんは、フラや『Zoom集客®の学校』など集客を学んだことを含めて、やはり何千万単位で使われているのですよね。

だからその中で一番結果が出ているものを、1ヶ月目、2ヶ月目、3ヶ月目できちんと伝えて、しかも自分が落ちてしまった落とし穴にも落ちないようなサポートができるものを作ったわけですね。

オレナさん:そうです。

私はスピリチュアルという世界に長けており、ハワイに来る前に既にスピリチュアルの能力を開花させていたのです。

だから、そのようなことも教えながらやらせていただいていました。

久家:私もハワイがとても好きですし、オレナさんはスピリチュアルの業界で、”ホ・オポノポノ”でもお互い話が合ったり、何かのご縁だと思います。

それから一番びっくりしたのが、同じ高校の先輩でした。

不思議ですね。

オレナさんは、『Zoom集客®の学校』、その後「ビジネスメンタルの学校」にも入られて、オンラインでハワイで1人で学んでいる時、日本時間の夜の9時から始めると、ハワイは深夜の2時から朝の4時とかですよね。

深夜の2時から4時に勉強するのは大変だったと思います。

『Zoom集客®の学校』で、どのようなことが一番印象に残りましたか?

ビジネスということ自体、私達はよく知らないと思います。

最初の結婚の時は、元夫がクリニックを経営していたので、リアルはとりあえずはわかるのです。

でもオンラインになった時に、ハワイにいるのに日本の方と繋がれて、またアメリカ本土やヨーロッパの生徒さんもいるのです。

そうやって一瞬にして繋がれる可能性というのは、本当にリアルとは全く違うものです。

だけど、みんなそれを勘違いして、リアルと同じようにやろうとするのです。

だからスピリチュアルの方も、リアルと同じように、5,000円のセッションをします。

それで月に200万円300万円稼ぎますと言うと、では何人セッションするのか計算したら、びっくりする数字が出てきます。

本当に合っていますかと言ってしまうくらい、とてつもない数字が出てみんなびっくりするのです。

まだ気づかない方が、ほとんどです。

そして私はカードのセッションをやりますが、自分で練習していますという方がほとんどなのです。

自分で練習しても上達しない、そして練習をペアでしているというのもよく聞くのですが、学んだ仲間でやっているからレベルは同じか少し低めでやるのです。

しかもオンラインでどんとやりましょうなんて発言する人はいないので、みんながこぢんまりになりがちなのがスピリチュアルやオラクルカードの世界です。

それから協会制度というのがあって、公に出せないとか色々な問題があるのです。

アメリカでは、そのようなことはありません。

だからカードも書店にたくさん売っています。

みんな色々なものを使って、自由にやっているのです。

日本の方はみんな協会制度があると、オンラインではできないと言います。

カードも使えないというのです。

だからスピリチュアルの世界は、閉鎖的でもあります。

コンフォートゾーンで、リラックスしてそこにいつまでもいられる世界だから「いいやいいや」になってしまいます。

だから、みんなお金のない人たちが多くなるのです。

ハワイでスピリチュアルの修行をしたとおっしゃっていましたが、クリニックで奥さんをやられてお子さんを育てながら、ハワイに勉強に行っていたのですか?

そうなのです。ある日突然なのです。

子どもを3人育てて成人したのですが、子供たちがクリニックを継げるようにはなりませんでした。

そのために家庭教師をつけたり塾に行かせて散々やったのに、継げる人材が育たなかったことに結構ショックを受けました。

「それなら、もう私は自分でお金を使うわ、ごめんなさい、自分のことをやらせてください」

となった時に、ちょうど先生が現れました。

元々フラはやっていたのですが、ハワイの先生に付きたいと言っていたら一番大御所の先生に出会うことになりました。

そして、迷わず入門したのです。

その時、私は「娘の大学が終わったら入門します」と先生に申し上げました。

そしたら先生から「待つ必要があるのですか?」と聞かれました。

それで「必要ないです。今です。行きます」となりました。

そこからどんどんと修行をして、修行が終わったら、その大先生をお呼びしてコンサートを一緒にやるというビジネスパートナーとしての歩みが少しずつ始まっていったという形です。

