粋(イキ)な仕事をしよう! 漫画『美味しんぼ』106巻より

美味しんぼ 106 (ビッグ コミックス)/雁屋 哲

¥580
Amazon.co.jp

映画『美味しんぼ』106巻を読みました。

偉大なる名人名店 第2話 美家古寿司

$さくらの「ウェルシーシェフ」

■豊かさを創る質問■

・あなたは、最高の仕込みをしていますか?

・あなたは、美しい仕事をしていますか?

・あなたは卓越した仕事をし、それをより粋(イキ)に見せていますか?

$さくらの「ウェルシーシェフ」

_______________________________

<魔法のレシピ>

粋(イキ)な仕事をしよう!

_______________________________

$さくらの「ウェルシーシェフ」

ここからは漫画『美味しんぼ』106巻偉大なる名人名店 第3話 美家古寿司、のあらすじになります。

※ネタバレがありますが、より深く内容を理解たい方にはお薦めです。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆噺家の快楽亭ブラックは師匠から、後輩の変太郎に江戸落語の粋(イキ)を教えるように申しつかる。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

師匠がいうには江戸の噺家は、話だけが上手くても粋(イキ)でないとダメ!ということだ。
$さくらの「ウェルシーシェフ」

ところがブラックは粋(イキ)という意味を自分自信がわかっていないと、師匠にいわれているような氣がして悩む。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆山岡は、ブラックに粋(イキ)ということを舌で学ばせるために寿司屋に連れて行く。(笑)

1軒目の『寿司 豪』は、名前のとおりとても豪華なお店で板前が「ネタは産地を選び抜いたものばかりです。」と説明します。

「このエビは九州から直送です。」

「この松葉ガニは、日本海直送です。」
$さくらの「ウェルシーシェフ」

「こちらは丹波の松タケを、ちょっとあぶり煮切りをつけました。」

$さくらの「ウェルシーシェフ」

「青森県の大間のマグロのトロです。」

$さくらの「ウェルシーシェフ」

「カスピ海直送のキャビアにとリュッフをかけました。」

$さくらの「ウェルシーシェフ」

ブラックや山岡の連れは、超豪華なお寿司なのですが、何故だか?なんかしっくりきていません。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆2軒目の寿司屋で、山岡はブラックを、浅草の小さな『美家古寿司』に連れて行きます。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

お店の5代目の前田正さんは、山岡がお世話になった4代目と変わらない姿勢でブラックや変太郎、そして山岡一行に寿司を握る。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

『美家古寿司』の仕込みの仕事を見せてもらったブラックはそこでコハダ一つを握るにも酢の塩梅から、塩の塩梅、熟成のころあい、に至るまで、もの凄く手をかけていることを知る。

ところが親方の前田さんがその努力をいっさい見せないでひょうひょうとしてコハダの寿司を握るのに感動する。
$さくらの「ウェルシーシェフ」

そしてブラックは

「粋(いき)というのは、厳しさなどを、いっさいみせないで、仕事をすることですか?」

と山岡に聞く。
$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆山岡は、ブラックのその答えは大切な3つのうち、2つのポイントを抜かしているから「33点だ」とブラックに告げる。

では大切なポイントの残りの2つは何か?

一つは、寿司をにぎるときに、シャリをちぎって捨てていない。

寿司を握るときの、その無駄のない美しい握り方だった。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

親方の、前田さんはいいます。

「プロの寿司職人であれば、片方の手でネタをもった瞬間にもう一方の手で、そのネタに最適な量のシャリをにぎるのでシャリをちぎって、すてなくて良いのです。」
$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆さらにもうひとつは、寿司ネタとシャリの関係だった。

刺身だけで美味しくたべるなら寿司にする必要はない。

そこには「酢めし」と「ネタ」をあわせることで、刺身だけで食べるよりも、さらに美味しくする技術があったのだ。

親方は、シャリを丸めることで、空気が入り美味しい寿司をにぎっていたのだ。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

ブラックは『美家古寿司』で、寿司タネの仕込み、握る美しさ、握る技術、そのどれをとってももの凄いものなのに、それを何一つ自慢しないことが粋(イキ)だと氣づく。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆お薦め漫画『美味しんぼ』106巻はこちら

美味しんぼ 106 (ビッグ コミックス)/雁屋 哲

¥580
Amazon.co.jp

_______________________________

<魔法のレシピ>

■ 最高の仕込みをしよう
■ 美しい仕事をしよう
■ 卓越した仕事をし、それをより粋(イキ)に見せよう

_______________________________

<さくらのB級グルメ> ★★★★★ ★★★

$さくらの「ウェルシーシェフ」

『大戸屋』で、チキンカツレツ特性デミグラソース』780円をいただきました。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

ソテーしたキャベツを敷きつめた熱々の鉄板にチキンのカツレツを盛り付け、和風仕立てのデミグラスソースがかかってます。

このソースにコクがあり大好きです。

ご飯はややカロリーが低い「五穀米」で大盛りも無料サービスしているみたいです。

お味噌汁と漬物も美味しくて嬉しいですね。

女性が一人でも入れる定食屋『大戸屋』さんいいですね。♬(◕‿◕❀)

$さくらの「ウェルシーシェフ」

■『大戸屋』はこちら!

http://www.ootoya.com/menu/grand_01.html

ありがとうございます。

     
  

SNSでもご購読できます。