竹田和平さんの教え『成功とは○○』?

自分を思いどおりに動かして!夢を現実化する(まる現)の久家邦彦です。

◎なぜ、5年で5倍の所得に『智慧』や『徳』が必要なのでしょうか?

◆日本一の個人投資家といわれる竹田和平さんは教えてくれます。

「経営者や投資家、お金を儲けようという人は、『志』がある人です」

■『志』がある人は、「情報を求めて」どこにでもいきます。

明治維新のころは、長州(山口県)や土佐(高知県)、薩摩(鹿児島県)から、船や馬、ときには歩いて京都や江戸(東京)を行ききしていたのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<卓越のレシピ>

成功はテクニックではなく『体質』です

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■『志』には動機があります。

そしてその動機が「誰かを守るため」だと「強いエネルギー」がでるのです。

例えば、

・女性は子供ができて、母親になると強くなります。

・会社に勤めている人が、経営者になると、会社を守るために強くなります。

■大切なことなので繰り返しますね。

『志』には動機があります。

そしてその動機が「誰かを守るため」だと「強い力」がでるのです。

・家族を守るために
・会社を守るために
・地域を守るために
・日本を守るために

「所得を5年で5倍にしよう。」と考えると力がでるのです。

■そのとき同じ『志』をもった人が集まると、さらに「強い力」がでます。

同じ『志』をもった人が、1人より2人、2人より5人、5人より10人ということです。

■ここで大切になるのが、『智慧』と『徳』です。

昔から、親が子供に教えてきたこんな言葉を聴いたことはありますか?

√ 「正直になりなさい」とか

√「素直になりなさい」とか

√「真面目になりなさい」とか

私も子供の頃から学生時代まで、よく親にいわれてきました。(笑)

今、当時を振り返ってみて暴露すると、自分が、正直でも、素直でも、真面目でもなかった時代は、確かに、何をやっても長続きすることがありませんでした。

当時は、「なぜ、そんなことが大切なのか?」まったく氣づいておりませんでした。

■先日、お電話で竹田和平さんにお聴きしてみました。

私:「なぜ、5年で5倍の所得をあげるのに、『智慧』や『徳』が必要なのでしょうか?」

■和平さんはすぐに教えてくれました。

・和平さん:「『正直になる』と、人から信用されるよね。人から信用されるようになるとお金が入ってくるんだよ。」

・私:「なるほど、だから信用が大切だと、昔からいうのですね。」

・ 和平さん:「『素直になる』と、勤勉になりますね。勤勉になると『智慧』と『徳』がついて豊かになるのですよ。」

・私:「そういうことなのですね。今も昔も、成功する人が情報を求めてどこにでもいった。という意味が少しわかるような氣がします。

『全て成功はアイデアから始まる。』という言葉を聴いたことがあります。」

・和平さん:「それから『真面目になる』と、倹約する習慣が身につきますね。そこから利益が生まれるのです。」

・私:「なるほど。そういうことだったのですね。

『入るを量って、出るを制する』という言葉をお聴きしたことがあります。
収入がどれくらいあるかを計算して、それに釣り合った支出にすること。
が基本になるのですね。」