久家:ハワイに行く前に、日本でもそのような形でやっていたのですね。

オレナさん:その先生はフラだけではなく、ハワイではスピリチュアルなことをされるカフナというマスター(大先生)がいらっしゃるのです。

その先生が私の師匠でした。

そしてフラで修行に行っているのに、私はスピリチュアルなことをやっていくのだということを先生から教わり、この道に入ってまいりました。

久家:すごいひらめきというか、普通の人から見たら決断力がすごいなと思います。

オレナさん:おかげさまで本当にその当時は、旦那様がいくらでも出してくれたので、一番肝心なことを気にしなくていいわけです。

次はエジプト、次は宮古島、次はハワイとひらめいたら行けました。

そうやってきたので、ハワイに来たら大変でした。

久家:でもお金が入ってこなくなって、そこから自分で稼ぎ始めたというのもすごいと思います。

オレナさん:だから本当に『Zoom集客®の学校』のおかげなのです。

それでもやはり収入が落ち込むときとか、メンタルをやられてしまうことがありました。

キャンセルが入ったり、続けたいと言っていたのに途中でいなくなってしまったりなどを経験しました。

病気になってしまう生徒さんがいたり、色々重なったときにメンタルをやられて2ヶ月収入が滞ったのです。

そのような最初の危機の時、担任の先生に相談をしました。

自分なりにみんなとやっていることが違うかなと思っていたので、オーソドックスなアドバイスをいただくのかなと思っていました。

そうしたら

「でもオレナさんはフラで売れているのですよね。それならフラを売っていったらいいのではないですか」

とおっしゃっていただきました。

その時に、ハッと自分が立ち直りまして、そうしたらまたフラの生徒がどんどん入るようになっていきました。

その頃にちょうど「ビジネスメンタルの学校」の募集があったので、さらにメンタルをやられない私になっていきたいと思って入りました。

「ビジネスメンタルの学校」は、ビジネスで最短で人に喜ばれながら幸せに成功する考え方で、脳科学×潜在意識トレーニング×ビジネスという講座ですが、入ってよかったことはどのようなことですか?

今まで私が学んできた潜在意識のことやスピリチュアルのことというのは、実はビジネスの往年のレジェンドの方たちもそこからやっていらっしゃるということがわかって合致しました。

ビジネスは別の世界のものと思っていたのです。

でも私達は生まれながらに、みんなスピリチュアルなパワーを持っているのです。

だから自分のパワーをしっかり使えば、みんなが大成功していくのではないかということがわかったのです。

それから

「やはり本当にそうなんだ」

と、とても喜んで講座を聞いて、すぐにアウトプットで自分でも話す講座を作りました。

そのように動画ですぐにアウトプットして覚えていきました。

そして1月の講座を終えたところで何かが取れました。

投稿するデカ文字で勉強会を募集する時、伝統のものをやっていたので、とても堅苦しかったのです。

だけど行動サポートの先生から、

「このような感じで、軽く出してしまった方が早いかもよ」

とおっしゃっていただいて、そのようにやったらあっという間に満席になりました。

また私のフラの生徒さんたちに、サポートみたいな形で講座に入ってもらうといいですよと言われて、それもお願いしたら生徒たちが盛り上げてくれました。

その頃、3番目の20万円くらいの小さな商品も作ったら、それも欲しいですと言って3人が買ってくださいました。

「ビジネスメンタルの学校」に入ったら、全くのご新規の方もどんどんお問い合わせがきて体験に入られることが続いて、本当にすごかったのです。

受け入れる受け取るがないから、みんな夢が叶わないのだと思うのです。

夢ばかり追いかけて、取ろうとしているのです。

それは、ハワイでは駄目と言われています。

欲しいときには願っていれば、向こうからタイミングでやってきます。

自分で奪いに行くのは駄目ですよと言われているのです。

ハワイの教えと一緒だなと思いました。

講座でも「私はできない」と言わないで、「そうなんだね」とすぐにやるだけです。

結局、私達が成功するラインというのも、1ミリ隣にあるわけではないですか。

たくさんのラインが走っていて、少し行ったら成功するラインに乗れるわけです。

でもみんな怖いからと言って、ずっと同じ電車に乗ってしまっています。

その電車に乗っていてうまくいかないのなら、乗り換えたらいいのです。

私の言葉にしてしまっていますが、そういうのも「ビジネスメンタルの学校」で教えていただいたなと思っています。

久家:今の言葉はとてもわかりやすいです。

本当にそうだなと思います。

欲しい欲しいと言っているすぐ横に、あるわけですよね。

しかも自分をすぐに変えたら、一瞬で売上も収入も変わるのですね。

オレナさん:マインドの中に、一番厄介でネガティブな”頑固ちゃん”がいるわけです。

その子を手懐けると言ったらおかしいですが、きちんと飼いならしたら絶対うまくいきます。

マイナス言葉も駄目だとビジネスでは習いますが、結局は心の底にある無意識の部分を書き換えていかなければいけないわけですよね。

そのためにやっているのです。

みんな心の底に結構違うものが入っているので、まず浄化しなければいけないのです。

久家:全てわかっていますね。その通りです。

オレナさん:自分との約束を守るというのも、結果が出せない方というのは、どこか横着だったりします。

例えば、家がぐちゃぐちゃだったり、片付いていないとかです。

それも「ビジネスメンタルの学校」で習います。

久家さんがおっしゃっているように、私もお手洗いの掃除を素手でやるのです。

毎朝の習慣になっています。

当たり前のことを感謝してやる。

自分の心臓が動いていることにも感謝です。

みんな「講座をやるぞ」と視野が狭くなっていると、もしかしたらそういうことがおろそかになっているのではと思います。

そうすると神様が来られません。

久家:ビジネスの成功する考え方で、100万円の売上が上がって、その後1,400万円1,500万円の売上が上げると、

今度は3,000万円1億円上げるという考えになり、数字ばかりに集中してしまう。

そうすると、他の人と比べて自分が足りていないところを見て欠乏感が起きる人がいます。

その心に蒔いた欠乏感の種が芽を出して、すくすくと育って稲の場合は1,800倍になって実ると言われています。

だけどオレナさんは、心に豊かさの種を蒔いていますよね。

表現が違ってもオレナさんと私が言っていることは同じだと思います

マイナス言葉が全て悪いとは思いません。

ただマイナス言葉を言ったら、プラスに転換しようということです。

嫌なことあったり悔しくて、「何で自分はこうなんだ」と言っても、

その後、

「今日は勉強になったからありがとう」

「次回やるときは同じ間違いをしないように勉強になってよかった」

「今ないものは必要ないものだ」

と、プラスにしていったら、起こったことは全て贈り物になるのです。

お手洗いを掃除するというのも、イエローハットという上場企業をつくった鍵山会長という方が同じようなことを教えてくれました。

“トイレを掃除することで日本を美しくする会”です。

トイレ掃除とお金持ちは繋がらないという人たちが多いです。

それはその通りです。

わかるのですが、私は旅行に行ってもトイレは必ず自分で拭きます。

それをやっていると細かいことに気づけるようになるのです。

例えばスタッフとか、お客さんが落ち込んでいる時、

「たまには話しましょう」

と声をかけたりができるようになる気がするのです。

昔、「今日はいいや」とやっていた時期がありました。

そうすると、1個1個の仕事や人との関係が全ていい加減になるのです。

掃除はそんなに時間はかかりませんし、気持ちいいのです。

オレナさん:最初の頃、講座で思考の根っこを張って生きなさいと習いました。

