自分の頭で考えよう !   ウォーレン・バフェット伝、書籍『スノー・ボール』より

スノーボール (上)
¥2,625
Amazon.co.jp

ウォーレン・バフェット伝、書籍『スノー・ボール』で最も印象に残ったお話は、Wバフェットが父から学んだことです。

 

『100人が反対したとしても、自分の頭で考えて判断する』
ということです。

例えば、自分のパートナーが
・「最高に良い人で、世間からは最悪だ!と言われている」のと

逆に、自分のパートナーが
・「最悪の人で、世間からは最高だ!と言われている」のと
どちらがいいですか?

 

また例えば
・「実際は、凄く損をしているのに、世間からは素晴らしい!と言われている」のと

・「実際は、凄く儲かっているのに、世間からは全然ダメ!と言われている」のでは

どちらがいいですか?

 

■この考え方は、Wバフェットの投資の基本姿勢にも現れていますね。

Wバフェットはいいます。

「私はブローカーやアナリストに相談したりはしません。物事は自分の頭で考えるべきです。」

著者のアリスシュローダーがWバフェット伝となる『スノーボール』を書くにあたり、Wバフェットは以下のように依頼したそうです。

Wバフェットがもし「かっこよく聞こえる話」と「かっこ悪く見える話」があれば「かっこ悪く見える話し」の方を採用して欲しい!

Wバフェットは世間の風評や評判に流されないことを大切にしているのでしょうね。

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、風評や評判ではなく「自分の頭で考えて」判断していますか?

・あなたは、自分が理解できないものに投資をしていませんか?

・あなたは「合理性」と「正直」を基本にしていますか?

 

__________________________

<魔法のレシピ>

自分の頭で考えよう

__________________________

◆Wバフェットはいいます。

「どういうところで働けばいいでしょうか?」とよく聞かれますが

「いちばん尊敬している人のところで働くべきだ!」といつも助言します。

Wバフェットはハーバード大のビジネススクールの入試面接に失敗して入学したコロンビア大のビジネススクールで投資家ベン・グレアムの教えを受けたことが大投資家への飛躍の最初のきっかけとなりました。

卒業が近づくと級友たちは大会社に就職希望。

ウォーレンはベン・グレアムの会社に雇ってもらおうとしたが断られる。

オマハで、父親の証券会社で株を売って手数料を稼ぐ仕事に就いた。

その後、オマハ大学の夜間コースで株式投資を教える。

新賢明なる投資家 上~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法~《改訂版――現代に合わせ…/ベンジャミン・グレアム

¥3,990
Amazon.co.jp

◆卒業後しばらくたってから、グレアム・ニューマンの社員として雇われる。

ウオーレンはチャンスを得て、ここでグレアムの投資手法を徹底的に学んだ。

Wバフェットの師匠であるベン・グレアムはいいます。

『ミスターマーケット』は主人ではなく、しもべである。

この『人物』は毎日、「株」を売買している。

『ミスターマーケット』は不合理な価格をつけることも多い。

だから『ミスターマーケット』が気まぐれにつける価格に惑わされてはならない。

しかし『彼』はときどき安く買って高く売るチャンスを与えてくれる。

このようにグレアムは市場に『ミスターマーケット』という架空の気まぐれな『人物』を創造しました。

こうしてウオーレンは有望株を見つけて資金を増やすことに熱中した。

ガソリンスタンドを買うがこれは失敗。

 

◆グレアム・ニューマンの解散に伴い、ウオーレンは26歳でオマハに帰る。

そして親しい仲間うちの資金だけを元手に『バフェット・パートナーシップ』という投資会社を始めた。

ベン・グレアムの株購入法とグレアム式ヘッドファンドで運用し自宅で一人で仕事をしながら車でいろんな会社を見学に行く。

 

Wバフェットの「仕事」は「投資」「趣味」は「経済誌や企業の年次報告書を読むこと」です。

 

食事や服装などの生活全般は無頓着で、億万長者になってからも老齢期になるまでは贅沢を極端に嫌っている。

スノーボール (上) ウォーレン・バフェット伝/アリス シュローダー

¥2,625
Amazon.co.jp

__________________________

<魔法のレシピ>

■ 尊敬している人のところで働こう!

■ 自分が理解できない会社には投資しない!

■ 買うのは企業、株価ではない!

__________________________

<さくらのB級グルメ>★★★★


ハイデイ日高屋さんで『油そば』をいただきました。o(*^▽^*)o~♪

 

『油そば(あぶらそば)』とはスープのないラーメンの一種で調味料を和えるラーメンで、どんぶりの底にわずかに入った濃いタレに酢などの調味料を好みでかけ、茹で上げた麺全体に絡めて食べます。

麺食いにはたまらないお味ですね!

楽しくいただきました。

 

『油そば』の具はメンマ、チャーシューなどで、店によっては『油そば』ではなく「もんじゃそば」、「まぜそば」、「手抜きそば」、「あぶらーめん」などともいうそうです。v(*’-^*)-☆ ok!!

美味しいものが、たくさん生まれてくる日本ですから『油そば』も『つけ麺』のように専門店が増えてくるかもしれませんね!ヾ(●⌒∇⌒●)ノ

日高屋さんの『油そば』!是非、一度お試しください。

■日高屋さんはこちらv(*’-^*)-☆ ok!!
http://hidakaya.hiday.co.jp/index.html

有難うございます

     
  

SNSでもご購読できます。