BST5ステップ 第2週目(ワーク)【引き寄せの法則 3つのワーク】

こんにちは!久家邦彦です。

今回は、動画第2話「自分の意思を宣言する」というセッションをご覧いただきました。

内容は、「物事は心に基づき作り出される」というお話でした。

  • 夢や願望および目標を、9割以上の人が叶えている秘訣。
  • 潜在意識活用の3つの勘違いがある。
  • 引き寄せの法則、12の落とし穴がある。
  • 夢や願望を実現する「まる現マップ」の作り方。

など、7つのステップについて、お話してまいりました。

まず、今回も動画の中のワークをぜひやっていただきたいと思います。

1.9つの点「行列イモムシの話」

動画をご覧いただいて動画をストップし、紙とペンを持って書き出しください。

まずは、9つの点「行列イモムシの話」からこのワークをやってみてください。

あなたが気付いたことを、ぜひ書き出してみてください。

さらに次の質問です。

 

2.ワークについて

ここからは、これから1週間かけてやるワークです。

動画第2話をご覧になり、引き寄せの法則で、あなたに当てはまっているものを書き出してください。

 

【ワーク1】「潜在意識活用法の3つの勘違い」について。

  1. 人生でどんなときに意思逆転の法則が起こっていると思いますか?

それを箇条書きで書き出してください。

 

【ワーク2】「代償の法則」をあなたは活用していますか?

  1. 活用しているなら、どんなときに活用しているか?
  2. どんなときにより質の高いサービスをより大量に、相手に積極的に無理なく、無駄なく、丁度良く、提供しているでしょうか?
  3. 活用してない場合は、これからどんなときに、代償の法則を活用するのでしょうか?

これらを箇条書きで書いてください。

 

【ワーク3】「波動の法則」を活用してますか?

  1. 活用しているときはどんなときに活用して、どんな結果になっているか?

を書き出してください。

一緒にいる人の波動は大切です。

豊かな人といたら豊かになりやすいのです。

何か悪いことをしてるグループに入ってしまったら、その時点から付き合う人を変えなければ、自分も悪い方に染まっていく可能性があります。

そんなときは波動を変える必要があります。

前向きな良い人たち、成長している人たちの波動に入ると、あなたも成長していきます。

 

【ワーク4】「引き寄せの法則の12の落とし穴」です。

あなたが落ちかけているかも知れない、もしかしたら落ちてしまっている、落とし穴を書き出してください。

そして、落とし穴をクリアにしていきます。

まる現マップの作り方について

ステップ5話は、動画第3話の「まる現マップの作り方」です。

あなたの夢や願望、ゴールを実現するマップを、1週間取り組んで作ってみてください。

基本的に3週間にわたってやりたいことを全て書き出すので、1週間ではできないかもしれません。

1か月でも2ヶ月かけてもいいので「まる現マップ」を作って持ち歩くことが重要です。

これは潜在意識、つまりあなたの無意識に働きかけます。

あなたの意識下にあなたのゴールをインストールして、どうやったらゴールを実現できるかということが完了すれば、アイデアはどんどん引き出されます。

これは「引き寄せの法則」や「思いが原因」と昔からいわれている法則を活用する上で、一番大切なことの1つです。

  • まずは、自分の願望や夢、目標を潜在意識に働きかけます。
  • そして、その想いを原因として現実を作っていくんです。
  • この地図をぜひ作っていきましょう。

もし、やりたいことが明確ではない方は、動画第3話を繰り返し、繰り返し見て、どうやったら夢や願望が明確になるかという秘訣を確認してみてください。

そこには、3つのポイントあるので、それを学んで実践してください。

まとめ

第2週は、自分のゴールや夢や願望を宣言するビデオを見ることで、あなたは潜在意識活用法の3つの勘違いに気付きます。

そして、マップを作ることであなたのゴール、方向性が明確になり、無駄な時間や付き合いがなくなっていきます。

ゴールが明確になると心が整理され、あなたのジャッジや判断がクリアになり、成長を加速することができます。

しかも、ゴールが明確だと行動した結果を測定し、改善を重ねることが簡単になるので、より細部まで気を配れるようになり、本当に大切なことに気付くことができます。

ぜひ、今回のワークをやってみてください。

第3週目では「マイナスの信念を、プラスの信念に転換する秘訣」のお話になります。

お楽しみにしていてください!

     
  

SNSでもご購読できます。