「お金がない、時間がない、自分にはできない」という悩みから抜け出すたった一つの原則

  • お金がないから、できない
  • 時間がないから、できない
  • 自分には、できない

このような悩みを持っている人はたくさんいますが、今回は逆境を利益に転換するたった1つの極意についてお伝えします。

思考を止める人と伸ばす人

ここに「動きそうにない不完全な車の絵」があるとします。

そのような絵を見て、あなたならどのような感想を持ちますか?

感想を聞くと、人は2つのパターンにわかれます。

ひとつは「ここがダメだ」「あそこがダメだ」と悪いところを上げるだけの人。

もうひとつのパターンは「ここを変えたら動きそうだ」「ここに部品を足したらよさそうだ」といったように思考を伸ばせる人。

同じ絵を見て思考を止めることも、伸ばすこともできるのです。

  • お金がない
  • 時間がない
  • 自分にはできない

といった悩みに対しても、同じことが言えます。

そこで思考を止めてしまう人もいれば、逆にお金がないから成功する人もいるのです。

松下幸之助さんが成功した理由

松下電器(現在のパナソニック)の創業者、松下幸之助さんは80歳を過ぎてから「成功した理由」についてこう話しています。

  1. お金がなかったから、成功した
  2. 学歴がなかったから、成功した
  3. 体が弱かったから、成功した

1.お金がなかったから、成功した

お金がないというのは普通、成功できない理由としてあげられます。

しかし松下さんはお金がなかったから、お金を大切にしてきました。

人の役に立ってお金を稼ぐことを大切にし、一生懸命やってきたからお金持ちになったのです。

お金がないときから貯金をし、最初は丁稚奉公から始めました。

その後関西電力の前身となる会社に入り、そこで二股ソケットを発明しました。

お金がなかったからアイデアを出し、成功に繋げたのです。

2.体が弱かったから、成功した

松下さんは体が弱く、一年の半分以上入院していたこともあったそうです。

松下電器は多くの子会社を持つ大企業に成長しました。

松下さんは自身が病弱だったからこそ、会社をどんどん増やせたのです。

自分は体が弱かったから、他の人にやってもらうしかなかった。

他の人に手伝ってもらうことで、パナソニックの全身となる大きな会社ができたのです。

体が弱ければ普通何もできないと思うでしょう。

松下さんにとってはそれが逆だった、成功する理由だったということです。

3.学歴がなかったから、成功した

多くの人は学歴があったほうがいいと考えるでしょう。

しかし松下さんは学歴がないからこそ、人の話を素直によく聞くようにしていました。

会社を創業した後も、現場の人の意見をよく聞いていたそうです。

学歴が高く、すでにいろいろなことを知っているという社長の中には、現場の人と話をしなくなってしまう人もいます。

松下さんは現場の人の話を素直に聞けたから成功したのです。

あなたは

  • お金がないから、できない
  • 時間がないから、できない
  • 自分にはできないから、できない

と悩んでいるかもしれません。

けれどそれは失敗する理由ではなく、成功する理由なのです。

それにはまず「あなたがどうなりたいか」を決めてください。

決めた時点で人生が変わるということを覚えておいてください。

ロレックスを買うためのアイデア

20年前、私のクライアントにO君がいました。

彼の職業はコンビニのアルバイトで収入は8万円だったのですが、あるとき「金のロレックスが欲しい」と言い出しました。

89万円もする金のロレックスが欲しいと言うのです。

彼は有名な実業家「斎藤一人」さんの言葉に影響されたようでした。

「金のロレックスなどを身に付けるといい。なぜかと言うとお客様は良いものをちゃんと付けている人、本物を付けている人から安心して物を買いたいから」という言葉です。

ただし彼は当時8万円しか収入がなかったので、周りには「買えるわけないでしょう」と反対する人もいました。

それでも彼は買うことを決心していたので、まずロレックスを探しにアメ横へ行きました。

そこで店主に「分割購入できないか」と交渉したのです。

しかし買えなかった。

彼は諦めることなく、 次は並行輸入の店を探しました。

それでも買えなかった彼は、最終的にもうひとつアルバイトを増やしました。

彼はアルバイトで収入を増やし、ついにロレックスを分割で購入できたのです。

全ての成功はアイデアから始まります。

  • お金がないから、できない
  • 時間がないから、できない
  • 自分には、できない

多くの人はそこで思考を止めてしまいます。

そこで思考を止めてしまうと、彼のように「アメ横で交渉しよう」というようなことは考えられません。

「無理だ」と思った瞬間に、アイデアが出なくなり、可能性を閉じてしまうのです。

しかし「絶対買うのだ」と決めている人は「どうやったら買えるのか」という思考が伸びていきます。

自分がどうなりたいかを決める

現在同じ状態にある人でも、

  • うまくいく人
  • うまくいかない人

の違いというのは、できない理由をできる理由に変えるかどうかです。

  • お金がないから、やる
  • 時間がないから、やる
  • できないから、やる

全ての成功はアイデアから始まります。

そのアイデアはどうしたら出るのかと言うと、「決めること」です。

もしあなたが

  • お金がないからきついとか
  • 時間がないからきつい
  • 自分には無理だ

と思っているなら 、是非「どうなりたいか」を決めてください。

どのような自分になりたいのかを決めて、毎日そこにいくためのアイデアを書き出してください。

もし自分でアイデアが出なかったらその分野で成功している人を探して学ぶのもひとつの方法です。

     
  

SNSでもご購読できます。