花園とおなじように、幸せはつづいてる!

桜の咲く季節、ぽかぽかしてあたたかいですね。

こわ~い顏をして、家族や会社のスタッフなど『人の為に仕事をしているんだ!』という方をたまに見かけますが本当にそうなのでしょうか?

斎藤一人さんの心があたたかくなるお話をおききしました。

人生に成功したい人が読む本/PHP研究所

¥1,575
Amazon.co.jp

■豊かさを創る質問■

・あなたは、『正しい道』と『楽しい道』のどちらを撰びますか?

・あなたは、幸せの方向に向かっていますか?

・あなたは、今、その場で『幸せ』にむかっていますか?

__________________________

<卓越のレシピ>

花園とおなじように、幸せはつづいてる!

__________________________

◆もっと、お金があれば・・・

もっと、学歴があれば・・・

素敵なパートナーがいれば・・・

資格さえあったら・・・

もっと容姿がよければ・・・

多くの人が「幸せ」を外部の条件に求めます。

ところが歴代納税額1位の斎藤一人さんは

「人間は幸せのほうへむかうから、幸せになるんだよ!!」

と教えてくれます。

 

◆多くの人が勘違いしているけど、苦労して、苦労して、苦労してそのあとに、幸せが来ると思っている人がいるけど・・・

苦労のあとに、幸せがくるのではないよ。

もし今、無理な苦労しているとしたら何かが違うんだよ。

「苦労したら幸せが来る!」と思っている人にお聴きしますが、本当に苦労の後に幸せがきましたか?

 

◆幸せになる道は、「いい人」しか出てこないんだよ。

今、その場で『幸せ』にむかえば、その時からすぐにどんどん幸せになっていくんだよ!!

ゴミための中に、幸せがあるんではなく、幸せは続いているんだよ。

花園はつづいているんだよ。

 

◆苦しい中で、必死に修行している人や、自分を忘れて「人の為」と言っている人が幸せになるのでもないのですね。

『幸せのほうへむかうから、幸せになる』というお話はとても大切ですね。

今、幸せでなければ、幸せの方へ向きをかえてゆきましょう。

花園とおなじように、幸せはつづいてるのですね。

 

◆斎藤一人さんの『仁義』という素晴らしい詩があります。

  『仁義』

たった一度の人生を

世間の顔色うかがって

やりたいこともやらないで

死んでいく身の口惜しさ

どうせもらった命なら

ひと花咲かせて散っていく

桜の花のいさぎよさ

一度散っても翌年に

みごとに咲いて満開の

花の命の素晴らしさ

ひと花どころか百花も

咲いて咲いて咲きまくる

上で見ている神様よ

私のみごとな生きざまを

すみからすみまでごらんあれ

  作/斎藤 一人

 

◆『仁義』とは

昔の旅人さんが、よく“仁義”というのをやっていますが、あれは自分の生まれや所属している会を説明するもので、今で言う履歴書です。

昔は字が書けない人が多かったので、ああいう形で自分の履歴を言葉で説明したものです。

私たちがやっている“仁義”とは、昔から「医は仁術」と言われ無償の愛で患者さんに接する姿が昔のお医者さんでした。(今でも立派なお医者さんはたくさんいますよ。)

『仁』とは、今流で言うと“無償の愛”
『義』とは、まず“美しい”という字を思い出して下さい。

“美しい”という字は羊が大きいという意味です。

羊が大きいとなぜ“美しい”かと言うと、大きい羊は群れの長となり トラや狼に襲われた時、自分の身をかえりみず、一生懸命、戦って弱い羊を先に逃がします。

その姿が“美しい”という言葉の語源です。

『義』という字は「大きい羊のように、我も生きたい」という意味です。

『仁』と『義』2つ合わせると“無償の愛で我が行う”と言うことです。

「私なんか・・・。」と言わないで、あなたが行えば、きっと後に続く人がいますよ。

あなたより弱い人のために一歩だけ足を出して下さい。

あなたの“仁義”が世の中を変えますよ!!

斎藤一人塾より
http://blog.livedoor.jp/marukan49/archives/53454037.html

人生に成功したい人が読む本/PHP研究所

¥1,575
Amazon.co.jp

__________________________

<魔法のレシピ>

  • 苦労のあとに、幸せがくるのではない!
    もし今、無理な苦労しているとしたら何かが違う!

 

  • 幸せのほうへむかうから、幸せになる!

 

  • 今、その場で『幸せ』にむかえば、その時からすぐに
    どんどん幸せになっていくんだよ!!

__________________________

     
  

SNSでもご購読できます。