理想の相手に出会う!潜在意識活用のコツ

潜在意識を意識して行動すると、見えない理想の相手に出会えることも可能ではないでしょうか。

感じていることによって物事は作り出されるといわれていますが、本当だと思います。

またマーフィー博士は、あなたの人生はあなたが心に思い描いたとおりになるともいわれています。

ですが、ここで間違ってはいけないことがあります。

心に願うだけでは思った通りにはなりません。

しかし、強く潜在意識の出会いを意識することで人生が大きく変わることもあるのです。

信念を貫く

私は兄妹三人の末っ子で、親からも大事にされ何不自由なく過ごしていました。

ところが小学校5年生の時に、突然父が病気で亡くなりました。

会社経営をしていた父が亡くなったことで、子供心に世の中は大黒柱がいなくなっただけで、空気が変わるものだと感じました。

それまで頼みことばかりで寄ってきていた人たちが、すっと離れたからです。

それから数年後、今度は母が突然病気で亡くなりました。

突然一人になった高校2年の私は、これからどうやって生きていけばよいのかと、そのことしか頭にありませんでした。

私には亡くなった両親に喜んでもらえる人間になる、この思いだけでした。

この思いは常に自分が落ち込んだ時もマイナスにはならず、プラスの発想をさせてくれました。

5年後10年後、自分が働くようになって余裕ができたらこんなことをしたい、こんな人間になりたい・・、と理想の自分をイメージしていました。

そんな自分の信念ともいえる気持ちは、「人が財産」だと言い切っていた程、偶然とはいえ感謝の出会いばかりになったのです。

ひとりで生きていく

兄がいたとはいえ年が離れていたこともあり、甘えることも相談する人もできませんでした。

家に帰っても話す人はなく、夜は静かに自分の心の中への問いかけだけでした。

ですが決して孤独ではなく、未来の自分のために通信教育を受けたり、習い事をして理想の自分に近づく夢を見、まさにイメージをするのが習慣でした。

愛情たっぷりに育った私は、亡くなった両親がこの場合はこう言うだろうなと想像し、両親に喜んでもらえる人間として成長することに決めたのです。

叱られた記憶がないのは、子供の時なのでいいことしか覚えていないのかもしれません。

しかし母から言われていたことの一つに「何をするにも頭を使いなさい」「知恵を使いなさい」この言葉だけはが強烈に心に残っています。

もちろん、大学進学もあきらめました。

それどころか就職も両親がいないという理由で、希望先は受けられませんでした。

こんな時に、ピンチはチャンスと思えたとはいいがたいですが、私は自分の力をいかして生きていくことに決めたのです。

実力主義の会社の試験を受け合格したときは、そこで他人とは違う能力をいかすことを努力しようと思いました。

マイナスをプラスに変えて生きる生き方は、潜在意識を活用して生きることに近いと思います。

学校の先生には無理だと言われましたが、自分に強い思いができていたので、その波動が実力主義の会社の人事部長との出会いを、引き寄せたのではないかと思います。

光が差した経営者との出会い

就職先の会社では管理能力を認められて、2年目でチームリーダーになりました。

おかげで、同期入社の男性よりも、高いお給料をもらうことができました。

一代で会社を大きくしたとても厳しい社長でしたが、私の恩人ともいえるすばらしい経営者でした。

仕事をするにもどうしたら人より早く正確にできるのかを常に考え、工夫することで認められた第一歩です。

仕事では営業部で入ったつもりでしたが、設計部に回されました。

人に接する方が好きだと思っていたので、設計の仕事は難しいのではと躊躇していましたが、半年間の実施訓練後には設計の仕事が生きがいになってしまったのです。

生涯描くことを仕事にしようとこの時決めたのも、自分の潜在意識を他人に引き出してもらったおかげだと思います。

出会いに感謝です。仕事に向き合う厳しさを学びました。

おかげで最初の経営者との出会いは、勇気をいただき、力強く人生をスタートすることになったのです。

光と影

人との出会いは、その後も次々と不思議なことが起きました。

一人ぼっちの私でしたが、いつも自分の財産は「人」だと言葉にしていました。

だから、友達も多く、どんなにつらくても幸せでした。

そんな時、今度は親代わりの兄が、病気で倒れてしまいました。

まだ20代の私は、頼れる親戚もお金もない、どうして自分ばかりこんなことが起こるのだろうと思いました。

兄の生活を援助しなくてはいけない側に、なりました。

結婚して子供が生まれたばかりで、勤めに出るわけにはいきません。

何とかしなくてはいけないので、必死の思いでした。

この話を聞くと大変と思われるかもしれませんが、この時も自分が援助される側でなくてよかった、援助できる力があるから頑張れと言われているような気持ちでした。

