中々できない、潜在意識を使いこなす方法!

この記事に出会ったということは、「潜在意識」というキーワードに何かしらの興味を持たれていることだと思います。

更に言うと、

  • 自分の潜在意識がどんなものなのかを知りたい
  • 潜在意識を使いこなす方法を知りたい
  • 潜在意識を使って人生を好転させたい

という思いをお持ちなのではないでしょうか?

最近は潜在意識についての書籍もたくさんありますし、「潜在意識」というキーワードで検索すればインターネット上でも多くの記事がありますし、YOUTUBEでも多くの動画が見つかります。

私自身も、久家邦彦さんからビジネス潜在意識トレーニングを学んだり、いくつもの書籍を読み知識を蓄えたりして、その中の一つの方法、あるいはいくつかの方法を混ぜたものを使いながら潜在意識を使いこなそうとしている途中です。

今回は、そんな私が実践して効果を実感できた方法をお伝えしたいと思います。

潜在意識って何?

そもそも潜在意識とは何でしょうか?

潜在意識を使いこなす方法をお伝えする前に、まずは「潜在意識とは何か?」ということについて、簡単に説明いたします。

昔から多くの学者や知識人が潜在意識について考察を重ねています。

最近では、ビジネスに取り入れたりすることもありますし、「引き寄せの法則」等の潜在意識を用いた人生を好転させる方法も有名ですね。

さて、「潜在意識」は「無意識」とも言われることがありますが、氷山に例えられることが多いです。

人間の思考全体の内、海の中に沈んで隠れている部分が潜在意識で、海面から出ている部分が意識と言われています。
つまり、人間の思考や行動のほとんどが潜在意識の支配下にあるということです。

「ホントですか?私は『自分で考えて、行動を決めて、自分のやりたいことを』しています。」

という声が聞こえてきそうですね。

意識している部分についてはそうですが、「潜在意識」あるいは「無意識」とも呼ばれる意識は常に人に影響を与えているのです。

  • あなたは自分の心臓の鼓動をコントロールしていますか?
  • 食べた物を意識して消化していますか?
  • 無意識に呼吸していませんか?

このように、人間は意識していない部分で勝手に身体を動かしているのです。

これらは自律神経の働きによるものですが、自律神経以外にもあなたの潜在意識が勝手に働き、あなたの行動に影響を与えていることがあります。

→ 潜在意識と顕在意識の違いについて、教えてください。

潜在意識が自転車に乗せてくれる

潜在意識が我々の行動に影響を与えているという例を挙げてみましょう。

まずは、「自転車に乗っている自分」を想像してみて下さい。

自転車に乗る時、あなたはどんなことを考えながら乗っていますか?

想像できない方は実際に乗ってみて下さい。

  ・
  ・
  ・
  ・
いかがでしたか?

どんなことを考えながら乗っていましたか?

  • 速く走ろうとか、
  • ゆっくり走ろう、
  • 右に曲がろう、
  • 狭い所を走るから注意しよう、

等のことは考えていると思いますが、『夕飯何にしよう』とか、関係ないことを考えながら乗っていることもあるのではないでしょうか?

では次に、初めて自転車に乗った時のことを思い出してみてください。

最初は転ばないように身体を動かしてバランスを取ったり、スピードが落ちないように、あるいはスピードを上げるようにペダルを漕いだり、ハンドルをどっちに動かしたらいいんだろうとか、色々考えながら乗っていませんでしたか?

最初は色々なことを考えながら乗っていても、慣れてくると考えることなく色々なことができるようになります。

これこそが潜在意識が自転車の乗り方を学習した結果です。

これでも、あなたは自分の全ての行動を『自分で考えて、行動を決めて、自分のやりたいこと』をしていると言えますか?

→ 潜在意識トレーニングの効果を実感

潜在意識があなたの行動や反応を支配する

先程、自転車は無意識が乗せているという話をしましたが、実は「自転車に乗る」という行動だけでなく普段の何気ない生活習慣や、口癖、考え方も潜在意識が影響を与えているのです。

自転車に乗る、乗らない。というのは人によっては無関係かもしれませんが、ご飯の食べ方や人との話し方は全ての人が無関係ではいられませんよね?

