自分がつくるものに誇りをもたなくてはならない!   映画『ダークシャドー』より

映画『ダークシャドー』をDVDで観ました。

『人が何を生活の中心に置くか?』

これによって人生が大きく変わることが、鮮明に描かれています。

あらすじを引用してご紹介させていただきます。

お薦め映画『ダークシャドー』はこちら!

ダーク・シャドウ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)/ワーナー・ホーム・ビデオ

¥3,980
Amazon.co.jp

■豊かさを創る質問■

・あなたが求めてるのは『愛」ですか?それとも『所有』ですか?

・あなたは、血をどのようにつなげていますか?

・あなたは、自分がつくるものに誇りがありますか?

______________________________

<卓越のレシピ>

自分がつくるものに誇りをもたなくてはならない!

______________________________

ここからは映画『ダークシャドー』のあらすじになります。

◆1752年、ジョシュア・コリンズとナオミ・コリンズは幼い息子バーナバスと共に新たな生活を始めるため、アメリカに向けてイギリスのリバプールを出航した。

しかし彼ら家族を苦しめる不可解な呪いからは、海を越えても逃れることができなかった。

20年後、バーナバス(ジョニー・デップ)は、コリンズポートの町で、コリンウッド荘園の所有者となっていた。

裕福でプレイボーイな彼は、使用人のアンジェリーク・ボーチャード(エヴァ・グリーン)を失恋させるが、実は魔女であったアンジェリークは、バーナバスを死よりも酷い運命に突き落とす。

◆彼をヴァンパイアに変え、生き埋めにしたのだ。

それから二世紀後、バーナバスは予期せぬきっかけで自分の墓から開放され、劇的な変化を遂げた1972年の世の中へと足を踏み入れる。

彼はコリンウッド荘園に戻るが、かつて壮大で華々しかった

彼の土地はすっかり朽ち果て、さらにコリンズ家の末裔は土地同様に落ちぶれ、それぞれが暗い秘密をひたすら隠して生きていた。

コリンズ家の女主人エリザベス・コリンズ・ストッダード(ミシェル・ファイファー)は一家が抱える問題に対処するため、住み込みの精神科医ジュリア・ホフマン(ヘレナ・ボナム=カーター)を呼び入れる。

◆ここには他に、エリザベスの弟ロジャー(ジョニー・リー・ミラー)、エリザベスの娘キャロリン(クロエ・モレッツ)、そしてロジャーの息子デイビッド(ガリバー・マクグラス)がいた。

家族の不可思議な謎は血縁関係にない者たち、世話人のウィリー・ルーミス(ジャッキー・アール・ヘイリー)や、デイビッドの家庭教師ビクトリア・ウィンター(ベラ・ヒースコート)にも降りかかる。

そんな中、バーナバスは、亡父の「唯一の財産は家族だ」という言葉を胸にコリンズ家の復興を目指す。

◆映画『ダークシャドー』ではそれぞれが何を信じて何を人生の中心に置いて生きているのかが、深く印象に残りますね。

ウィンターズ:私、今迄、自分の居場所をさがしていた。

それがみつかったわ、コリンウッドで!ここで!!

バーナバス:特別の力があるからといって家族を切り捨てるなんて言語道断!

君の両親は地獄の硫黄池に落ちるにふさわしい!

『血は何よりも濃い!』

男は自分がつくるものに誇りをもたなくてはならない!

だが、家族だけが本当の財産だ!

◆ホフマン博士:バーナバス、紳士でしょう!許して!

バーナバス:マダム、私は善人でも紳士でもない!! 

さようなら!!

◆アンジェリーク:バーナバス!あなたが

『人間に戻してくれ!不老不死からもどしてくれ!』

と言ってくると思ったわ!!

あなたが、あたしを愛してくれればいいのよ。

私と一緒にこの小さな池を支配する?

それとも棺桶に戻る!!

◆バーナバス:かつては一緒に生きる道もあったかもしれない!!

アンジェリーク:今からでも出来るわ

バーナバス:お前が求めたのは『愛」ではなく『所有』だ!

アンジェリーク:私のハートをうけとって!

◆デヴィッド:これからどうするの?

エリザベス:生き伸びるの!!

血は水よりも濃い!という言葉がある。

血が私たちを結びつけ、呪いを解く! 我が呪いをは解けた!

◆『人が何を生活の中心に置くか?』

意識下(潜在意識)の世界観が人生を大きく変えていくのですね!!

大手企業に勤めている佐久間さん(仮名)という50代の男性がいます。

ある時、佐久間さんは奥様から離婚を言い渡されライフ・カウンセリングにこられました。

『私は、いつも家族を大切にしてきました。
ところが先日、いきなり妻から離婚しようと言われました。
しかも息子や娘とも会話がなくなってしまいました。
どうしてなのかわかりません!』

それまで佐久間さんは、上司や同僚とのおつき合いや残業も殆どしないで、家族と過ごす時間を優先してきたそうです。

◆ある時、こんなことがあったそうです。

娘が高校にはいった頃、奥様が「パートで働きにいきたい!」といいました。

佐久間さんは『仕事と家族のどちらが大切なんだ!』といって、結局、佐久間さんの奥さんは仕事を諦めました。

奥様が「パソコンスクールに通いたい!」といったこともありました。

この時も佐久間さんは『主婦にはそんな技術は必要ないだろう!」と反対しました。

これも奥様は諦めました。

◆佐久間さんは、

『いつも家族と過ごす時間を優先してきた!』

『自分は家族を大切にしている!』

という価値観を一方的に家族に押し付けていることに氣づいていませんでした。

ライフ・カウンセリングを受けるプロセスで佐久間さんは、実は『家族を大切にしている!』というこの思いこそが、逆に家族にとっては負担になっていたということに氣づきました。

このあと佐久間さんは、奥様を正そうとする前にまずは理解するようにつとめました。

・黙って話を聴く!
・言いたいことがあっても我慢する!
・聴かれたことには的確に答える!

という言葉を紙に書いて持ち歩き実践しました。

佐久間さんのご家族は危機を乗り越え、今ではとても良い関係を築かれています。

マザー・テレサ あふれる愛 (講談社文庫)/講談社

¥520
Amazon.co.jp

◆マザーテレサはいいました。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

◆もし今のあなたに問題があるのであれば、その分野で上手くいっている人から学ぶことです。

今のあなたが上手くいっていない結果を生み出している原因はどこにあるのでしょうか?

それは、あなたの『性格』です。

それでは『性格』の要素は何でしょうか?

『思考』や『言葉』『行動』です。

◆そしてあなたの『思考』や『言葉』『行動』のもととなるものがあなたの意識下(潜在意識)にある世界観やセルフイメージです。

世界観やセルフイメージは、殆どの場合は、親や幼稚園、小・中学校の先生、そして廻りの人の考え方の影響で無意識に身についたものなのです。

◆それでは、あなたの問題を解決するには具体的にどうすればいいのでしょうか?

まずは、あなたが本当に望んでいるゴールのイメージを、感情に直結した願望にまで高め、鮮明にする必要があります。

そして、そのゴール迄のステップを細分化して、動作と作業にわけて繰り返し身につけていくことです。

それには、すでにあなたが望んでいるゴールを実現している人から直接学び、影響を受けることが最も近道になるのです。

◆『人生は誰とつき合っているのか?』が凄く重要です。

なぜなら意識している世界だけでなく、あなたの意識下(潜在意識)にある世界観や自己概念までもが、その人の影響を受けることになるからです。

もしあなたが人間関係だけでなく、仕事でも、健康でも、お金でも、自分がさらに豊かなレベルに行くためには
自分に影響を与える人も、さらに豊かなレベルの人にすることです。

豊かさを求めるよりも、豊かな人になりましょう!

豊かな人こそが、豊かな人生を生きるのですから!

◆キャスト◆

・バーナバス・コリンズ
20世紀の世に目覚めた18世紀のヴァンパイア。落ちぶれた子孫を立て直すために、催眠術などを使って奮闘する。自らの呪いを解き、再び人間の身体を手に入れることを願っている。

・アンジェリーク・ブシャール
バーナバスが失恋させた魔女。彼をヴァンパイアに変え、地中に生き埋めにした後、2世紀にもわたってコリンズ家を苦しめてきた。

・ヴィクトリア・ウィンターズ
コリンズ家にやってきた新任の家庭教師。本名は「マギー・エヴァンス」。自らの痛ましい過去から、名前を変えて町にやってきた。

・エリザベス・コリンズ・ストッダード
コリンズ家の女家長。落ちぶれてしまった家を建て直すために、バーナバスと手を組む。

・キャロリン・ストッダード
エリザベスの反抗的な15歳の娘。家族がデヴィッドにばかり目をかけているのが気に入らず、バー
ナバスに対しても奇人扱いする。

・デヴィッド・コリンズ
エリザベスの10歳の甥。母親の死を受け入れられず、周りから精神的におかしいと思われている。

・ジュリア・ホフマン博士
エリザベスに雇われた住み込みの精神科医。アルコール中毒。年老いていくことに恐怖心を抱いている。

・ロジャー・コリンズ
エリザベスの弟で、デヴィッドの父。ろくでなしで、デヴィッドに対しても愛情を抱いていない。

・ウィリー・ルーミス
コリンズ家の使用人。酒に溺れて、ろくに仕事もしていなかったが、バーナバスの催眠術によって、彼の忠実な従者となる。

・ミセス・ジョンソン
コリンズ家の老メイド。すっかり年を取ってしまい、今では大した仕事もできない。

・ジョシュア・コリンズ
バーナバスの父。町を発展させた偉大な人物だったが、妻とともにアンジェリークに殺害される。

・サイラス・クラーニー
コリンズポートの漁師たちのボス。

・ジョゼット・デュプレ
バーナバスが過去に心から愛した唯一の女性。それゆえにアンジェリークによって呪いをかけられ殺害される。

◆お薦め映画「ダークシャドー」はこちら!

ダーク・シャドウ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)/ワーナー・ホーム・ビデオ

¥3,980
Amazon.co.jp

_______________________________

<魔法のレシピ>

■ 生き伸びる!

■ 特別の力があるからといって家族を切り捨てるなんて言語道断!

■ 血は水よりも濃い!

_______________________________

<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★

『養老の滝』に食事にゆきました。

『養老の滝』はお店によって工夫したオリジナルのお料理や接客があり楽しい空間ですね。

 

純和鶏大串    336円
湯豆腐      378円
ツナサラダ    336円

 

石焼きじゃこ明太 441円
ししゃも     316円

 

塩焼きソバ    399円
アイスブリュレ  294円
GOGOステーキ   578円

 

黒霧島のをいただきながら、家族とこころゆくまで楽しみました。

ご馳走さまでした。

 

※『養老の滝』は
1951年6月に、創始者の木下藤吉郎(矢満田富勝)が創業。当初は、長野県松本市に株式会社富士養老の滝として設立し、1956年に横浜に養老乃滝1号店を開店している。それと共に本社も神奈川県横浜市に移転した。現在の養老乃滝株式会社は、1961年6月に養老商事株式会社として設立された法人。社名は、岐阜県養老郡養老町にある「養老の滝」にちなんでいる(滝にちなむ親孝行の言い伝えから)。
店舗は、直営店舗のほかに、1966年4月から始めたフランチャイズ店舗(グループ内ではファミリーチェーンと呼んでいる)が多い。店では、「養老ビール」というオリジナルブランドのビールを出すが、これはサッポロビールのOEMである。
2008年3月現在、和歌山県、徳島県、香川県、佐賀県、長崎県以外に店舗がある。未出店地域のうち香川県はかつて店舗があったが、県下一円で展開していたフランチャイジーの大丸食品(百貨店の大丸などとは無関係)が、2003年2月に倒産して全店舗が閉鎖。その後、このフランチャイジーが経営していた店舗のうち屋島店のみ、2004年8月に直営店として営業再開したものの、2006年に入って閉鎖されている。
かつては居酒屋の業務の難しい昼間の時間帯を中心に、牛丼の販売を行っており、「養老牛丼」として親しまれた。80年代初頭においては、吉野家と並んで知られた牛丼を出す店であった。価格は当時の吉野家と同じ並盛300円であったにもかかわらず、店によっては注文を受けてから具材を煮込んで作るなど、他のファーストフードチェーンとは若干趣が異なっていた。漫画「キン肉マン」の中で、牛丼が好物の主人公が、養老乃瀧の牛丼の差し入れを受けるシーンなどもある。

 

※ウイキティーペディアより

http://ja.wikipedia.org/wiki/養老乃瀧

※「養老の瀧」はこちら!

http://ja.wikipedia.org/wiki/養老乃瀧

ありがとうございます

SNSでもご購読できます。