真実だと疑わない考え方が真実でないことがある 『ザ・マネーゲームから抜け出す方法』より

「ザ・マネーゲーム」から脱出する法/ロバート・シャインフェルド

¥1,470
Amazon.co.jp

書籍『ザ・マネーゲームから抜け出す方法』著者:ロバート・シャインフェルド 本田健(訳)を読みました。

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、マネーゲームで勝つために、大きな代償を払っていませんか?

・あなたは、世界で起きていることの裏にある「隠された原動力」の「本当の性質」と「その利用法」をご存知ですか?

・あなたは、人が「真実だと信じて疑わない考え方」が「真実でない」ことがあることをご存知ですか?

$さくらの「ウェルシーシェフ」
_______________________________

<魔法のレシピ>

人が「真実だ!」と疑わない考え方が、「真実でない」ことがある

_______________________________

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆書籍「マネーゲーム」には大ベストセラーである『心のチキンスープ』の著者ジャックキャンフィールドが序文を書いています。

歴史を振り返ると、どんな時代にも、絶対的な真実として当時の人々が信じて疑わなかった考え方や仮説がありました。

時間がたつにつれ、その多くが真実ではないことが明らかになり人々はその度に世界観を見直し、新たな考え方や仮説を受け入れてきたのです。

たとえば世界が平だと信じられていた時代がありましたが、それは間違いだった!とのちにわかりました。

医学の歴史を見ても、身体がどのように機能するのか、病気とはなにかいかにして病気を治すのか、について多くの仮説があらわれては否定されてきたことがわかります。

 

◆今、私たちが「真実だ!」と疑わない考え方の典型が「マネーゲーム」だとロバート・シャインフェルドはいいます。

ジャックキャンフィールドは、人生の大部分をこの「マネーゲーム」に費やしてきて「マネーゲーム」のベテランになりました。

書籍『心のチキンスープ』は41の言語に翻訳され、1億冊売れてギネスブックにも掲載されて数々の賞をいただき、資産を増やすこともできました。

その結果、代償も払いました。家族や友人から離れ1年の半分以上は家を空けてきました。

どんなにたくさんのお金を手に入れても、教えられたとおりの「マネーゲーム」のルールや規則、しくみに従ってプレーしている限り、ストレスや不安、痛み、大切なのものをうしなった喪失感、失望感はついてまわる」といいます。

そして「マネーゲーム」に勝てば、勝つほど、もっと別の方法はないものかと考えるようになりました。

◆「マネーゲーム」とは、私たちが誰しも参加しているお金のゲーム。

このゲームは、たとえどんなにお金を稼いだとしても終わることはありません。

一生、お金という幻想に追われ続けるゲーム、誰も永遠に勝つことができないゲームです。

そこから抜け出さない限り、本当の豊かさも、幸せも、手にすることはできないと著者は言います。

「では、どうすれば抜けられるでしょう?」

それは、今私たちが持っているお金に関する知識や理解のすべてが、よく考えられた壮大なゲームなのだと、心から「納得」することだといいます。

◆「マネーゲーム」を突破し『ザ・マネーゲームから抜け出す方法』を発見することができた背景について、ロバート・シャインフェルドはいいます。

ジグソーパズルのように、ピースをひとつひとつ探して埋めていくことである日、全体像が目にはいってきて、自分を驚かせた。

あなたさえその気になれば、その驚きを経験できるでしょう。」

最初のピースは、祖父で、シンプルなアイデアから出発してフォーチューン500に数えられる世界最大の人材派遣会社マンパワー社に育てあげたアーロン・シャインフェルドからもらいました。

◆ロバート・シャインフェルド(ボブ)は祖父のアーロンの70歳の誕生日のときに自分の人生を決定的に変えることになる『2つの重要な真実』について教わりました。

1、世界で起きている事の裏には、「隠された原動力」があり、その存在については殆どの人が知らない

2、その「隠された原動力」を理解し、利用法を知ることによって、人は強大な力を解き放ち、文字通り人生に奇跡を起こすことができる

祖父のアーロンは、この「隠された原動力」の「本当の性質」と「その利用法」を教えてくれましたが、その7ヶ月後に亡くなりました。

ボブはそれから35年かけて、足りないジグソーパズルのピースをたくさん見つけて「マネーゲーム」の達人になりました。

◆そしてそのシステムを活用して、資産を築きましたが、その後破産して、負債を負います。

のちにたてなおし、以前よりも大きな財産を築くことができました。

その大きな要因のひとつが、わずか4年で売り上げ127万ドルから4430万ドルの会社に成長させることができたブルーオーシャンソフトウエアー社は、ビジネス雑誌「インク500」に3回も選ばれほどの企業になり、1億7700万ドルで買収され、それまでの努力に対する報酬として金額を受け取りました。

