THIS IS IT


マイケル・ジャクソンの映画『THIS IS IT』を見てきました。
マイケル・ジャクソンの曲や、ムーンウオークは聞いたことがありましたが、実は映画やライブを見るのは初めてでした。

「なぜ?マイケル・ジャクソンが世界的な大スターなのか?
映画『THIS IS IT』を見ることで、その理由がわかった氣がします。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

人生はつらいかもしれない。でも人生には何かがある。

「それが、これだ!!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆映画『THIS IS IT』は2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンが、同年夏にロンドンで開催するはずだった幻のコンサート『THIS IS IT』のリハーサルとその舞台裏を収めたドキュメンタリーです。

映画は、世界中からオーディションに集まったダンサー達へインタビューから始まります。
マイケルとステージで踊るために集まったダンサーの熱意は「感動」そのものです。

◆オーディションを受けに来た、ひとりのダンサーが言います。
涙をながしながら・・・
『人生はつらいかもしれない。でも人生には何かがある。』

『それが、これだ!!』

『THIS IS IT!!』

◆墓場から幽霊がよみがえる「スリラー」の映像やハンフリー・ボガートとともにマイケルの踊りや歌がイメージとして焼きついてきます。
さらに100時間以上に及ぶ歌や踊りやパフォーマンスの映像とともに、『舞台裏でのマイケルの素顔』が映し出されています。
世界的な大スターとなったマイケルの、作品を創造するときの拘りや、それを支えるスタッフ達とのコミュニケーションのとり方は
『必見です。』
「マイケルは天国言葉の人です」と教えてくださった太田さん!
本当にありがとうございます

◆監督は、ロンドン公演そのものの演出も務めていたケニー・オルテガ。
完璧を期する表現者としてのマイケル自身は、作品には徹底的に拘り人や地球には、人種の壁を越えて『愛』をもって接していたのですね。
映画のエンディングでは、超満員の映画館の観客から『マイケルありがとう!!と拍手』が送られました。
映画館で拍手が起こる映画をみたことも始めての経験でした。
マイケルのご冥福を心よりお祈りいたします。
『大きな愛をありがとう、やすらかにお眠りください。マイケル・ジャクソンへ』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

■自分のメッセージを自分の言葉で伝えよう

■作品に拘ると同時に、廻りの人との調和を大切にしよう

■偉大な人の根本には『大きな愛』がある

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
新大久保にある豚肉専門店『豚かん』というお店に行きました。
韓国料理のお店が並ぶ中、かわいいブタさん[E:pig]の絵が看板にあり思わず入ってしまいました。

お店の一番人気というサムギョプサルの食べ放題を注文しました(*^ω^*)ノ彡

テーブルには石板がガスコンロにななめに乗っていて豚肉の余分な脂を取り除ける仕組みに!!
豚の三枚肉の焼肉は、サムギョプサル
(サム=3、ギョプ=層、サル=肉)と呼ばれ、韓国でも2000年頃から新しいブームになっているそうです。
そしてこのブームが日本にも派生して、いわゆる韓国焼肉ではなく、石板や鉄板鍋で豚を焼く料理です。

そして、お店の人が焼いてくれるというサービス付き!!
石板に並べられた豚肉はぶ厚く、25CM位の大きさで、ビックり!!!!(゚ロ゚屮)屮
焼けてくる程にいいにおいが・・・・(*^_^*)

両面がいい具合に焼けてキタ頃、定員さんが大きなハサミでお肉を一口大にカットしてくれます。

サンチュレタスにくるんで、特製ミソと野菜を巻いて一口で食べると・・・
最高に美味しい!!(^^♪
食べ放題でしたが、1回目のお肉でお腹は結構いっぱいに・・・・
でもちょっとだけおかわり!
食べ放題にしなくても良かったかな・・・・
なんて思いながらもお肉の美味しさに満足してレジに向かいました。
レジにはお肉を焼いてくれた定員さんが「食べ放題だったけど3人前しか食べていないからその料金でいいですよ♪」となんて親切な店員さんなんでしょう!!!
美味しい料理と、親切な店員さんに出会えて、とても幸せな気持になりました
今日もいい日だ!!!
ありがとうございます

お店はこちらです
   ↓
http://r.gnavi.co.jp/a947600/

     
  

SNSでもご購読できます。