雲の上。ここはどこでしょう?  まる現 開運塾!

おはようございます!
思いを現実化する(まる現)の久家邦彦です。

雲の上です。

ここはどこでしょう!

■答えは、富士山8合目

世界遺産に富士山が登録された年のことです。

「富士山に登ろう。」と考えたその日のことを暴露しますね。

じつは登山経験がほとんどなく、安易に「日帰りで登れるだろう。」と考えていました。

■ところが、

ルルルル。

そのとき携帯が鳴りました。

以前、講演をご一緒させていただいた、登山家の小西浩文さんからでした。

「久家さん、富士山は毎年、死者がでるんですよ。

高山病にならないようにゆっくり登ること。

そして山小屋に一泊することです。」

⇒「えっ!」

◆富士山の5合目から登山を始めましました。

小西さんのアドバイスに従い、一歩、そして一歩、また一歩と、スモールステップを重ねてゆきました。

すると、どんどん後からくる子供やカップルに抜かれてゆきます。

それでも、小西さんのアドバイスに従い。

一歩、そして一歩、また一歩と、スモールステップを重ねてゆきました。

◆ところが!!

8合目を越えたあたりで、5合目、6合目でどんどん前をいっていた子供やカップルが、青い顔をして、座り込んでいたり、引き返してくるではないですか!!

それをみて、タラ~。

背筋に冷たいものが流れるのを感じました。

もし、あのとき小西さんから教わらずに安易に、「日帰りで富士山に登ろう」と考えて急いで登っていたら・・・。

高山病になっていたかもしれません。

「無知ほど危険ものはない」とは、まさにこのことでした。

富士山を登山する前に、超プロの専門家である、小西さんから登山のアドバイスをいただいたことで、とても素晴らしい富士山の登山になりました。

しかも富士山の登山では途中で、

・廻りの景色の幻想的な変化を楽しめたり

・特別天然記念物のニホンカモシカに出愛えたり、

・外国からの登山客と仲良くなり

最高の思い出になりました。

◆天才くげくんさん、は新しいことを始めるまえに、誠実な専門家のアドバイスを聴いていますか?

富士山の8合目を越えて、一歩、また一歩と歩みをすすめると!!

『雲の上は、晴れていました。』

◆私たちの人生も同じようなものかもしれません。

素敵な仲間と、信頼できる専門家から教えていただいた知恵と真心にささえられて、ゴールをめざして、一歩、そして、また一歩と、楽しみながら歩いていく。

するとその途中で、素晴しい景色や出愛を楽しめる。

そんな毎日に心から感謝ですね。

今日も楽しい1日を!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<卓越のレシピ>

誠実で卓越した専門家からのアドバイスを実践しよう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:7月12日(日)『第67回 まる現 開運塾』に

・150万部突破『朝バナナダイエット』の者著で ベストセラー作家 はまちさんと

・12万部ベストセラー
『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか? 』の著者 高橋政史 さんがご参加されます。

ベストセラー作家で、セミナービジネスモデル構築の卓越した専門家と出会えるチャンスです。

http://abvom.biz/brd/archives/wcgwtf.html

◆いい選択が未来を変える!
豊かな未来を現実化する!!
日本現実化戦略研究所(まる現)
    久家 邦彦

SNSでもご購読できます。