それがとても響きました。

みんな結果を出そうと、焦るのですよね。

もっと腹を据えて自分を落とし込んで行動すればいいのに、息も浅くなりながら「できません」となってしまう。

そうではなくて、もっと落ち着いて呼吸をして根っこを張らないと花も何も咲きません。

先生も考える時間が大事とおっしゃっていましたが、何か足りないものを見てどうしようではなく、逆算式で考える。

例えば11月はまだ25日なので、あと5日間あるという考えが大事。

おそらく行動できないと止まっている人たちは、もう25日だから11月はいいやと思っているはずなのです。

でも、あと5日あるのです。

久家:同じ状態でも、あと5日というのとでは捉え方が全く違います。

私達人間もこの地球の中では自然の一部ですよね。

100万円の売上を上げたいと思ったら、みんな根っこは地面の中で見えないので根っこを生やさない。

いきなり芽や茎や枝を伸ばそうとするのです。

でも、根っこがないと倒れるわけです。

心の中に欠乏の種を蒔いている人は、欠乏の根っこが張ってしまうので、自分が欠乏するアイディアにしか気づけなくなります。

さらに、欠乏が1,800倍に実ったら嫌ですよね。

オレナさんがお手洗いを拭くという話もそうですが、掃除をしていると感謝するのです。

ありがとうとか豊かな気持ちとか、逆算で嬉しいという種を蒔いていると、そこからその思考が伸び始めます。

先に芽が出るのではなくて心の底で、

  • こうなったら嬉しい
  • こういう気持ちを感じて生きられる
  • こういうお客さんが喜んでくれてありがたい

という気持ちでいたら、そこからそういう芽が出てそのアイディアに気づけるようになる。

そして枝葉がついて1,800倍の豊かさが実るというのが、一つの考え方なのです。

その種を蒔くというのを、脳科学で言うと自分の脳に対するイメージだったり、潜在意識で言うと潜在意識トレーニングになるわけです。

もしオレナさんが『Zoom集客®の学校』や「ビジネスメンタルの学校」に入っていなかったら、どのような恐れや不安がありましたか?

私は窮地に立たされてハワイに来て、さらにハワイにいてこれだけ稼げていても、色々なことがあって現在ここにいます。

そういったことが起こったときに、SNSに出られなくなってしまったり、自信がなくなります。

でもZoomでこのようにすぐに繋がれたり、私は公式LINEのお客様たちにも本当にみんなに助けられています。

心から繋がれるのが、オンラインだと思っています。

だからそれができなかったら、本当に孤独だったと思います。

久家:仲間がいるって、やはりいいですよね。

安心ですね。

オレナさん:本当にZoomは心で繋がれるのです。

だからそうではない使い方をされている他社もたくさんありますが、やはり『Zoom集客®の学校』は本当にみんなが心で繋がって、愛と感謝で始まっているなというのをとても実感できます。

だから、あとはあなたが、『Zoom集客®の学校』に入って学べていることに感謝してみてください。

そうしたら、本当にアイディアに気づけます。

この年末年始、オラクルカードができる方は書き入れ時です。

ぜひ無料で皆さんのお悩みを聞いてあげるというのを企画されるといいです。

今からなら、年末年始に間に合います。

私はそういうことから、カードをやってあげたお客様がフラのコースに入ってきたり、ビジネスのクラスに入ってきてくれています。

久家:本当に魂が綺麗で美しくかっこよく生きている方です。

今ハワイと日本で話しているわけです。

Zoomで話したら、もう場所や時間の壁もありません。

労力もかかりません。

『Zoom集客®の学校』は、どのような人におすすめですか?

私もそうだったのですが、日本には今困っている人や不安な人がたくさんいると思うのです。

だからその不安なところにいるのではなくて、『Zoom集客®の学校』に来たら本当に何も知らなくてもできる仕組みがあるのです。

誰がやっても経験がなくてもできます。

ただ『Zoom集客®の学校』に来たら、あなたの心の中にある”頑固ちゃん”だけを手放していくことができれば、本当にどんどん成果が出ていくと思います。

今大変でどうしようと思っている人こそ、1人ではできないので、ぜひ入っていただきたいなと思います。

久家:勉強になりました。

私もそうですが、成長しているだけなので、頑固を手放していったらいいですね。

オレナさんは素直でとても美しくて、いい出会いがあってハワイで自分の大好きな仕事で魂が綺麗でいられるのは、そういう生き方をしているからでしょうね。

今日も輝いています。

オレナさん:でも、私がここまでになれているというのは、本当に2番目の旦那様のおかげなのです。

魂の”頑固ちゃん”がいたりとか、そういう部分をしっかり指摘してくださったのが2番目の旦那さんなのです。

それなくしては、やはりここに来られていないなと改めて思います。

久家:素敵な旦那さんなのですね。

やはり出会いが素晴らしいと思います。

本当にスピリチュアルをやっている方は、心が綺麗な方が多いと思うのです。

しかしなかなか経済的に厳しい方も多いと思います。

そのような中でオレナさんは、背水の陣でハワイに行ってオンラインで収入を得て、色々な出会いとか色々なことがありながらも、今ご自身の夢を形しているという素敵なお話でした。

ありがとうございました。

「思いが原因、人生は結果、浮かんだことが必ずできる、まる」

     
  

SNSでもご購読できます。