潜在意識を活用して、自分が望む条件に合致した会社への転職に成功しました!

こんにちは!あなたは、自分が望む職業や職場環境、収入等の会社へ転職したいと考えていますか?

現状の職場に不満を抱いていても、思い切って転職できない…そう考えていませんか?

自分の潜在意識に、いつの間にか「失敗したらどうしよう?」「自分にできるはずがない…」そんな思考が刷り込まれていませんか?

私も同じ状況でした。自分には無理、できない…そんなことを口にしていました。

ところが、あることを行ったことで、自分が望む条件の仕事への転職が成功しました!

そこで、今回は、実際に転職が成功したときに行ったことなどを紹介させていただきます。  

潜在意識に刷り込まれていた思考が、転職を妨げていました

私は、18年ほど同じ業界で仕事をしていました。

確かに、子どもの頃から望む仕事に就くことはできました。

それは、知らず知らずのうちに潜在意識に「こういう仕事をしたい!」と刷り込んでいた結果でした。

ところが、段々いろんなことについて不満を抱くようになりました。

実際に働いてみて、外側から見ただけではわからない部分が見えてきたからです。

でも、当時の自分の潜在意識には、こんな思考が刷り込まれていました。

・自分にはこの仕事しかできないから転職なんてできない

・激務で報われないけど、やりがいがある

・仕事内容に見合った収入ではないけれど、仕方ない

この自分の潜在意識に刷り込まれていたことが、現実化していたのです。

友人からは「あなたなら、もっと給料がいい仕事に就けるのに」「今のままだともったいないよ」「他の仕事に転職してみたらいいのに」そう言われました。

ところが、当時の私は「私には、他の仕事は無理だよ」「この仕事しかしたことがないから、転職できないよ」そんなことを口にしていました。

ある時、「なぜ、あなたの思考は現実化しないのか?」という本にも書かれているエピソードを思い出しました。

焼き芋屋からホテルマンに転職したときに「手に職がつけば…お金はいい」と何気なく口にしていた言葉が現実化し、なんと一流ホテルのマネージャーだったにもかかわらず、配膳会の大学生のアルバイトの給料の6割の収入だったというのです!

あれ?私もしかしてこの話と同じ状態??

その後、この本の著者である久家さんは100億円企業の営業責任者にまで昇りつめます。

じゃあ、私も思考を変えたら転職が成功するかしら?」そんなふうに考え、ひとつひとつ実践していったのです。

→【なぜ、あなたの思考は現実化しないのか?(久家邦彦)】本の内容・感想!潜在意識を活用して成功する!

ベビーステップで、潜在意識の書き換えをして、転職が成功する道を進みました。

そうはいっても、いきなり全くの異業種へ転職をするというのは、当時の私にはあまりにもハードルが高く、挫折するだろうと思いました。

そのため、今の自分に無理なくできる小さな一歩(ベビーステップ)を決め、少しずつ潜在意識を「転職に成功できる自分」へ書き換えていきました。

全くの異業種へいきなりジャンプアップすることに恐怖を感じていたため、まずは当時の仕事と若干かぶるけれど、職場環境が異なる職場への転職をしました。

第一段階への職を行う際は、このようなことを行っていました。

  • 「大丈夫」「やってやれないことはない、やらずにできるわけがない」と不安を和らげるアファメーション
  • 「豊かだなあ 幸せだなあ、強運だなあ、健康だなあ」「ついてる」「ありがとう」ともっと豊かになっていい、幸せを受け取れる自分になるアファメーション
  • 「ごめんなさい」「許してください」「ありがとうございます」「愛してます」と、自分の潜在意識に深く刷り込まれた過去の記憶などを、ホ・オポノポノで浄化

絶対に譲れない条件を明確にする

 例)
 ・就業先は都内
 ・時給〇〇円以上
 ・医療機関勤務ではないこと
 ・土日祝日休み
 ・残業が少なめなこと

そして、これらの条件は全て合致した職場への転職に成功しました。

でも、これはまだ第一段階。医療機関勤務からは卒業できたものの、まだ似たような仕事になりました。

そして、最初に挙げた条件は、学ぶには最適の条件ではありましたが、本当にやりたいことをするには、ちょっと足りない…と思う点が出てきました。

そこで、3か月間だけですが、今までとは全く異なる業種のダブルワークをすることにしました。

深く潜在意識に刷り込まれた「私には他の仕事なんてできない」を破壊するためでした。

しかも、ダブルワークでの就業先に選んだのは、なんと!今までできるだけ避けていた電話対応の業務でした。

→【アファメーション】潜在意識を制するものは恋愛も制する!【方法】

→『ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」』潜在意識おすすめ本

潜在意識に「できる!」の上書きに成功!その結果、望む転職ができました!