ご飯の食べ方が汚い人もいれば、綺麗に食べる人もいます。

恐らく親の教育や、周りの人の影響がその人の食べ方に影響を与えたのだと思いますが、そのような食べ方をしている本人は意識せずに食べているはずです。

話し方も同じです。

物凄く早口でまくし立てるような話し方をする人もいれば、ゆっくりと話す人もいますよね。

早口で話している人は無意識の内に早口で話しているので、自分が早口だという認識は無い筈です。

行動や口癖は人に見られることも多いので気付くことが出来るかもしれませんが、考え方など人の目に付きにくいものは中々気付くことが難しいですね。

悪口を聞いた時、いつもなら笑って流すことが出来るようなことなのに、体調が悪い時は、腹が立ったり、落ち込んでしまったことはありませんか?

これも、無意識の内に悪口という(出来事)に対して「怒る」「落ち込む」という(反応)をしてしまっているのです。

勿論、これは心身のコンディションが悪い時に限らず、日常の生活の中であなたが反応しているモノ全てに言えることです。

どんな出来事に対しても、ネガティブな考え方をしていれば、常に不安が付きまとい機嫌は悪くなってしまうでしょうし、ポジティブな考え方をしていれば機嫌よく過ごすことが出来るはずです。

出来事に対する反応や考え方の傾向も無意識の内にあなたが選択しているのです。

行動が感情を支配する

ここまで、潜在意識とは何か、人にどのような影響を与えているかという話をしてきました。

この潜在意識を使い回こなし、「物事」に対する「反応」をコントロールすることができれば毎日をポジティブに過ごせると思いませんか?

「そんなこと言われても、どうやってもその行動を取ってしまうんだから、しょうがないじゃないか!どうしろと言うんだ!!」という声が聞こえてきそうですね。

確かにその通りです。

潜在意識は意識の深い部分で働いている以上、表からは見えないのですからそう簡単に変えることはできません。

潜在意識を使いこなすための話をする前にもう一つお話させてください。

「潜在意識があなたの考え方や行動に影響を与える」というのは前述したわけですが、実はその逆も言えるのです。
どういうことかというと、「行動を変えれば潜在意識も変えることが出来る」のです。

「笑う門に福来る」という言葉を聞いたことがありますか?

福(楽しいこと)があるから笑うのではなく、笑うから楽しいと感じるのです。

それを証明する、ある実験が行われました。

  • 怒りを示す表情を作る動作(眉間にシワを寄せたり、歯を食いしばる動作)をすると、どのような感情の変化が起こるのか?
  • 笑顔のような表情を作る動作(口角を挙げる動作)をすると、どのような感情の変化が起こるのか?
  • 泣いているような状況(涙腺の近くに水を垂らす)を作ると、どのような感情の変化が起こるのか?

という実験です。

この実験はどのような結果になったのでしょうか?

  • 怒りを示す表情を作る動作をすると、怒りの感情が強くなる。
  • 笑顔のような表情を作る動作をすると、楽しい気持ちが強くなる。
  • 泣いているような状況を作ると、悲しい気持ちになる。

という結果になりました。

つまり、笑顔を作ったりして楽しい気持ちを表現する行動を取れば楽しい気持ちになるのです。

行動を変え、潜在意識を使いこなすことが出来ると何が起きる?

  • 潜在意識(無意識)によってあなたの行動や感情は一定の傾向を持たされている
  • 行動によってあなたの感情は変化させることが出来る。

ということは納得していただけたでしょうか?

「笑う門に福来る」の言葉通り、普段から表情やボディランゲージ等の動作、話し方、声の大きさ、口癖等、色々な仕草を楽しい気持ちや前向きな気持ちを表現する仕草をとっていれば、どんな時でも気持ちが落ち込みすぎることを防ぎ「自分の機嫌を自分で取れる」ようになるのです。

更に言うと、あなたがどんな人間になりたいのかを明確に意識し、その人物が取るであろう仕草をすることによって、あなたはその人物に近づくことが出来るのです。

さて、あなたの「普段の何気ない仕草」はどんな人間を指し示す仕草になっているでしょうか?

ドラマの小物がするような仕草をしていませんか?

そして、あなたが理想とする人物の仕草になっていますか?

大物俳優がするような仕草を目指してみませんか?

行動を変え、潜在意識を変えて、あなたが思う理想の人間へと近づいてみませんか?

行動や仕草を変えるためには?

では、これらの仕草を変えるためにはどうしたらいいのか?

気になりますよね?

その方法は非常に簡単です。

“気付いて、直すこと”です。

当たり前のことですが、これ以外に方法はありません。

間違った道を進んでいたとしても、自分がどこにいて、どこに向かっているのかに気付けなければ正しい道に戻れませんよね?

