顧客の無言の声を理解しよう!『もしドラ』より

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら/岩崎 夏海

¥1,680
Amazon.co.jp

『もしドラ』
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら!

第3話「みなみは人の強みを生かそうとした!」を読みました。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

・『顧客にとっての価値』
企業が自ら生み出していると考えているものが、重要なのではない。

とくに企業の将来や成功にとって重要ではない。

「顧客が買っていると考えるもの」が重要である。
それらのものが事業が何であり、何を生み出すのかを規定し事業が成功するか否かを決定する。

・『顧客の創造に不可欠な二つの機能』
企業の目的が顧客の創造である事から、企業には二つの基本的な機能が存在する。

すなわちマーケティングとイノベーションである。

この二つの機能こそ起業家的機能である。  

・『顧客の関心はどこにあるか』
顧客は自からが求めるもの、必要とするもの、期待するものにしか関心を寄せない。

顧客の関心は、この製品あるいは企業は自分に何をしてくれるかである。

     Pドラッカー

$さくらの「ウェルシーシェフ」

■豊かさを創る質問■

■ あなたは、顧客の無言の声を理解していますか?

■ あなたはには「自己目標管理」の仕組みがありますか?

■ あなたの組織は、個人の強みを生産に結びつけ弱みを中和していますか?

$さくらの「ウェルシーシェフ」

_______________________________

<魔法のレシピ>

顧客の無言の声を理解しよう!

_______________________________

$さくらの「ウェルシーシェフ」

ここからは『もしドラ』第3話「みなみは人の強みを生かそうとした!」のあらすじになります。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

秋期大会後、一時的に雰囲気が良くなったものの、中間テスト後に再会すると、まただらけてしまった程久保高野球部。

川島みなみは「マネジメント」の「消費者運動こそが顧客の求めているものを表している」という理論から

部員が練習をサボるのは、「練習のメニューが面白くない」という野球部員の無言の声だ、つまり練習内容の改革が必要だと気づく。

しかし、練習内容の改革には野球部の監督が動かなければどうにもならない。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆川島みなみは「マネジメント」の「人は最大の資産である」

「組織の役割とは個人の強みを生産に結びつけ、弱みを中和することである」という言葉から

無口だが監督の信頼の厚いマネージャーの北条文乃に、加地監督の意志を選手に伝え、また監督と一緒に魅力的な練習メニューの作成を行うという重要な「役割」を与える。

加地監督と北条文乃は、一晩で分厚いファイルの山を作成してきた。

新しい練習メニューは、毎日の練習の中に試合の面白さと緊張感を取り入れるため、野球部を3つにチーム分けしてチームごとの結果を競い合うというもの。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆これは個人の強みを伸ばし、「マネジメント」の「自己目標管理」を自然にやることだった。

北条文乃は川島みなみの影響を受け「マネジメント」を参考にしたのだ。

しかしただ一人、桜井祐之助は試合で2回もエラーをしてしまった事で

$さくらの「ウェルシーシェフ」

「自分は野球部にいない方がいい」と上級生の陳花江と、カラオケで遊び回っていた。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆川島みなみはそんな祐之助を野球部に戻るように説得にかかる

桜井祐之助は川島みなみから

「レギュラーに選ばれたんだから責任がある。ピッチャーの浅野くんはあなたを信頼している。
試合でのエラー経験は、あなたの強みだ。」

という説得に心が動き、野球部に戻ってきます。

そして結局、「不良の」陳花江も野球部のマネージャーになってしまいます。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆『他産業の製品が競争相手になる』

顧客が買うものは満足であるという事実から、あらゆる製品やサービスが突然まったく異なる生産、流通、販売のされかたをしている他産業の製品やサービスと競争関係におかれる。

『顧客は合理的である』

 

・『重要なのはノンカスタマの情報』

最も重要なのはノンカスタマ(非顧客)についてのものである。

変化が起るのは、ノンカスタマの世界においてである。

・『外に出てノンカスタマを知る』

いかなる事業にあろうとも、責任ある立場の者は、多くの時間を社外で過ごさなければならない。ノンカスタマを知ることは至難である

だが外に出てノンカスタマを知ることだけが、知識の幅を広げる

唯一の道である。

      Pドラッカー

◆お薦め書籍『経営の哲学』はこちら

経営の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー

¥1,470
Amazon.co.jp

_______________________________

<魔法のレシピ>

■   『目標管理』 

組織の健全さとは、高度の基準の要求である。

目標管理が要求されるのも、高度の基準が必要だからである。

     Pドラッカー

■ 『自ら目標を設定せよ』

自らが率いる部門の目標は、自ら設定しなければならない。

上司はそのようにして設定された目標を承認する権限をもつ。

だが目標の設定は、あくまで部門長の責任であり、しかも最も重要な責任である。

このことはあらゆる部門長が自ら属する上位の部門全体の目標設定について、責任をもって参画しなければならないことを意味する。

     Pドラッカー

■ 『人は最大の資産である』

組織の役割とは、個人の強みを生産に結びつけ弱みを中和することである

     Pドラッカー ※書籍『経営の哲学』より

_______________________________

<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★

餃子の王将 亀有店へ行きました。

餃子と言えば、餃子の王将ですね。

餃子とレバニラと天津飯とビールをいただきました。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

ビールとの相性も最高です!(*´∀`*)

レバニラも大盛りで、レバーが柔らかくお味もGOOD!!

$さくらの「ウェルシーシェフ」

美味しくてボリュームたっぷり!なのに、低価格!!

人気があるわけですね~☆

$さくらの「ウェルシーシェフ」

100年に一度の不況と言われる現在、500以上ある全ての店舗で黒字をあげており、マスコミの露出も増える中華のナショナルチェーン・餃子の王将。

一日に使う卵は20万個、鶏肉豚肉は17トン、餃子は120万とのこと。

王将のウリは、各店舗が独自の裁量を持ち、メニューを変えていること!

素晴らしいですね(-^〇^-)

亀有駅は人気漫画の舞台。駅前には両津さんの銅像があります。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

※餃子の王将はこちら
http://www.ohsho.co.jp/

有難うございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください