楽々ダイエット!潜在意識を活用すれば簡単に1ヶ月で痩せることが出来る!?

今回は、潜在意識と痩せるというテーマで話をします。

皆さんの中でダイエットを始めても、途中で諦めてしまうとか、継続できないということが多い方がいらっしゃいますか?

努力してやろうというふうに気合を入れてやり始めても、続かないことがありますか?

そのような方に、とっておきの朗報です。

これは、潜在意識の特性を活かした簡単なダイエット方法です。

1ヶ月で目標を達成出来た人も続々です。

潜在意識の特性

ダイエットの話の前に、潜在意識の特性について、シェアさせてください。

日常生活の中で無意識に行うことで、例えば自転車の運転を、「今、右足が踏み込んだ、次は左足を踏み込む、両手でバランスをとって」などと考えながら運転していないと思います。

いわゆる「体が覚えている」というものです。

無意識は日常の中で、ほとんどの場面で活躍しています。

椅子に座るのに意識したり、歯を磨くのに意識したり、服を脱ぐのに意識したりしませんよね。

日常生活の95%以上が、無意識で行動しています。

そして無意識は潜在意識のことです。

何か物事を始めたときに、最初は張り切って始めますが途中からやめてしまうと言う事は、実はこれも潜在意識の仕業なのです。

潜在意識は、自分の命を守ることを最優先にしています。

つまり、日常と違うことを始めるのをとても嫌うのです。

なぜなら、未知の出来事は命の危険を孕む場合もあるからです。

だから「今まで通り」が大好き。

潜在意識は今までと違うことを始めると、反発します。

 

潜在意識は思考にも影響します。

それぞれの人間が、育った環境や個々の性格により一人一人考え方が違うように、1つの事実があっても色々な「思い込み」があります。

よく例えられるものとして、「コップに水が半分入っている」という事実があった時に、Aさんは「コップに水が半分しか入っていない」と思い、Bさんは「コップに水が半分も入っている」と思います。

事実は「コップに水が半分入っている」という事だけです。

しかしAさんは「半分しか入っていない」とネガティブに捉え、Bさんは「半分も入っている」とポジティブに捉えます。

事実は、ポジティブでもネガティブでもありません。

 

実はこれと同じようなことが、世界中のあちらこちらで起こっています。

つまり物事の幸不幸は、人々の「潜在意識」「思い込み」の中で作られているのです。

また潜在意識は、嘘と本当の区別がつきません。

現実と妄想の区別もつかないのです。

潜在意識を操る方法

そんな潜在意識の特性を生かして、自分の目標に向かって、あきらめずに希望通りの人生を送るための秘訣があります。

潜在意識を「自動操縦」する方法です。

自分の叶えたい願望や目標を、潜在意識の中に組み込んでしまえば、勝手に自動操縦してくれます。

いつの間にか、「目標を達成している」という状態が作れるということなのです。

なので努力や根性なしで、自然に行動をしてしまう、行動せずにはいられない状態になるのです。

ダイエットする前に〇〇すること

「思い込み」も大事ですが、行動しなければ物事は前に進みません。

結婚願望がある人が、一生懸命お祈りをしていても、家にこもっていては、白馬の王子様は、家に訪ねてくることはありません。

やはり外に出て、行動しなくては望みは叶いません。

その行動を、努力や苦労と思わずにできるというのは、画期的な方法です。

例えば、ダイエットをして、痩せるという願望がある人がいたとします。

その人は運動や食事制限をする前に、潜在意識に何度も何度も「自分は痩せてきれいになる」ということを言い聞かせます。

潜在意識が動き出す

すると、潜在意識は現実と妄想の区別がつかないので、この人は痩せてスタイルが良くなったのかと勘違いし出します。

実際の現実との整合性を合わせるために、潜在意識は痩せるための、ありとあらゆる情報を、シンクロニシティー(意味のある偶然の一致)として登場させます。

シンクロニシティーとは、例えばこのダイエットしたい人の場合、寄るはずのなかった本屋に、とても興味のある「短期間で痩せるダイエット本」があったとか、ふと通りかかったスポーツジムの前で、自分好みのイケメンが通っていることを知り、つい入会してしまったなど、この人の「痩せるための目標が叶うような、シチュエーションが起こること」を指します。