自分の仕草に気付く方法は色々あります。

『周りの人に注意してもらう。』というのも一つですし、直そうと思った行動をしてしまった時に何か決まった行動をするということも一つです。

ネガティブなことを言ったら自分にデコピンをする。等ですね。

普段から気にしていれば、してしまったことに気付くことが出来るので、そこが直すためのチャンスです!

一日どれくらい気付いて直したらいいの?

“気付いて直すこと”で行動を変え、潜在意識を使いこなす方法が分かりましたね。

では、どれくらいの時間が掛かるか。が気になりますよね?

これは、人によって違いますし、どんな行動を変えたいのかによって変わってきます。

ある研究では

  • “日記をつける等の行動”を定着させるには3週間、
  • “ジョギングするなどの運動習慣“を定着させるには3か月
  • “ポジティブ思考などの思考習慣”を変えるには6ヶ月

かかると言われています。

何にせよ、

  • “あなたが何を変えたいのか”
  • “どれだけのエネルギーを費やすのか”

が重要になってきます。

自分を変えるためにはそれなりの覚悟とエネルギーが必要になります。

・あなたが本当になりたい自分はどんな自分なのか。

・そのためにはどんな行動や仕草を、変えていけばいいのか。

・自分が理想とする自分になった時のあなたはどんな姿でいるのか。

を想像してみてください。

想像するとワクワクしませんか?

そのワクワク感こそが、“今の”あなたを“理想の”あなたへ変えるためのエネルギーです。

紙に書いたり、携帯電話にデータをいれて、毎日いつでも見れるようにして、ワクワクエネルギーを作っていきましょう!

『潜在意識を書き換えて、理想の人生を生きられるようになるには、どのくらいの期間で可能ですか?』

潜在意識を活用する際に注意して欲しいこと

さて、ここで注意点です。

ここまで色んなことを書いてきたわけですが、「潜在意識」という言葉に関連して多くの人が色んなことが書いていますが、実際に実践した方はどれくらいいるでしょうか?

もしくは、その方法を実際に行って、潜在意識を活用して人生を変えることが出来たという人はどれくらいいるでしょうか?

効果が実感できた人もいれば、実感できない人もいると思います。

何故なら、あなたが今まで見てきた記事に書いてある知識や潜在意識を使いこなすための方法が書いてあったとしても、あなたがその方法を本当に納得して実践できるか、実践したとしてもどれ位の期間で効果が出るかは人それぞれです。

効果が出る前に止めてしまえば効果は出ませんし、あなたにとって合っていない方法をしてしまってはやはり効果は出ません。

やり方が違うのであれば別の方法で「トライ&エラー」です。

効果が出るまで続けていきましょう。

そして一番注意しないといけないのは「計測していないこと」です。

あなたが治したい行動を一日の内でどれ位の頻度でしているかが分からなければ、どれほどの効果が出ているのかが分かりません。

周りの人が自転車で100メートル走れたとして、あなたが10メートルしか走れないとしても、以前のあなたが1メートルしか走れなかったのだとしたら9メートル成長しているわけです。

「周りの人と比べて走れていない。」というのは事実かもしれませんが、あなたは成長できているのです。

周りと比較するのではなく「昨日のあなたと比べて、1%でも成長できている」としたらそれだけで、あなた自身に丸を上げてください。

1日たった1%の成長でも100日続けば、今のあなたの2.7倍成長できるのです!

まとめ

 

ここまで、

  • 行動は潜在意識の影響を強く受けている
  • 感情が行動を一方的に支配するだけで無く、行動も感情に影響を与えている。
  • 行動を変えることで感情をコントロールすることができる
  • 行動を変え、潜在意識を変えるための方法と期間
  • 注意して欲しいこと

について書いてきました。

潜在意識は普段のあなたの行動や考え方に深く影響を与えています。

今まで潜在意識に振り回されて、成功したことも失敗したこともあるかもしれません。

しかし、あなたの行動や考え方を意識的に変えることで、潜在意識を変化させ失敗を成功に導くことができればあなたの人生は楽しいものになります。

明日からと言わず、今日から、今すぐに自分の潜在意識に語り掛けてみませんか?

今までのあなたは「明日でからでいいや」と思うかもしれません。

それこそが潜在意識の支配力ですよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事をお読みのあなたのお力に少しでもなれれば幸いです。

『潜在意識を信じてなかった私が、言われる通りやってみたら人生が大きく変わりました!』

     
  

SNSでもご購読できます。