どうすれば家族にも負担なく病院通いができるのかと、知恵を絞りました。

知恵を絞るというのは、幼い時に母からいつも言われていた言葉なので、心の中にしみこんでいます。

忘れられない言葉です。

どんなに大変なことが起きても、心の中が「大丈夫」と言ってくれるので、自分ならきっと乗り越えられると、強い気持ちになることができるようになります。

今考えれば、これも潜在意識の活用の一つだと言えるでしょう。

人だけではなく、起こる出来事も出会いです。

潜在意識の出会いを活用すれば、いいのだと思います。

みんな平等に、いいことと、悪いことが起きます。

諦めずに、これを乗り越えたら、きっといいことがあると信じていくことです。

チャンスをもらえた経営者

兄の病気で大変だった頃に、字を書くことが得意な人を探している会社があるからと、紹介されました。

区画整理や宅地開発の仕事をする設計事務所でした。

この会社が市内の殆どの団地作りを、設計していました。

私は山を切り開いて団地にしていく工程図面に感動し、心が躍りました。

未知の仕事でしたが、絶対にしたくて、タダでいいからさせてほしいとお願いしたのです。本気でした。

半年間勉強しながら図面が書けるようになり、そのうち在宅で仕事を請け負ってするまでになりました。

見たこともない特殊な仕事です。

始めから出来ない、無理だと諦めていたら、この後の私の人生は大きく変わっていたと思います。

出会いには意味があるのです。

少しでも出会いに感謝し、この出会いはなんだろうと考えて見ることです。

挑戦してみることに無駄はありません。

出来なかったとしても、この出会いから生まれた何かを未来に繋げれば、チャンスは広がるものです。

子育てで働けない、収入は欲しいと思っていた私には、本当に助かりました。

いまではテレワークも当たり前ですが、当時は働くことさえ難しい時代だったのです。

諦めていたら、パートに出る事になっていたでしょう。

出会いを活かし、結局は自由な時間を使ってできる仕事となり、報酬も標準金額よりも高くいただけました。

思い願った通り、働く時間半分収入三倍となったわけです。

「頭を使って豊かになれ」の本の通りだと思います。

2番目に出会ったこの経営者との縁が、このあとも自分の得意を生かして仕事をしていくことに拍車をかけました。

子育ての間の15年も、フリーで設計製図の仕事を請け負ってできたことには、感謝しかありません。

私の潜在意識のチャレンジ精神が、この出会いによって、顔を覗かせ微笑んでくれたようでした。

強烈経営者との出会い

宅地開発の仕事を終えたころに、兄が再度倒れ半身不随、植物人間となり亡くなりました。

情報が今ほど発達してなかった頃なので、わからないことを調べたり、とても苦労しました。

自分がとても困ったので、若い人が倒れたり介護状態になった時にどうしたらよいかなど、勉強して情報を伝えられるようになりたいと思いました。

誰かの役に立ちたいと思った私の気持ちを察したかのような出会いでした。

そんな時に出会ったのが、3番目の経営者です。

当時、日中経済友好協会のボランティアをしていて、青島の大学教授方々との交流から、自分を表現するという事を教わりました。

人間関係の環境が、大きく変わり始めた時です。

その中国との交流のお世話で知り合った保険代理店のオーナーから、仕事を手伝ってほしいと頼まれたのです。

情報発信ができるようになりたいと思ってはいたものの、これまでの書く仕事とは違い、知識も行動力も必要となる責任ある仕事です。

人は好きだけど、その仕事が自分にできるか、また向いているのかどうか悩みました。

自問自答しました。

本当は昔やりたかった営業の世界に入ってやってみるべきだと、心が叫んでいるような気がしてきたのです。

人との出会いで変わってきた自分が、そこにいました。

ここは、心の叫びに素直になることに、決めました。

厳しい保険の世界ですが、経営者のお客様を一番に考える姿勢と行動力、厳しい考え方に学びがあったのです。

この代理店が街で一番になるお手伝いをしようと目標を掲げ、ついに仕事をスタートしました。

出会いを一番に考えた結果です。

これまでの仕事とは真逆で、「静」から「動」への転換は、驚きと恐怖のような毎日でした。

それはこれまでの経営者とは違い、弾丸ロケットのような頭の回転も速く、喋りも速い方でした。

言葉を理解するだけでも無理なのに、イエスかノーか即決を求めてこられるような、経営者だったからです。

日本中を講演して走り周り、何人に会ったかカウンターをもって毎日活動する姿に、圧倒されました。

しかし、自分流でいい、私なら絶対にできると言われ続けたのです。

自分では気が付かない心のポケットを引き出して、一歩ずつ広げていただきました。

それからは自分の理想像を胸に、お客様の輪を広げていきました。

人の役に立つ、お助けマンのようなこの仕事が、自分の大好きなことだと分かりました。