この間にジグソーパズルのピースを集めて見えてきたことを本にまとめ2冊のベストセラーとなりました。

◆しかしブルーオーシャンソフトウエアー社を売却して1年ほどたつと積み上げた資産がみるみるうちになくなっていきました。

「これはおかしい!何か見落としている事があるに違いない。」

「不思議の国のアリス」や「マトリックス」の「ウサギの穴」のさらに奥深くに入らなくてはならないことに氣づいたのです。

今度は妻と二人の子供という、家族がいたので、とても怖くなり自分が見落としている何かを探そうと必死になりました。

祖父のアーロンがもっていたけれど、自分がいまだ見つけることができていない、パズルの最後のピースを見つけることに没頭したのです。

◆それから8ヶ月後に、ボブは最後のピースを見つけました。

書籍『ザ・マネーゲームから抜け出す方法』でその最後のピースが紹介されています。

ボブの経験と、世界的な何百人もの裕福な人たちの付き合いのなかで発見したことは「マネーゲーム」はけっして勝つ事ができないゲームだということです。

「マネーゲーム」でお金をどんどん積み上げても、それだけでは上手くいきません。

「マネーゲーム」から完全に脱出して、あなた自身が選んだ新たなルールをもちいた、新しいゲームを始めるしかないのです。

その時、はじめて物事が変化し、その変化が定着化し、人生が本当に楽しいものになるのです。

◆ボブは『マネーゲームから脱出する方法』を知っていますが、それはあなたがボブが指し示す地図に従う場合のみ可能だといいます。

そしてボブは、「もしあなたが責任をもって努力すれば、その見返りは現時点では想像できないほど大きなものになるでしょう。

一度マネーゲームから脱出すれば、今後の人生においてあなたがお金について悩む事はなくなると、ボブは書籍『マネーゲームから脱出する方法』のなかで、自信を持って断言しています。

 

◆著者のロバート・シャインフェルドは世界的に有名な人材派遣会社『マンパワー』を創業者の孫で、専門はダイレクトレスポンスマーケティング

祖父が伝授しようとした成功の秘訣「11番目の鍵」の秘密を解き講演や著作を通じて、190カ国以上で何万人という人に成功の定義を教え、成功への道を変えさせる。

経営に関わったブルーオーシャンソフトウエアー社は、ビジネス雑誌「インク500」の最速成長企業1位となる。

※お薦め書籍『ザ・マネーゲームから抜け出す方法』はこちら!

「ザ・マネーゲーム」から脱出する法/ロバート・シャインフェルド

¥1,470
Amazon.co.jp

_______________________________

<魔法のレシピ>

■ 「真実だ!」と疑わない考え方の典型が「マネーゲーム」である

■ 一度「マネーゲーム」から脱出すれば、お金について悩むことがなくなる

■ 世界最大の人材派遣会社マンパワー社に育てあげたアーロン・シャインフェルドからボブが教えられた

    『2つの重要な真実』

1、世界で起きている事の裏には、「隠された原動力」があり、その存在については殆どの人が知らない!

2、その「隠された原動力」を理解し、利用法を知ることによって、人は強大な力を解き放ち、文字通り人生に奇跡を起こすことができる!

_______________________________

<さくらのB級グルメ> ★★★★★ ★★★

韓国家庭料理の『焼肉丼 味楽屋(みらくや)』でカルビ丼をいただきました。


『焼肉丼 味楽屋(みらくや)』の焼肉丼は本場韓国のお味で、どれをとっても美味しくてお薦めです。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

カルビ丼(550円)、ハラミ丼(700円)、豚ロース丼(500円)食前にはサラダやスープもついてきます。

カウンターのみのお店ですが、女性一人のお客様も何名かいてスッタッフの方の感じもよく、思わずまたはいりたくなるお店です。
$さくらの「ウェルシーシェフ」

『焼肉丼 味楽屋(みらくや)』の「カルビ丼」は知る人ぞ知る、B級グルメですね。

ありがとうございます。

SNSでもご購読できます。