体力的にはハードでしたが、ダブルワークで潜在意識に深く刷り込まれた「私にはできない!」を「私でもできる!」に上書きすることに成功しました。

人間の習慣を変えるのには、最低90日かかると言われています。3か月間ダブルワークをやり遂げたことで、「できた!」を積み重ね、転職できる自分へと変身を遂げました。

そして、ついに仕上げの段階です。私は、次の転職先の条件を明確にしました。

そして、派遣会社の担当者へ「この条件でなければ行きません」とはっきり伝えました。派遣会社側は、私の今までの経歴からみて医療機関への就業を進めてきました。

それだけの経歴とスキルがあるのに、経験がない異業種への転職はもったいないですと。

でも、もう自分のセルフイメージが下がる働き方をしたくない。

自分の潜在意識が望まない仕事に就きたくない、そう決めていました。

当時、紙に書いた次の転職先の条件は以下の通りです。

例)
・都内勤務
・時給☆☆円以上
・土日祝日休み
・異業種だけど、今までのスキルを活かせる仕事
・私服OK
・残業はある程度可

そして、常に理想通りの職業へ転職が成功した自分の姿を、映画を見ているようにリアルにイメージし、転職サイトで検索しました。

そこで見つけた仕事にすぐエントリー、求人を掲載していた派遣会社の担当者も「こんな仕事があったんですね!目の付け所がいいですね!」と驚いていました。

そして、どうなったかと思いますか?

なんと、上記の条件に全て合致した職業への転職に成功したのです!

収入もあるときからしたら2倍になり、職場環境もよくなり、職場の人間関係でいらつくことがなくなりました。

さらに「私にもできた!」とセルフイメージが急上昇!私にも他の仕事、自分が望む仕事に就くことができるんだ!と自信がつきました。

絶望に打ちひしがれた中、最初に転職する!と決めてから、1年後のことでした。

→潜在意識を活用できるようになったら、人生が思いもよらぬ方向へ変わりました!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分の中で長いこと不可能だと思い込んでいた、異業種への転職でしたが、潜在意識を正しく活用することができるようになったことで、望み通りの仕事に転職することに成功しました。

その後、たまたま転職先の業務内容が、更に本当にやりたい仕事に結びつくものだったので、そこで腕を磨き続け、在籍中に自己投資してDNAカウンセラーの資格を取得、更に、ライターとしてお仕事をいただけるようになりました。

もしも、あの頃「私には無理」「できない」と思い込み続けていたままだったら…ずっと不平不満を言いながら、その場にいるのが辛い仕事をするしかない自分のままだったことでしょう。

転職が成功した秘訣は、いきなり高い壁をよじ登ろうとしないことだったと思います。

潜在意識は、防衛反応で今までと違ったことをしようとすると、自分を守るために元に戻そうとするのです。

そこを、少しずつ慣らして変えていく。いきなり富士山を登ろうとすると、体力的にも技術的にも難しいから、近場の低い山へのハイキングから始めて経験を積んでいくのと同じです。

今回ご紹介させていただいた方法で、少しずつ一歩一歩進んでいけば、時間はかかってもいつかはあなたが望むゴール(転職成功)にたどり着けます!

ただし、どんなに小さな一歩でも、あなたが行動しなければ何も変わりません。

まずは、怖がらずに「自分が望むゴールを手に入れるんだ!」と決めて、毎日一歩ずつ歩くと決めてください。

行動したあなたが、自分が本当に望む人生を生きられるようになることをお祈りいたします。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

     
  

SNSでもご購読できます。