DVD『理想の彼氏』より【まる現 映画から学ぶ脳と潜在意識の17の成功法則】

こんにちは!(まる現)の久家邦彦です。今日も1日元氣で顏晴ろう!

◎あなたは、恋愛してますか? 

◆あらゆる人知のうちで、結婚に関する知識が一番遅れている。
       バルザック      

○年間700人以上の個別カウンセリングを担当していると、結婚や離婚に関する相談を受けることがよくあります。

結婚したいけど、結婚できない理由や、離婚したい理由の主な原因は、当人の「理想」と「固定観念」の『ギャップ』にある場合が多いように感じます。

こんなお話を聴いたことがあります。

・「アメリカは離婚が多いらしいよ! アメリカでは2組に1組が離婚。」

・「日本でも最近は3組に1組が離婚しているらしいよ?」

これは本当のお話でしょうか?

デンバー大学のスタンリー教授は「米国の離婚率は50パーセントと言われているのは、米国の1年の婚姻数(2.4 mil.)を同年の離婚数(1.2 mil.)で割った数字からきている」と推測しているそうです。

「同じ年に結婚したカップルと、離婚したカップルの間には何のつながりもない」ので、「アメリカでは2組に1組が離婚。」というのは、完璧な統計ではないのかもしれませんね。

日本での婚姻件数は1970年の約100万組をピークに減少し,2010年では約70万組となっています。

いっぽう,離婚件数は1970年の約9万5000組から増え続け,2010年では約25万組にまで増加。

結婚件数を離婚件数で割って計算される「離婚率」でみてみると,1970年は9.3%でおよそ10組に1組が離婚しているのに対し,2010年では35.9%にまで上昇,なんと3組に1組が離婚していることになるそうです。

もちろん,結婚してから離婚するまでにはある程度の期間があるのであくまでも目安の数字にはなりますが,それでも離婚する夫婦が増えていることは確かなようですね。

結婚と離婚、出会いについ描かれたDVD『理想の彼氏』を観ました。

一番最後に、世界の結婚の名言を書きました。奥深いものがありますね。(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>

出会いを大切にしよう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここからはDVD『理想の彼氏』のあらすじになります。

ネタバレがありますが、さらに深い内容を理解したい方にはお勧めかもしれません。

 

◆2人の子をもつ美しくセクシーなママ、サンディは40歳になったばかり。

ニューヨーク郊外にある美しい町スリーピー・ホロウで暮らす彼女の毎日はパイを焼き、サンドイッチを作り、子どもたちを学校へ送り、ファンタジー・スポーツの運営と、忙しい日々。

ところが、そんな幸せを絵に描いたような生活がある朝、一瞬で壊れてしまう。

サンディは夫の浮気を知ります。

 

◆彼女はすぐに荷物をまとめ、子どもたちを連れてニューヨークへ引っ越します。

サンディは新しい家と仕事を見つけ、人生をやり直そうとします。

そこで出会ったアラムは、人生を謳歌しているようには見えない24歳の若者。

実は、彼は結婚してわずか2週間で、フランス人の妻が永住権取得のために彼を騙したのだと知ったのです。

ロマンチストで楽天家のアラムは新米のバツイチとなり、それでもなんとか前向きに生きようと奮闘しているところでした。

 

◆アラムは、サンディが借りたアパートの階下にあるコーヒーショップで店員をしながら女性センターでもバイトをしています。

ふたりは意気投合し、サンディがスポーツ専門局に採用されると、アラムは彼女の子供たちのベビーシッターを引き受けます。

どのみち彼には正式な仕事もなく、友人はごくわずか、暇な時間のほとんどを過保護な両親のもとで過ごしているだけでした。

 

◆サンディは職場で才能を開花させ、昇進も手に入れます。

私生活では、親友から勧められてやってみたデートが散々な結果に終わったため、もう恋愛はこりごりだと思うのです。

そんななか、アラムの存在はサンディ母子の人生でどんどん大きくなっていきます。

人生を再生させ始めるアラフォー女性と、ここからは、DVD『理想の彼氏』で人生に戸惑うバツイチ青年の恋の行方をお楽しみに!!

