「ありがとう」を言い続けたことで、自分の潜在意識が変化した日

こんにちは!

あなたは、一日の中で「ありがとう」をどれだけ口に出していますか?

また「ありがとう」を感じるようなことが、どれだけありますか?

「ありがとう」という言葉は、最強の言霊と言われています。

言霊は、自分の潜在意識にも深く影響するものだとご存知でしょうか?

今回は、毎日「ありがとう」を見つける潜在意識トレーニングを続けたことで、自分の潜在意識が変化していった話をご紹介させていただきます。

「ありがとう」は電波と同じ?

日本一の大商人と言われている、斎藤一人さんはテレビのリモコンのしくみに例えて、このようなお話をされています。

テレビのチャンネルを変える時にリモコンを押して変えるけど、なぜリモコンで変えたいチャンネルを押すだけで変わるのか?

それは、リモコンから「〇チャンネル」「〇チャンネル」と電波を発して、テレビに届くからなんだよ。

「ついてる」を言い続けていると、「ついてる」が集まってくるんだよ。

だから、「ついてる」人になりたかったら、「ついてる」を言い続けることだよ。

同じように考えれば、「ありがとう」と思えることがたくさん起きるようにするには、「ありがとう」を言い続けることだと思いませんか?

『ポリアンナ物語』という外国の書籍があるのですが、主人公のポリアンナは、牧師の父親から教わった「よかった探し」を続けることで、周りの人にも影響を与えていきます。

「よかった探し」は、辛いことがあっても明るく前向きに、ポジティブ思考で生きるための習慣です。

自分の意識を「よかった」に向けると、潜在意識は「よかった」理由を探し始めます。

同じ出来事が起きたとしても、あなたの潜在意識が「よかった」に向いているか、「なんで私だけこんな目に…」に向いているかで、結果が変わってくるのです。

それは「ありがとう」でも同じです。

「ありがとう」の言葉の凄さを紹介している人は、他にもいらっしゃいます

斎藤一人さんだけではなく「ありがとう」の言葉について、ご紹介している人は他にもいらっしゃいます。

日本一の個人投資家と言われた、竹田和平さんは、自身の会社で作っている卵ボーロや麦ふぁ~というお菓子に、「ありがとう」を100万回聞かせて作っていました。

竹田和平さん自身も1日3000回「ありがとう」と言い続けていたと、書籍等で紹介されています。

「ありがとうの神様」「ありがとうの奇跡」等の書籍を出版している小林正観さんも、「ありがとう」という言葉の大切さについて、ご紹介されています。

また、イハレアカラ・ヒューレン博士が紹介している潜在意識のクリーニング法の、ホ・オポノポノの4つの言葉のひとつが「ありがとう」です。

スピリチュアル系の胡散臭い話に聞こえるかもしれませんが、そんなことはありません。

ビジネスで成功している人ほど、「ありがとう」をはじめとする言葉を大切にしています。

言葉の力…言霊の力を信じているからです。

そのため、家族はもちろん、お客様や従業員など周りの人から「ありがとう」と言われることをする、「ありがとう」を伝える習慣を大切にしているのです。

本当に「ありがとう」を言い続けていたら、自分の潜在意識が変化するのか?試してみました

何が起きても「ありがとう」と思うことができず、「なんで自分ばっかり…」と思っていた頃、潜在意識の活用について学び始めました。

そこで、いくつか潜在意識トレーニングについて教わったのですが、その中のひとつが…

『毎日「ありがとう」を100回言うのを最低100日続ける』でした。

この「ありがとう」は、自分の潜在意識に向かって言うのです。

自分のことが大嫌いで、信じることができなくて、自分の周りの人は全員敵!くらいに思っていた頃、自分の潜在意識に「ありがとう」を言うことに激しい抵抗を感じました。

なぜなら、毎日辛いことばかりで、「ありがとう」と感じられるようなことが、何一つなかったからです。

そのため、自分が自分の潜在意識を苦しめている、そう感じていたから自分の潜在意識に「ありがとう」とは言えなかったのです。

「ありがとう」と最初は心を込めて言えなくてもいいのです。

最初は、ぶつぶつ呪文を唱えるかのように「ありがとう」を呟く、で問題ありません。

言霊は、自分が発した言葉に込められた感情までは、認識していません。

心からの「ありがとう」でも、呪文のように呟いた「ありがとう」でも同じなのです。

あなたの潜在意識には、あなたが発した分だけの「ありがとう」が届きます。

信じられないかもしれませんが、毎日「ありがとう」100回をカウンター片手に呟く習慣をはじめてから3か月経過する前に、急に心から「ありがとう」が喜びとともに溢れてくるようになりました。

