真心の輪 経営 4


竹田和平さんは日本一の個人投資家といわれておりますがどんな会社に投資をしているのでしょうか?
「徳」のある会社に投資するのじゃがね。
ただ、自分に「徳」がなければ、相手の「徳」はわからんよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

真心を大切に「徳」の輪の経営をしよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆和平さんが大株主の会社の経営者が、業績を落としてしまい和平さんに挨拶に来られるときがあったそうです。
その会社は、先物取引の会社の経営者なのですが、和平さんはその前日から、ニコニコしながら新聞や雑誌を切り抜き資料をつくっていたそうです。
和平さんに「何をしているのですか?」とお聞きすると・・・
「明日くる経営者を励まそうと、
 新聞や雑誌から、業績が落ちて苦しくなった会社が
 V字奪回した記事を集めているんじゃよ。」
といわれたそうです。

◆当日、お詫びに来た経営者達は元氣がなくどんよりした雰囲気だったのですが和平さんはニコニコして・・・
「あなた方がやっている仕事は尊いよね。
なぜなら、あなた方がいるから、農家の人達も安心して
作物の生産が出来る・・・・」
と経営者の方を励ますのです。
そして、その経営者の方たちは和平さんのところから帰る時には、堂々と元気になって誇りをもって返っていったそうです。

◆和平さんは
「やり始めたときの目的を忘れると会社が赤字になる」
 といいます。
もともと株式投資の目的とは・・・
・会社をやる人が目的をもって事業をおこし
・その事業を支援する人が出資するために、株を買い
・その事業から利益がでたら、その利益を出資者にお返しするものなのだといいます。
つまり事業家でも、投資家でも「目的」が先にあるのですね。

◆和平さんがオーナーの事業や投資する企業は
「真心の輪の経営」を実践され、徐々に業績が上を向いてきているそうです。
嵐の中だからこそ「徳」の光で、航路を照らしていきたいですね。
竹田 和平さん、本田 晃一さん、中野さん、山本さん豊かな智慧を、本当に有難うございます。
心から感謝をこめまして

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

■やり始めたときの目的を忘れると会社が赤字になる

■株式投資の目的とは
・会社をやる人が目的をもって事業をおこし
・その事業を支援する人が出資するために株を買い
・その事業から利益がでたら、その利益を出資者に
 お返しするものである

■廻りの人を明るく励まし、元気にしよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>
岩手県の盛岡にやってまいりました。

朝、起きてみると雪で真っ白静かで穏やかな朝をむかえました。
感謝(* ̄ー ̄*)
そしてお昼は岩手名物の冷麺をたべに
地元で評判の良かった「ぴょんぴょん舎」へ
ここの冷麺は、とても腰が強くつるつる、しこしことさっぱりとしたスープに本当に良く合います
■冷麺のルーツは、朝鮮半島の北西・平壌です。
平壌冷麺は、お米のとれにくい寒い地域に伝わる冬の料理でソバ粉・でんぷん・小麦粉を練り上げて作った麺と、ミルクのようにまろやかな高麗キジのだし汁に、冬沈漬(トンチミ)という大根の水漬けの汁を加えた自然発酵のスープが特徴です。

■ソバを栽培し、キジが生息する、漬物のおいしい寒い地域…となると、そう、盛岡も共通しているのです。
平壌をふるさとにもつ料理人が、ふるさとに思いを馳せて、盛岡で冷麺を作ってみたのが盛岡冷麺の始まりです。
ぴょんぴょん舎のWEBより

http://pyonpyonsya.co.jp/reimen.html
ぴょんぴょん舎の冷麺は、辛さも、選べて大満足でした。
ありがとうございますo(*^▽^*)o

     
  

SNSでもご購読できます。