 

◆DVD『理想の彼氏』は、離婚先進国と感じていたアメリカの映画ですが、日本の家庭やライフスタイルもアメリカに似ているとおろがありますね。

日本の恋愛、仕事といったライフスタイルがアメリカのライフスタイルに、さらに近くなってきているのかもしれませんね。

ちなみに、日本人で一度も結婚していない未婚率は1970年代後半から上昇しています。

 

◆2010年時点の男性の未婚率は、国土交通省作成の資料によると。
(未婚率は、一度も結婚をしたことのない人の割合)
・25~29歳  71.8%
・30~34歳  47.3%
・35~39歳  35.6%

女性の未婚率は

・25~29歳  60.3%
・30~34歳  34.5%
・35~39歳  23.1%

 

◆50歳時点で一度も結婚をしたことのない人の割合を示す「生涯未婚率」も上昇傾向にあります。

2010年時点で、50歳の生涯未婚率は
・男性 20.1%、
・女性 10.6%
となりました。

 

◆35歳未満の未婚者のうち「いずれは結婚したい」と考える人の割合は、

2010年時点で、
男性  86.3%
女性  89.4%

ここから結婚意欲自体が低下しているわけではないことが分かります。

 

◆未婚者にとって、「結婚の障害となっているものは何か?」という質問の答えです。

・「結婚資金」の欠如を

男女とも未婚者の40%超が、結婚の障害にあげています。

・「結婚のための住居」

男性 19%超
女性 15%超

が結婚の障害にあげています。

 

◆さらに白書では、年収が婚姻状況に与える影響についても触れています。

・男性では、年収が600万円までの区分では年収が上がれば上がるほど既婚率が高くなる。

・その一方で、年収1,000万円以上の人については既婚率が低下しており、ある程度の所得以上の階層においては既婚率が低くなることが分かりました。

・女性の年収600~800万円の人についても同様の現象が見られました。

これについて「経済的にすでに自立していることから、結婚による追加的な経済的メリットを感じにくいこと等が理由と考えられる」との分析がなされています。(マイナビニュースより)

 

◆『結婚』と『離婚』のトレンドも統計数字でみると、経済と時代背景をもとにした人間心理を大きく反映していますね。

・ある人が教えてくれました。

『結婚は修行だよ。それでも結婚はした方がいいよ。』

この理由は、考えてみてくださいね(笑)

 

◆日本と世界の結婚に関する名言を書き出しました。

奥深いものがあります。

・ソクラテスはいいました。

結婚したほうが良いのでしょうか、それともしないほうが良いのでしょうかと問われるならば、私は「どちらにしても後悔するだろう」と答える。

・武者小路実篤はいいました

馬鹿な者は、独身の間は結婚した時のよろこびを空想し、結婚すると独身時のよろこびを空想する。

・メレディスはいいました

四十歳を過ぎると、男は自分の習慣と結婚してしまう。

・ポーランドの諺より

女は結婚前に泣くが、男は結婚後に泣く。

・モンティーニュ(フランス)はいいました

結婚は、鳥かごのようなものだ。

外にいる鳥たちはいたずらに中に入ろうとし、中の鳥たちはいたずらに外へ出ようともがく。

どんな出会いにでも本人次第で「成長」か「成功」があります。出愛って本当に素敵なものですね。

良き出愛を!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<強運のレシピ>

■ 偶然はない!

■ 心の声に誠実にいきよう!

■ 会うべき人と、出会うようになっている!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:光り輝く東京タワーを手の平の上に乗せてみました。

闇の中に明かりを灯す東京タワー美しいですね。

毎日を楽しみ、人に親切にすることで人の心にも明る光を灯して参りましょう。

追伸:日本一の個人投資家や事業家、大商人、格闘技の世界チャンピオン、世界一のコーチやセミナー講師、マーケッター、営業から直接学び実践で成果がでた【みるみる願いが叶う!脳と潜在意識の原則の活用法】を【強運のレシピ】にまとめました。

いつの時代も変わらない【脳と潜在意識の原則】を、最短で成果を創れるかたちでお伝えして参りますので、どうぞお楽しみに!

『脳力革命で人を幸せに!』

あなたの夢や目標を現実化する!!
 日本現実化戦略研究所(まるげん)
   久家 邦彦

SNSでもご購読できます。