言葉を大切にして、魂を成長させる!

こんにちは。久家邦彦です。今日も1日元氣で顏晴ろう!

◎あなたは自分の感情のコントロールをしていますか?

◆感情のコントロールの前に、自分の言葉をコントロールする。
        久家 邦彦

○今から思えば、穴があったら入りたいくらい恥ずかしいことなのですが・・・。

自分の感情のコントロールができないで、コロコロ変わる心や氣分に従っていたことがありました。

まるで子供だったのです。

トホホ・・・。

ところが、自分の感情をコントロールする前に、自分の【言葉】をコントロールするようになって毎日が変わり始めました。

自分がつかっているマイナスの言葉を、次の4つのステップで変えたのです。

①パターン認識
②パターンの破壊
③パターンの構築
④パターンの強化

すると・・・

感情や思考、態度がコントロールできるようになったのです。

このやり方をカウンセリングや、コンサルティングに活用すると、自殺を考えていた人達が、1年でまったく違う豊かな人生を歩き始め、

「自分が自殺を考えていたなんて信じられない。ありがとうございます。」

というお手紙をもらうようになったのです。

【 最初に言葉ありき 】とか【 言霊 】という言葉は聴いたことがありましたが、これを具体的な手法で実践してみると、驚愕の出来事が起こりました。

_____________________________
<強運のレシピ>

言葉を大切にして、魂を成長させる!

_____________________________

DVD で『千と千尋の神隠し』を観ました。

『千と千尋の神隠し』は、ある出来事をきっかけに、自己責任で主体的に生きる姿がわかりやすく描かれています。

『千と千尋の神隠し』を観るのは4回目ですが、見る度に豊かなインスピレーションを与えてもらえます。

DVD『千と千尋の神隠し』お勧めです。

 

◆ここからは『千と千尋の神隠し』のあらすじを引用させていただきます。

ネタバレがありますが、内容をより深く理解したい方にはお勧めかもしれません。

店先に並ぶ美味しそうな食事を迷うことなく食べ始めた両親を尻目に、街の奥へと足を進めた千尋の前に、美しい少年・ハクが現れる。

ハクからすぐにこの場を立ち去るよう言われた千尋は、わけもわからないまま両親の元へ向かうが…。

両親は豚に姿を変えられてしまい、千尋たちが歩いてきたトンネルに続く道もいつの間にか水で閉ざされ、千尋は元の世界に戻れなくなってしまった。

 

◆助けに来たハクに導かれて、街のどん詰まりにそびえる湯屋「油屋」に入りこんだ千尋。

日本中から神々が休養のために訪れる「油屋」では、働く意思のない者はすぐに動物かそれ以下のモノにされてしまう。

両親を救いだして元の世界に戻るためには「油屋」で仕事を得るしかないとハクから聞かされた千尋は、薬湯を調合している釜爺(菅原文太)のもとへ。

最初は千尋を追い出そうとする釜爺だったが、一緒に働いているススワタリたちが妙に千尋に懐いている様子を見て、降参。

 

◆面倒見の良い少女・リンに、強力な魔力で「油屋」を取り仕切る女主人・湯婆婆のもとへ千尋を連れていくよう命じる。

「油屋」を訪れていた神様・おしらさまの助けもあって、無事に湯婆婆の部屋に入ることができた千尋。

待ち受けていた湯婆婆は、千尋を「油屋」で働かせる代わりに彼女の名前を取り上げてしまった。

 

◆新たに「千」という名前を与えられた千尋は、リンと共に働くことを許される。

自分を見失わないために元の名前を決して忘れないこと、というハクの教えを胸に、基本的な礼儀作法から湯屋での仕事のひとつひとつを身体で覚えていく千尋。

そんな千尋に惹かれて、「カオナシ」という謎の存在が「油屋」の周辺をうろつき始めていた。

 

◆湯婆婆は瞬時に異物の侵入に気付くが、そんな中、驚異的な異臭を放つ神様が「油屋」に来店。

初めてお客様を担当することになった千尋は、神様が身体に吸収してしまった膨大な汚れをすべて洗い流すことに成功し、湯婆婆からも「油屋」の一員として認められるようになった。

 

◆一方、その騒動に紛れてまんまと「油屋」に入りこんだ「カオナシ」は、千尋を振り向かせようとあの手この手を尽くしていた。

しかし千尋が自分の思い通りにならないと知った「カオナシ」は大暴走。

砂金を餌に「油屋」で働く者たちを虜にし、すべてを食らいつくして巨大化してゆく。

同じ頃、湯婆婆の元に弟子入りして彼女のために暗躍していたハクが、瀕死の重傷を負って「油屋」に戻ってきた。

彼は湯婆婆の双子の姉・銭婆の大切な印鑑を盗んだために、死の呪いをかけられてしまったのだ。

しかもハクを追って式神となって「油屋」に現れた銭婆は、湯婆婆の大切な息子である坊(神木隆之介)と分身の湯バード、見張りの頭たちの姿も魔法で変えてしまう。

彼らを助けるためには、銭婆に印鑑を返して謝るしかない。

 