3番目に出会ったこの経営者によって、大きく自分が変化したのです。

自分の中で、潜在意識急速に動き始めた事に、私は感動すら覚えます。

実現すると決める

願いはかなうと言いますが、思っているだけではだめなんです。

目標に向かって意識して努力すること、自分はきっと実現すると決めることが、出会いを引き寄せると確信しました。

必ず叶う、自分は必ず幸せになると決めることです。

神様は、私に困難な道を与えました。

それは耐えられる人間だと思われたからで、私はチャンスを与えてもらったのだと思っています。

潜在意識の出会いを意識する

今、私は潜在意識の活用を学んでいます。

無意識ではなく、意識して潜在意識を使い、閉じ込めていた潜在意識をいかすようになりました。

昔からいつも私は、「運がいい、強運だから」と口にしていましたが、さらに実感することが増えてきたような気がするのです。

いい出会いが、引き寄せられるように周りに増えてきました。

どんな大変な問題や困難も、強い気持ちで立ち向かい、必ず乗り越えられると思えるようになりました。

潜在意識の出会いを意識することで、さらにもっといいことが起こる気がします。

潜在意識と出会い

もうひとつ私には、絶対に外すことのできない出来事があります。

まさに、潜在意識と出会いです。

小さな町に図書館がなく、子供同士が触れ合う場所がなかったころのことです。

人との出会いを一番に考えていた私は、生まれてまだ半年の子供をおんぶして自転車に乗り、歩けば40分かかる場所まで、毎週本を貸しだしできる場所を作るために通っていました。

狭くてもいいから、いろんな人との交流の場ができたらいいなと、思っていました。

慣れない土地、知らない人達ばかりでしたが、自分の直感で出会った人達に声をかけて、賛同してもらうことを始めました。

手伝ってくれる人達が増え、町をあげて、協力してもらえるようになったのです。

そんな時、図書館から助成金応募の話がありました。

すぐに応募しましたが、一度目はだめでした。

東京の大手商社財団で、審査は厳しかったのですが、諦めず、三度目の挑戦で審査に通りました。

本当に、夢のようでした。

予算も本棚や図書購入費、カーペットなど高額な見積りでしたが、結果3回にわたり合計150万円もいただき立派な交流コーナーを作ることができました。

理想とする場所の絵を自分で描き、応募先に提出したのです。

自分でも、毎日眺めていました。

その夢が、現実となったのです。

本当に、夢がかなったのです。

まさかこんなことが起きるとは、想像すらしていませんでした。

一途にこんな場所が欲しいと諦めないで、その場所をイメージして願い続け、努力した結果でした。

そして、またここで、審査に来られた担当者との出会いが、私の価値観までも変えました。

特に東京本社での授賞式やパーティーなど、世界中の人たちとの出会いは、30代の私には衝撃的でした。

個人の小さな図書活動ですが、そのことによって出会った多くの人たちから得たものは宝物です。

このプロジェクトを成功させたいという強い思いが、人との出会いを引き寄せたと思います。

まさに、人は私にとって「宝」であり「財産」だと言い続けてきた証だと思います。

最後に

人との出会いは、私の人生を色濃くしてくれました。

限りある人生の中で、どこまで自分を引き出せるかは自分次第なのです。

スタート時点では大きなマイナス袋をかかえての出発でした。

そのマイナス袋を出会いによって色濃くし、素直に行動することでプラス袋にいくつも味をつけて変化させる事ができました。

自分の潜在意識を引き出すことができる一つに、出会いがあるのです。

潜在意識を意識して使うことで、豊かな人生になることでしょう。

私は潜在意識を学ぶことで、これからさらに多くの人のお役に立ちたいと思っています。

 

ビジネスメンタル1Day実践セミナー&講座説明会  大人氣開催中!

多くの人は自分で自分の可能性を狭めてしまうような「思い込み」を持っています。

そして、最もやっかいなのは、その思い込みを「事実だ!」と捉えてしまっていることです。

だから自分自身では、自分が持っている思い込みに気付かないんですね。

ではどうすればいいのか?

自分を客観的に見れるように「ビジネスメンタル」を身に付ける必要があるのです!

たった1つに思い込みを外してあげることで、無理だと思っていたことも、あっさりとできるようになることもあります。

あなたも「なぜか自分はうまくいかない」というお悩みをお持ちであれば、ぜひ『ビジネスメンタルの学校』1dayセミナー&説明会にご参加ください!

あなたのご参加お待ちしています!

1Day実践セミナー&講座説明会、大人氣開催中!

どんどんお席が埋まっていますので、お申し込みはお早目に

1Day体験セミナー今だけ10,000円→2,000円

お申込みはこちらから!

▼ ▼ ▼ ▼

 

     
  

SNSでもご購読できます。