潜在意識のおすすめ本

書籍『心』稲盛和夫著 人生の全ては自分の心が打ち出す【潜在意識おすすめ本】

今回、ご紹介する書籍は、稲盛和夫会長の『』という書籍です。

この本は、89歳の稲盛和夫会長が80年余りの人生を振り返り、そして50年以上の経営者人生を振り返って、一番大切だったことは何か?

という問いに、「心がすべてを決める」と答えている本です。

京セラを創業して1兆円企業に、そしてJALの再建まで果たした稲森会長が心をどうやって使ったのでしょう?

続きを読む

妄想!潜在意識に潜む 4つの落とし穴とは

妄想する」という表現をおもしろがって無邪気に使う若い方がいます。

似た表現で「想像する」という言葉がありますが、見えない潜在意識の分野に関わる言葉の線引きは難しいので、とらえ方は人によってさまざまです。

この記事では妄想と類語の違いを整理し、日本の精神医療の法改正の歴史と現状、妄想について知っておきたい点、潜在意識に潜む4つの落とし穴、注意点や対処法についても考察します。

さらに、どうすれば妄想潜在意識に潜む4つの落としを避けて活用でき、メンタル不調を未然に防ぎ、意義深い毎日を送れるかを説明してゆきます。
続きを読む

愛から始めて夢を持って成し遂げる3ステップ(ワーク)

誰でも簡単にできる新しいワーク「愛から始めて 夢を持って成し遂げる」をお伝えします。

コロナショックで、世界は一つになったと思っています。

もちろん、いろいろな意見、いろいろな考え方がありますから、全員が皆同じ方向で一つになると思ってはいません。安心安全なZoomや、テレビ会議などのオンライン化で、安心安全に一つにつながれた、という意味です。

続きを読む

ヨルダン川の2つの湖から学ぶビジネスを成功する秘訣

あなたはイスラエルに流れているヨルダン川という川の名前を聞いたことがありますか?

ヨルダン川には、2つの有名な湖があります。

同じ川の水が流れ込む、2つの湖のうちの一つは、ガリラヤ湖です。

ガリラヤ湖は、すごく美しい湖で、周りには木々が生い茂り、動物たちの憩いの場になっていて、集落ができて人が住んでおり天国みたいな幸せな場所です。

もう一つの湖は、「死の海」と書く「死海」です。

昔は、この死海は「死の海」と呼ばれていました。

同じヨルダン川の水が流れ込んでいますが、「死海」は塩水みたいになって、周りには草木も生えておらず、動物も住んでいません。

今は、逆にそれを観光で、塩水で体が浮くので、観光地になっています。

続きを読む

潜在意識おすすめ本 中村天風「運命を拓く」

こんにちは!まるげんの久家邦彦です。

今日の潜在意識のお勧めは、中村天風の「運命を拓く」です。

講談社から出版されています。

初版が1994年なので、今から25年前の本です。

中村天風の瞑想録として、講演をまとめた本です。

人生を開拓するという意味で、ひらくを拓くという漢字を使用しています。

続きを読む

「ザ・シークレット」は本当か?潜在意識・引き寄せの法則を活用したい方へ

ザ・シークレット

潜在意識のオススメの本は

ロンダ・バーン著「ザ・シークレット」です。

youtubeで「ザ・シークレット」は動画も公開されていますので、是非ご覧いただければと思います。

なぜ「ザ・シークレット」がお勧めなのかを解説させていただきます。

この「ザ・シークレット」には、過去の偉大な成功者

  • 発明王の「トーマス・エジソン」
  • ノーベル物理学賞の「アルバート・アインシュタイン」

他にも、

大富豪になった方たちや

国王、国を治めているような人たちは

潜在意識を活用する秘訣、引き寄せの法則という『シークレット』、

すなわち秘密を知って隠していたというお話です。

「ザ・シークレット」は、この潜在意識の活用方法を教える本です。 

続きを読む

潜在意識 おすすめ本 斎藤一人師匠は神様

今日のビジネス潜在意識お勧め本は、は斎藤一人さんの『斎藤一人 師匠は神様 (逆境に神風を吹かすスゴイ教え)です。

さくらグループ代表の尾形幸弘さん著書 マキノ出版から出てます。

斎藤一人 師匠は神様 (逆境に神風を吹かすスゴイ教え)

出版社: マキノ出版

斎藤 一人 (著), 尾形 幸弘 (著)

 

斎藤一人さんや一人さんのお弟子さんが書いた本がとても大好きで、「これはスゴイ !」とか「仕事に活かせる!」と思うところがあると、必ず本に付箋を付けます。

この『斎藤一人 師匠は神様 逆境に神風を吹かすスゴイ教え』本には、ものすごい付箋の枚数が付きました。

『師匠は神様』の副題は、「逆境に神風を吹かすスゴイ教え」と付いてます。

この本がお勧めの理由をお知らせします。

稀代の大商人・斎藤一人さんの人生哲学、経営論に惚れ込んだ尾形さんが、「もしも斎藤一人さんが居酒屋を経営したらどうなるか?」というコンセプトの居酒屋作り大成功しています。

尾形さんが経営している居酒屋は直営が3店舗と、暖簾分けの系列がさらに4店舗あります。

計7店舗あるそうです。

続きを読む

ビジネス潜在意識お勧め本 斎藤一人『商人道』から学んだ3つのこと

こんにちは久家邦彦です。

今日のおすすめ本は斎藤一人さんの『商人道』です。

PHP研究所 から2011年2月に出版されています。

斎藤一人 商人道

出版社: PHP研究所 

著者:  尾形幸弘

 

コンセプトは「斎藤一人さんがもし居酒屋を経営したら…」ということで、実際に北海道で居酒屋を大繁盛させている尾形幸弘(さくらグループ代表)さんという方が書いている本です。

実際に今も経営しているお店のオーナーの話なのでリアリティもありますし、明るい人柄も手伝って とても読みやすくて面白いです。

実は元々、歴代税額額1位で「日本一の大商人」といわれている斎藤一人さんの本が15年前に発行されましたが、その本が私は大好きです。
何度も何度も読んで、自分で音読したものを録音し、繰り返し繰り返し再生して、しかも2倍速3倍速で聞いていました。

自分の中に斎藤一人さんの行動、思考パターンを染み込ませ続けてきたんです。

そのうちの一冊がこの本です。

おすすめポイントは「すべての成功はアイデアから始まる」ということです。

商売で上手くいってる人にはアイデアがあります。

続きを読む