選択基準は、普遍的なもの?

あなたは『因果関係』を考えることがありますか?

良いことをすれば、良いことが起こる!

悪いことをすれば、悪いことが起こる!

※お勧め書籍『7つの習慣』はこちら!

7つの習慣―成功には原則があった!/キングベアー出版

¥2,039
Amazon.co.jp

■豊かさを創る質問■

・ あなたの選択基準は何ですか?

・ あなたは、何を与えますか?

・ あなたは、原則を学び原則をいきていますか?

__________________________

<卓越のレシピ>

原則を生きよう!

__________________________

◆あなたは人生の選択を、どのような基準でおこなっていますか?

・親や先生、上司など、権威者の声に従う!
・宗教に従う!
・自分がやりたいことをやる!
・パートナーに従う!
・良心の声に従う
!
・原則に従う!

 

◆書籍『7つの習慣』に面白い話しがありましたので引用させていただきます。

戦艦が悪天候のなか、訓練の航海をつづけていた。

暗くなってから、この戦艦の見張りが右舷側にとまっている光を発見した。

その光にむかってこの戦艦の船長は「20度進路を変更せよ」と信号をだした。

 

◆相手からの信号がかえってきた。

「そちらが進路をかえるように助言する!」

戦艦の艦長は「こちらは戦艦だ、そちらが進路を変えろ」と信号を送らせた。

すると信号が返ってきた。

「こちらは燈台だ。」

 

◆この戦艦の艦長は、進路を変えた。

この艦長の経験したパラダイム転換は、その状況にまったく新しい光をあてるものである。

艦長の限られた知覚では、見えなかった現実が見えてくる。

 

◆この教訓は、日常の生活を送る、私たちも理解する必要がある。

つまり、『原則』は『燈台』である。

それは破ることができない、自然の法則である。

「原則を破ることはできない!
      それを破ろうとすると自分自身が破れるだけだ」

あなたが選択の基準を、外的なものにおいている場合、あなたの人生は、その外的なものに左右されることになるだろう。

選択の基準を普遍的な原則において活用している場合あなたの人生は、原則の導く方向に進んでいくだろう。

 

◆ある女性は海外で、パートナーと結婚して10年以上暮らしていましたがパートナーが突然、彼女に冷たくなりました。

食卓で箸をバッシッと置いたり、彼女に酷い事を言うので、辛くなって日本に帰ってきました。

彼女は、「相手が変わったからしょうがない!」といいますが・・・。

問題はそこにあるのでしょうか?

 

◆『与えたものが、得るものである!』

彼女が『原則』を軸に、パートナーのことをより深く理解していれば、違った結果になっていたかもしれません。

男性が女性を理解することも大切ですが、女性も男性をより深く理解する必要がありますね。

・主体性を発揮する

・全てのものは2度つくられる!始めに想像してから、創造される!

・重要事項を優先する!

・理解してから、理解される

・WIN-WINを考える

・相乗効果を発揮する!

・のこぎりを研ぐ習慣をもつ

 

◆あなたの人生の選択基準は、普遍的なものでしょうか?

良いことをすれば、良いことが起こる!

悪いことをすれば、悪いことが起こる!

  • 「笑顔で氣持ち良く挨拶する人」と「いつもブスっとしている人」では、どちらが幸せな人生を歩むのでしょうか?
  • いつも「上氣元で思いやりがあり明るい人」と「愚痴や悪口、ネガティブなことを言っている人」では、どちらが幸せな人生を歩むのでしょうか。

これは当たり前のことですね。

※お勧め書籍『7つの習慣』はこちら!

7つの習慣―成功には原則があった!/キングベアー出版

¥2,039
Amazon.co.jp

__________________________

<魔法のレシピ>

■ 学んで解決できない問題はない!

■ 与えたものが、得るものである!

■ 良いことをすれば、良いことが起こる!悪いことをすれば、悪いことが起こる!

__________________________

<<豊かさを創る卓越のレシピ!>> ウエルシーシエフ

嬉しい報告を受けました。

毎月、収入が右肩上がりで上がりつづけています。

彼女はカウンセリングを受けて明確なゴールを設定して行動をしました。

DR.苫米地が教えている『ゴールが先、認知は後』という原則ですね。

ゴールが明確になって始めて達成方法が明確になります。

やはり『原則を軸に生きている人』は、人生がどんどん豊かになりますね。

/////////////////////////

このブログ『豊田さくらのウエルシーシェフ』では、
メンターや書籍、映画などから学んだ『卓越のレシピ』を、
実際の実務で実践して、成果がでたものを掲載して読者の方に
ご紹介しております。

引用などで、もしご不快な方やご迷惑な方がおりましたら
お申し出いただければ記事を削除させていただきますので
宜しくお願いいたします。

//////////////////////////

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*