◆坊たちを引き連れた千尋は、ついでにすべてを吐き出して元の姿に戻った「カオナシ」も連れて、銭婆の家へと向かう列車に乗り込んだ…。

釜爺からもらった切符は行きの列車で使い果たしてしまい、元の世界はおろか、「油屋」にさえも無事に戻れるかどうかわからない旅。

人生で初めて、自分の意思で先の見えない冒険に足を踏み入れた千尋を待ち受けている結末とは? 

彼女はハクを救い、両親とともに元の世界に戻ることができるのだろうか?

ここからはDVD『千と千尋の神隠し』をお楽しみください!

 

◆映画『千と千尋の神隠し』は「人が成長して生きる力!を発揮していく」という人間の成長の本質を現していますね。

引っ越し先に向かう車の中の千尋は、我がままで、泣き虫で、弱虫な女の子でした。

それが父と母から離れて、自分一人で生きてゆかなくてはならない状態となり、さらに名前を湯婆婆に変えられて使用人の「千」となったとき、始めて本氣で働き始め、どんどん強く、礼儀正しく成長してゆきます。

つまり「千」は、自分自身でサバイバルしなければならない環境の中で、本当に人の役に立ち始めた!ということです。

さらに「千」は、父と母やハクという、「自分が大切な人をどうしても助けたい!」という強い思いができたとき、自分自身が本当に強くなります。

 

◆千と千尋の会話が印象に残りました!

銭婆:お前を助けることはできないよ!ルールだからね。大丈夫!あんたならやり遂げるよ!

千:私、千尋っていうんです。

銭婆:千尋!いい名前だね!名前を大切にするんだよ。

 

◆千尋:ハクは大丈夫なの?

ハク:大丈夫だよ!名前を取り戻したからね!

千尋:ハク

ハク:私も湯婆ばと話をつけて、元の世界に戻るよ。

千尋:また逢える?

ハク:ああ、いつかきっと逢えるよ。

千尋、振り向いちゃ駄目だよ!

 

◆湯婆婆は、金(ゴールド)やお金を追いかけ本当に大切なもの、坊やがいなくなっても氣づかなくなっていました。

千は、自分にとって大切な、お父さんと、お母さんが目の前の豚の群れの中には、いないことに「直感」で氣づきます。

そして千尋という本来の名前に戻ります。

人間は本当に大切な人が目の前にいて、大切なものが目の前にあっても、それを忘れがちな生き物なのかもしれませんね。

毎日、大切な人やモノにたいする感謝とともに生きてゆきたいですね。

 

◆ドイツの物理学者でノーベル賞を授賞したアルベルト・アインシュタインはいいました。

・成功する人間になろうとせず、むしろ価値ある人間になろうとしなさい

・どうして、自分を責めるんですか?
他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだから、いいじゃないですか

・常識とは18歳までに身に付けた偏見のコレクションのことを言う

・学校で学んだことを一切忘れてしまった時に、なお残っているもの、それこそ教育だ

・人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる

 

◆人が主体的に考えて生きるようになる、きっかけは様々だと思います。

主体的に自分の【言葉】を意識して、改善することを始めたら、魂が成長し始め、人生が変わります。

√ 自分に自信がもてるようになります。
√ 積極的かつ奉仕的になります。
√ 自分が好きになります。
√ 人を愛せるようになります。
√ 毎日が光り輝いてきます。

その最初のきっかけは・・・。

大きな失敗や逆境、サバイバルを経験したときで

「もうこんな人生は嫌だ!」

「絶対に自分を変えるんだ1」

「人に喜ばれる人間になるんだ!」

と決めたときかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

_____________________________

< 強運のレシピ>

■ 言葉をより良く変えて、魂を磨き、魂を成長させよう!

■ 言葉を大切にして、人やモノを大切にして感謝とともに生きてゆこう!

■ 人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる
      アルベルト・アインシュタイン
_____________________________

追伸:カニを美味しく食べる方法を学びました。

剥き方ひとつで、カニがこんなに美味しいなんて(笑)

カニを美味しく食べるには?

【グーグルプラス久家邦彦】で検索するとムービーが見られます!

◆もうすぐXmasですね。今日は大好きな仲間達と渋谷で大スーパー望年会です。o(*^▽^*)o~♪

最後までお読みいただきありがとうございます。

『脳力革命で人を幸せに!』

日本現実化戦略研究所(マルゲン)
   久家 邦彦

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください