自主性、成長、目的!内的動機づけを採用しよう!

◆応援クリックしていただけると嬉しいです
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
 ↓↓  ↓↓

人気ブログランキングへ

成功する人間には、どんな共通項があるのでしょうか?

成功者と他の人は『何が違う』のでしょうか?

書籍『小さくても儲かる会社をつくれた4つの秘訣』
森田健太郎著 かんき出版を読みました。

成功 失敗についてとてもわかりやすく書かれているので氣にいったら是非、お読みください。

※書籍『小さくても儲かる会社をつくれた4つの秘訣』
森田健太郎著 かんき出版を読みましたはこちら!

小さくても儲かる会社をつくれた4つの秘訣/かんき出版

¥1,470
Amazon.co.jp

■引き寄せの法則を活用する質問■

・あなたは、労働生産性を中心にした『経営指標』を抑えていますか?

・あなたは、何度も同じ仕事をしないですむ『仕組み』を作っていますか?

・あなたは、お金が上手に回る『キャッシュフロー』を意識していますか?

・あなたは、社員がやる気になり成長する『見える化』を図っていますか?
__________________________

引き寄せの法則の影響!
<魔法のレシピ>

自主性、成長、目的!内的動機づけを採用しよう!

__________________________

◆ わが社は株式会社グリーンツリーといい、インターネット系ベンチャー企業で2006年3月に設立されたまだ社歴の浅い会社です。

しかし顧問の会計士や税理士から、また多くのの経営者から、どうしてそのような、高い利益が出せるのか?質問されます。

その中で、元『週刊ダイヤモンド』編集長で、ダイヤモンド社の代表取締役専務だった松室哲生氏から、私が持つ「儲かる会社のノウハウ」を公開してみないかと強く勧められました。

 

◆松室氏はあの有名な経営コンサルタント神田正典先生を発掘されたり、また経営の神様と呼ばれるドラッカーへのインタビューをされたりした人です。

その松室氏のアドバイスを受け、また出版社のご紹介もいただき、僭越ながら、少しでも苦労されている経営者にヒントを提供できればと思い、本書の執筆を決意しました。

 

◆ 私が重視している次の四つの点について、本文で詳しく書いていきます。
① 労働生産性を中心にした『経営指標』を抑える
② 何度も同じ仕事をしないですむ『仕組み』を作る
③ お金が上手に回る『キャッシュフロー』を意識する
④ 社員がやる気 になり成長する『見える化』を図る

 

◆また、最近よく思います。

『サラリーマン時代に大事にしていたことは、社長になってかも大事なことだった。』ということです。

次の3つは、仕事を好転させるのに大いに役立ちます。

ⅰ 時間を無駄にしない・・・業務を徹底的に効率化し大切な時間を捻出する
ⅱ スピーディーにレスポンスする・・・相手の時間も大切にする
ⅲ 現場に出る・・・お客様や代理店さん、また問題がおきている現場に行くと、答えが見えてくることが多い

 

◆この本はまさに事実を赤裸々に書きました。

そのため、中身は即実践に参考になるものばかりだと自負しています。じっくりとお楽しみください。

若い企業ですから、これからもいろいろな試練が襲ってくるはずです。

それを受け止めて、私自身が、そして社員の成長できればと思いますし、読者の方々とも、情報交換の場ができればと願っています。

     二〇一三年三月三日    森田健太郎

 

◆TEDダニエルピンクの『やる氣に関する驚きの科学』で,面白い講演があります。

科学が解明したことと、ビジネスで行われていることの間には食い違いがあります。
・20世紀型『外的な動機付け』・・・アメとムチ
・21世紀型『内的な動機付け』・・・自主性・成長・目的

『内的な動機付け』vs『外的な動機付け』どちらが勝つでしょうか?

・20世紀型『外的な動機付け』・・・アメとムチ
・21世紀型『内的な動機付け』・・・自主性・成長・目的が、勝利します。

■無料動画はこちら
  ↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=YcJJYQB0mY0

 

◆ダニエルピンクの『やる氣に関する驚きの科学』のまとめ!
①20世紀的動機付け、「ビジネスで当然のものだとみんなが思っているインセンティブの動機付け(アメとムチ)」は機能するが驚くほど狭い範囲の状況にしかありません。

②IF THEN式の報酬(アメとムチ)は、時にクリエイティビティーを損なってしまいます。
※IF THEN式の報酬:『~したら、~を与える』、『~しなければ、~する』

③『高いパフォーマンス』は「報酬と罰(アメとムチ)」ではなく、『見えない内的な意欲(自主性・成長・目的)』にあります。
『自分自身のためにやるという意欲』『それが重要なことだからやるという意欲』

 

◆重要なのは我々が「このこと」を知っているということです。科学はそれを確認しただけです。

「科学知識」と「ビジネスの慣行の間」の、このミスマッチを正せば、つまり21世紀型の動機付けの方法を採用すれば、私たちが20世紀型の「アメ」と「ムチ」のやり方を脱却すれば、私たちは会社を強くし、多くの問題を解そしておそらく、世界を変えることができるのです。

※『内的な動機付け』vs『外的な動機付け』どちらが勝つでしょうか?

・20世紀型『外的な動機付け』・・・(アメとムチ)
・21世紀型『内的な動機付け』・・・(自主性・成長・目的)が、勝利します。

■無料動画はこちら
  ↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=YcJJYQB0mY0

※書籍『小さくても儲かる会社をつくれた4つの秘訣』
森田健太郎著 かんき出版を読みましたはこちら!

小さくても儲かる会社をつくれた4つの秘訣/かんき出版

¥1,470
Amazon.co.jp

_____________________________

引き寄せの法則の影響!

<魔法のレシピ>

■書籍『小さくても儲かる会社をつくれた4つの秘訣』
森田健太郎著
①労働生産性を中心にした『経営指標』を抑える
②何度も同じ仕事をしないですむ『仕組み』を作る
③お金が上手に回る『キャッシュフロー』を意識する
④社員がやる気 になり成長する『見える化』を図る

 

■ サラリーマン時代に大事にしていたことは、社長になってかも大事なことだった

ⅰ 時間を無駄にしない・・・業務を徹底的に効率化し大切な時間を捻出する
ⅱ スピーディーにレスポンスする・・・相手の時間も大切にする
ⅲ 現場に出る・・・お客様や代理店さん、また問題がおきている現場に行く

 

■『内的な動機付け』vs『外的な動機付け』どちらが勝つでしょうか?
・21世紀型『内的な動機付け』・・・(自主性・成長・目的)が勝利します

_____________________________

★ もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
 

人気ブログランキングへ

/////////////////////////
このブログ『豊田さくらのウエルシーシェフ』では、
メンターや書籍、映画などから学んだ『卓越のレシピ』を、
実際の実務で実践して、成果がでたものを掲載して読者の方に
ご紹介しております。
引用などで、もしご不快な方やご迷惑な方がおりましたら
お申し出いただければ記事を削除させていただきますので
宜しくお願いいたします。
//////////////////////////

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*