そして、この人はだんだん思考が、痩せてスリムになった時のものに変化しだし、自分がスリムだった場合、夜遅くお菓子を食べる、脂っこいものを好んで食べる、お腹いっぱい食べるなどということをするだろうかと、自分の食生活に疑問を持つようになります。

潜在意識が勘違いし出して来て、「痩せてキレイになっている自分」と現実の自分の生活態度に矛盾があることに、疑問を持ち文字通り「心の底から」今までの生活習慣を嫌になります。

自分はスリムなのだから、その体型を保つために、朝のジョギングをしたり、ジムに通ったり、毎日の食事に気を遣ったり、規則正しい生活を送るなどが、当たり前だと自然に思うようになります。

またスリムなのだから、おしゃれな服装を好むだろう、きれいなヘアスタイルにしておくだろう、と外見も気にするようになります。

しかもそれらは、全て自分でやりたくて、やるようになります。

もっと言えば、「痩せるために、やらずにはいられなくなる」のです。

自分では苦労や努力をしているつもりはないので、楽々と目標を達成して痩せることができます。

これはダイエットに限らず、何か目標を持って始めるときにも有効な手段です。

以上により、物事を始めるときは、そのノウハウをすぐに始めるのではなく、潜在意識の特性を利用するのです。

いわゆる「思い込み」を逆手に取って、何度も何度も叶った時の思いを、自分に言い聞かせ、その行動をしないではいられない位になってからダイエットを始めた方が、結果的に早く目標に到達することができるでしょう。

潜在意識はイメージが先、現実が後

ここまで読んでこられた皆さんの中に、「そんなにうまくいくわけがない」と思われている方もいらっしゃるでしょう。

日常生活の中で、「嫌なことが起こったから、不愉快な気分になった」ことがあって、「現実が先、思考が後」と思われている方も多いと思います。

実は反対で、「イメージが先で、現実が後」なのです。

何か嫌なことが起きた場合、「過去に自分が何か嫌なイメージを抱いた結果、現在、嫌な出来事が起きている」ということです。

大抵の場合、数週間から数ヶ月のタイムラグがあるため、気付きづらいのです。

まさか、数ヶ月前に起こった〇〇の嫌なイメージと、たった今起こった嫌な出来事がリンクしているなんて、誰も気づかないし、気づく人は凄すぎです。

 

速攻で起きる場合もあり、その時はわかりやすいです。

例えば、朝、家族と喧嘩をして、モヤモヤした気分で外出したら、立て続けに嫌な出来事が重なったというような事はありませんか?

自分には自信がないと思っている人が、「ますます、自信をなくすような出来事が起きた」ということは、ありませんか?

その時「ほら、やっぱりね」と思いませんでしたか?

悲しいことに、ネガティブなイメージをして、現実がその通りになったときは、信じてしまうんですよね。

潜在意識は、良い事悪い事の区別がないので、ネガティブだろうがポジティブだろうが、その人がイメージしたことを現実に起こすのです。

自分のイメージした事が先で、後から現実として起こっているのです。

ただそれが自分にとって、ネガティブな出来事だったので分かりづらいですが、潜在意識は、「自分の思い描いた通りに、現実を作っている」のです。

そのネガティブな出来事を、自分の望む出来事に変えてイメージするだけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

潜在意識とダイエットは、一見全く関係がないように思えますが、実は深く関係しているのです。

宇宙に望みを投げかけて、後は潜在意識にお任せすれば、自動操縦により、黙っていても行動したくなり、行動すれば目標達成に向けて、潜在意識が次々と最短距離で、次のやるべき行動を促してくれます。

そして結果的に、楽々と目標を達成できるということになります。

自分は「思い込みが激しい」と思っている方、チャンスですよ!

その「思い込み」は、きっとあなたの味方になってくれることでしょう。

 

潜在意識についてもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ↓

自分の中にある潜在意識と日常の中にある奇跡

 

 

     
  

SNSでもご購読できます。