気が遠くなるくらい長い間、モノクロームに見えていた世界が、急に色鮮やかに見えるようになったのです。

同時に、過去の辛かった出来事や、自分を辛い目に遭わせた人たちに対しても、なぜか「ありがとう」と思えるようになっていました。

今の自分は、過去の選択などの積み重ねで作られています。

もし、自分が辛い体験をしていなかったら、今同じように辛い思いをしている人の気持ちがわからずにいたでしょう。

もしかしたら、自分が過去にされたように、相手に辛い思いをさせている側になっていたかもしれません。

今では、過去の自分のような人の心を明るく軽くする仕事をしたい、力になりたいと思うようになり、一歩ずつ自分にできることを発信するようになったのです。

また、「ありがとう」と思える理由を探せるようになったことで、出来事に対しての見方も変わり、自分を責めたり、自分で自分の潜在意識を傷つけることがなくなりました。

いつも笑顔で心地よく過ごせるようになったため、周りに集まる人も笑顔で優しい人たちだらけになりました。

先ほどのテレビのリモコンの話のように、「ありがとう」を発していたら「ありがとう」が集まる世界になったのです。

「ありがとう」を見つけやすくなる方法は、他にもあります

私が「ありがとう」を見つけられるようになるために、同時に行っていたこともご紹介いたします。

  • 夜寝る前に、今日「ありがとう」と感じたことを3つ挙げ、その理由も挙げた
  • 今日よかったことと、こうすればもっとよくなることを書く癖をつけた(good & new)
  • もしイラっとしたり、マイナスな言葉を発した場合は「ありがとう」で打ち消す

自分の潜在意識がマイナスな状態…ネガティブな状態ですと、起きた出来事にもネガティブな反応をします。

そのため、潜在意識をプラスの状態…ポジティブな状態にしていく必要があります。

自分の潜在意識をプラスの状態…ポジティブな状態にするためには、自分の潜在意識の癖を知り、新たな癖に書き換えていくのです。

自分の潜在意識の癖は、あなたが日ごろ発している言葉に現れます。

そのため、自分が日ごろ使っている言葉をチェックし、もしマイナス…ネガティブな言葉を発している場合は、その場で修正し、少しずつ自分の潜在意識にある言葉を変えていくのです。

世界で活躍するような成功者ほど、使う言葉には気を付けています。

なぜなら、言葉の力…言霊の力を信じているからです。

そして、言葉の力が自分の潜在意識に影響を及ぼしていることを知っているからです。

言葉を変えるのに、時間はある程度かかりますが、お金はかかりません。

私だけではなく、一緒に言葉の習慣を変える潜在意識トレーニングに挑戦した人たちも、言葉を変えたことで、人生が上向きになっています。

言葉の習慣を変える潜在意識トレーニングを教えたばかりの頃の夫は、「言葉で人生が変わったら苦労しないよ」と否定的だったのですが(苦笑)。

会社や上司からの評価が低く、やる気のないサラリーマンだった夫も、今は会社や業務委託先の社長や取引先から高い評価を得られるようになり、複数のプロジェクトで奪い合いになるくらいで、毎日楽しそうに仕事に取り組んでいます。

今では「ありがとう」は凄い!と言って、他の人たちにもシェアしているくらいです。

まとめ

今回は、「ありがとう」の言葉の力と潜在意識についてご紹介させていただきました。

嘘のように聞こえるかもしれませんが、「ありがとう」で人生が変わった・奇跡が起きた等の書籍は、今でも数多く出版されています。

斎藤一人さんのお弟子さんたちも、一人さんファンの人たちも「ありがとう」をはじめとする天国言葉と言われる言葉を、積極的に使っています。

「ありがとう」を言われて、嫌な思いをする人はいないと思います。

ここで、もう一つ竹田和平さんのエピソードをご紹介いたします。

竹田和平さんが銭湯に行き、ヤクザとぶつかってしまったそうなのです。

その時に、竹田和平さんは思わず「ありがとう」と口にしたところ、相手の方も怒ることなく、事なきを得たというのです。

これは、竹田和平さんが毎日「ありがとう」を言い続け、竹田和平さんの潜在意識に「ありがとう」が刷り込まれていたので、「ありがとう」が口ぐせになっていたからです。

「ありがとう」が潜在意識にいっぱいになっているため、「ありがとう」と思うことが起きるようになっているのです。

言葉の習慣を変えるには、一朝一夕とはいきません。
なぜなら、長い間かけて形成された習慣は、自分の潜在意識に深く刷り込まれているため、そう簡単に書き換えることができないからです。

ですが、ここで諦めず、「ありがとう」の習慣を身に着けることで、確実にあなたの潜在意識は変化していきます。

新しい時代を迎えた今、働き方なども変化しつつあります。

あなたが、よりよい人生を生きられるようになる参考になれば、幸いです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

     
  

SNSでもご購読できます。