人が育つ秘訣【潜在意識を使って自分に自信を持つ方法とは】

「人が育つ秘訣」というお話を今回はしてまいりたいと思います。

私は昔聞いた話で衝撃を受けた話があります。

それは発明王のトーマスエジソンの子ども時代の話なんです。

トーマスエジソンの生い立ち

今では発明王と言われているトーマスエジソンですが・・・

小学校時代は「1+1は2」と習うところを、

「先生、2つの粘土を1つに合わせると、”1+1は1”じゃないですか!」

なんて質問をしたりしてきたりする子でした。

だから、小学校の先生たちは「この子は先生を困らせようとしてる」と思ったんでしょうね。

先生もエジソンのその好奇心がすごく嫌だったんでしょう。

先生はエジソンのお母さんにこう手紙を書きます。

「この子は性根が腐っている」

「この子は先生を困らせる子です」

「この子はうちの学校では教えられません」

そして、エジソンはその小学校を退学になるんですね。

「小学校」ですよ?

エジソンのお母さんがその手紙を読んでいるときに、、、

「先生からどんな手紙きたの?」とエジソンに尋ねられました。

その手紙は一切見せないで、お母さんはこう答えたんです。

「これはね、学校の先生がお前のことを”この子はすごい天才だからうちの学校では教えられません”と言って書いた手紙なんだよ。
お母さんがね、あなたを教えるから大丈夫だよ」

実は手紙の内容をエジソンは知らなかったんです。

そしてその後エジソンは数々の発明をして発明王になったあと、お母さんが亡くなったんです。

亡くなったお母さんの遺品の中から、その小学校の先生の手紙が出てきます。

それを見たときにエジソンはボロボロ涙を流して言います。

 

相手以上に相手を信じることが自信を持つことに繋がる

「僕のお母さんはこの手紙を僕に言わないで、僕のことを信じてくれたんだ。いつもお前ならできるっていうのを信じてくれたんだ。だから今の自分があるんだ」と、、、

「自分にとって本当にいいお母さんで、お母さんのために発明をしてきたけど、お母さんが今の僕を作ってくれたんだね。」と、泣きながら言うんです。

もしあなたがカウンセラーやコーチ、コンサル、セラピストなど、《人を教える職業》だったり、《人をサポートする職業》などの人が育つことに繋がるお仕事だったら、一番大切なことは相手のことを「相手以上に信じる」ことなんです。

少なくことも相手の可能性を信じてあげることなんです。

今はどんなに小さく、か弱く見えたり、ちょっと危なっかしく見えたり、危険なこととかやっちゃう人いるけど、「ダメなことはダメ!」と、ルールを守る規律は必要だけど、、、

「あなたならできるよ」と心から相手のことを信じてください。

すると相手は「必ず変わります」。

お母さんが子供を教える時に、一番子供がやって欲しいことは「信じる」ことなんですね。

ですから、相手のことをぜひ信じてください。

自信を持つために「あなた自身を、あなたが信じる」こと

そして相手を信じる前に、「あなた自身が、あなたを信じられるよう」になってください。

そのコツは「毎日自分との約束を守ること」です。

例えば、私は「2週間に6個のやること」を紙に必ず書くんですが、これは「必ずやり遂げる癖」をつけているんです。

ずっとこれをやってるから、「2週間で6個」ですが「1か月12個」は必ず達成するんですね。

初めはゴミ出しとかね、家のキーキー言うところに油を刺すとか、始めはそんなのから始めていいんですよ。

でも必ず自分の約束を守っていると、1カ月で12回、1年間で144回、10年間やったら1440回自分との約束を守っているから「勝ち癖」がつくんです。

自分との約束を「この人は絶対守る」って無意識…

つまりあなたの「潜在意識」が信じ始めたら、自然にあなたは「自信」を持ちます。

セルフイメージという言葉で、言う人もいますけど、もっと簡単です。

自分に自信を持つ、自分を信じられるようになるには、「自分との約束を守る」ことです。

やってみてください。

まとめ

これが土台となって、人のことを「本当に君ならできるよ」って心から信じてあげるのです。

今日の「ビジネス潜在意識トレーニング」は、「君ならできるよ。相手を信じる」というお話をしました。

ありがとうございます。

それでは今日も一日元気でがんばろう!

能力革命で人を幸せに!

 

・こちらの記事もおすすめです

 →【潜在意識活用のおすすめ本11選|初心者にわかりやすいランキング ベストセラー選び方・読み方

     
  

SNSでもご購読できます。