10年後には大きな違いになる?

こんにちは!思いを現実化する(まる現)の久家邦彦です。

◎心のお掃除をしていますか?

◆ 美しい心は。美しい人生をつくる!

(株)ローヤル(現 イエローハット)の創業者で、日本を美しくする会の相談役でもある、鍵山秀三郎先生に『智徳志士の会』でお会いしました。

◆日本一の個人投資家である竹田和平さんが、日本を財政破綻から守るために始められたのが『智徳志士の会』です。

発起人代表には、日本を代表する著名な経営者や投資家だけでなく志のある若い方々も多数ご参加されていました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<卓越のレシピ>

きちんと考えて行動するかどうかで10年後には大きな違いになる!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆NHKが2月16日に『預金封鎖』の特番を放送しました。番組のなかで大越さんはいいます。

「『預金封鎖』そして『財産税』と、今ではちょっと考えにくい、ある意味手荒な措置です。

今の日本と当時とを安易に重ね合わせるわけにはいかないけれども、、、

ただ、日本の財政は今、先進国で最悪の水準まで悪化していますので、終戦直後に起きた“歴史上の出来事”と片付けてはならない問題だとも言えます。

財政健全化は常に肝に銘じなければならない問題です。

政府は、夏までに今後5年間の財政健全化計画を策定することにしています。」

◆預金封鎖『もうひとつのねらい』 – NHK 特集まるごとはこちら!

→ http://www9.nhk.or.jp/nw9/marugoto/2015/02/0216.html


===========================

◆最も印象に残ったのは、この言葉でした。

===========================

国として負った借金っていうのは、国民の借金なんだと。

うまくまわっているうちはいいが、うまくまわらないことが万が一起こると、そのツケは間違いなく国民にふりかかってくる。

この厳しい財政状況をきちんと国全体として受け止めて、じゃあどうやってやっていったらいいのか、

やっぱり借金を負っているんだという事実をきちんと認識していかなければいけない。

日本総合研究所 調査部 河村小百合上席主任研究員
===========================

◆預金封鎖やハイパーインフレなどの混乱はもちろん、なければ、ないにこしたことはありません。

ただし私たちは、河村小百合さんが指摘されているとおり

■日本国の政府債務残高1.143兆円
(名目GDP比 232.8%)という

厳しい財政状況を、個人個人も、きちんと受け止める必要があります。

「やっぱり借金を負っているんだ。」という事実をきちんと認識していかなければいけないのです。

◆「じゃあどうしたらいいのか?」

今から、きちんと考えて行動するかどうかで、10年後には大きな違いになると思います。

「備えあれば憂いなし」ということです。

◆日本一の個人投資家といわれる竹田和平さんは、日本国の政府債務残高1.143兆円という現状で

『日本経済の行方』と『対策』

についてどのようにお考えなのでしょうか?

竹田和平さんから直接、学びたい方はこちら!

→  http://shii.jp/?p=1675

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<卓越のレシピ>

■美しい心は。美しい人生をつくる

■日本の財政赤字から、ハイパーインフレや預金封鎖などの混乱がなければ、ないにこしたことはない

ただし日本国の政府債務残高1.143兆円(名目GDP比 232.8%)という厳しい財政状況をきちんと国全体として受け止める必要があるやっぱり借金を負っているんだという事実をきちんと認識していかなければいけない

■「じゃあどうしたらいいのか?」

今から、きちんと考えて行動するかどうかで、10年後には大きな違いになる。

日本一の個人投資家といわれる竹田和平さんから日本経済の行方と対策について直接学ぼう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:150万部突破!!

『朝バナナダイエット』の著者である、ハマチさんにお会いして「出版」や「スクールビジネス」の『落とし穴!』や『成功の秘訣』について教えていただきました。

「まる現の会員」や「ご希望の方限定」で、公開してまいりますので楽しみにしていてくださいね。

なぜ、あなたの思考は現実化しないのか?/フォレスト出版

¥1,512
Amazon.co.jp

いい選択が未来を変える!
豊かな未来を現実化する!!
日本現実化戦略研究所(まる現)
    久家 邦彦

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*