・和平さん:「テクニック」ではないのです。

あなたが豊かに幸せに健康になるのは「テクニック」ではなく、あなたの『体質』なのです。

なぜなら「徳がある人」というのは『体質』なのです。

「智慧がある人」というのも『体質』なのです。

・私:なるほど、昔から、親が子供に教えてきた

√「正直になりなさい」とか

√「素直になりなさい」とか

√「真面目になりなさい」というのは、

『そういう人になりなさい。』ということだったのですね。

■ 例えば、一日一善など「徳を積み重ねることを、習慣にすること」でより『徳がある人(徳がある体質)』になりなさいよ。

毎日、「正直に、素直に、真面目に生きることを習慣にすること」で、より『智慧のある人(智慧のある体質)』になりなさいよ。ということだったのですね。

・和平さん:「『徳のある体質』や『智慧のある体質』になると儲かるのです。
そしてそれは、昔から親から子供へと伝えられてきたことなのです。」

・私:「なるほど、そういうことだったのですね。」

・和平さん:「昔からいわれつづけている言葉は、『天の言葉』なのです。
天と共に生きている人は、どんどん豊かになるのです。」

・私:「ありがとうござます。」

■ここまでこの文章をお読み頂いた方に、お伝えしたいことがあります、、、。

じつは、こういう大切なお話というのは、先生が一方的に教えても、身につかないのです。

「えっ?」

■こういう大切なお話は、

例えば、「あなたはどう思う?」と聴かれて、

⇒「私は、こうやってみたけどうまくいきませんでした。」とか

⇒「こうやったら上手くいきました。」というように

「問うて、学ぶこと」で始めて身につくのです。

■なぜなら、「問うて学ぶこと」をとおして、お互いが考え、実践を重ねることで、

・「うんうん、なるほど!!」とか

・「そうか、そうだったんだ。」とか

・「自分が何を知らなかったのかが、わかった!」とか

・「同じことをくり返していた理由が、やっとわかった」とか

そこに始めて『感動』が生まれるからです。

■わたしたち人間は、「頭でどんなにわかっても、行動が変わらなければ、結果は変わりません。」

ところが、「問うて、学ぶこと」で、そこに感動が生まれると、感情が動き、行動が変わるのです。

■日本一の個人投資家といわれる竹田和平さんが教えてくれる、5年で所得を5倍にする『智慧の体質』と『徳の体質』のつくり方とは、

√ どんな感動があるのか?

√ 本当に自分にも身につくのか?

√ 具体的に、どんなものなのか?

という方へ、竹田和平さんとの実際の『智徳問答の音声』(58分30秒)を、プレゼントさせていただきます。

■こちらから、書籍『なぜ、あなたの思考は現実化しないのか?』の動画プレゼントにご登録ください。 (3月31日まで限定!)

⇒ http://marugen.tokyo/book

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<卓越のレシピ>

■成功する人は、テクニックではなく『体質』です。

  経営者や投資家は『志』がある人です。

■『志』には動機があります。

『志』は、誰かを人を守るとき、強い力になります。

同じ『志』をもった人が集まると、さらに強い力になります。

■学問とは、問うて、学ぶことである!

日本一の個人投資家といわれる竹田和平さんと智徳問答をとおして、『智慧の体質』『徳の体質』を身につけてゆこう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:このお話は

「ご関心がある人」と「ご関心がない人」に分かれますので、

「所得を5年で5倍にして、美しく豊かな日本を引き継いでいきたい。」

とお考えの方のみお読みください。

■今、日本の財政赤字が1000兆円を超えています。

・もし仮に、ハイパー インフレーションになると、生活が破綻するかもしれません。

・もし所得をあげないで税金だけあげると、不動産や株式が売られて、暴落するかもしれません。

・もし国債でまかなっている年間50兆円の国家予算を削減すると、

GDPが350兆円に減るかもしれません。

そうなった場合、会社がなくなり、商品がなくなります。

■『危機』には、「危険」と「機会」。つまりチャンス「機会」が同居しています。

「あなたは、こんなお話を聴いたことがありますか?」

日本は戦後、焼け野原で何もないところから世界第2位の経済大国まで上り詰めました。

これは世界的に見ても例が無く、第二次世界大戦終戦直後の復興から続く一連の経済成長は

「東洋の奇跡(Japanese miracle」」と言われています。

■わたしたちの親や祖父、祖母、つまり先輩達は、敗戦後、何もなかったところから奇跡の経済復興をとげ、これだけ豊かな国をつくり育ててきたのです。

今、私たちに必要なことは、戦後の復興期のようにどんどん稼いで、所得を増やし、納税を増やすことです!

そして、インフレなき経済成長を成し遂げることです。

「期限は6年です。」

■音声のなかで、吉武さんが話されていますが、

『氣づいた人の役割』です。

いい選択が未来を変える!
豊かな未来を現実化する!!
日本現実化戦略研究所(まる現)
    久家 邦彦

     
  

SNSでもご購読できます。