相手のために「売る」  久家邦彦です。 今日も1日元氣で顏晴ろう!

$701強運のレシピ!

こんにちは久家邦彦です。

今日も1日元氣で顏晴ろう!

◎あなたは、アイデアを一心に求めていますか?

 

◆アイデアは、それを一心に求めてさえいれば必ず生まれる。
    チャップリン

○豊かに生きていく上で、商品やサービスだけでなく自分を「売る」ことは大切なことです。

営業やマーケティングをやり始めた頃、全く「売る」ことができませんでした。

ところが・・・

ある出来事をきっかけに10倍以上売るアイデアに氣づきました。

安売り競争で疲弊していく人や、会社が続出する中で「売る」ということについて考えてみたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<強運のレシピ>

相手のために「売る」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

$701強運のレシピ!

 

◆営業を始めたばかりの頃、「売る」ことができませんでした。

あまりに売れないので、月末になるとローンの支払いに負われ、公園のベンチで悩んでいいたこともありました。

そこである業界で世界一売上実績がある人を紹介してもらい「教えていただこう!」と思い逢いにいきました。

その方は、日本人ではなかったのですが、率直に聴いてみました。

「商品やサービスが売れるようになるには、どうしたらよいのでしょうか?」

すると・・・

その方はコップに水を半分入れてきて、それを私に見せて

「このコップの水を見て、あなたはどう思いますか?」

と質問されました。

当時の自分は、「前向きに答えよう!」と思い・・・「コップに水が半分も入っています。」と答えました。

 

◆すると、その世界一のセールスパーソンは・・・

「それは、君の主観が入っているよね。

物が売れるようになるためには、『事実』を見ることが大切なんだよ。」

と教えて下さいました。

「コップに水が半分も入っています。」とか「コップに水が半分しか入っていない。」というのはあなたの主観です。

「事実はコップに水が半分入っている。ということです。」

というのです。

当時を振り返ってみるとその方が、いわんとしている意図がわからず途方にくれていました。

 

◆そこでもう一人、業界でダントツ一位の成果を上げている方に会いに行きました。

次に教えて頂いた方は、他の業界でダントツ日本1位のセールスの超プロでした。

彼は、最初にこんな質問をされました。

トップセールス:
「あなたは世の中に、完璧な商品はあると思いますか?」

この質問の意味がわからず、答えにつまりました。

私:「・・・」

トップセールス:
「それでは例えば、皆が憧れるようなダイヤがちりばめられたロレックスで、しかも時間が狂わない電波時計
があったとしたら・・・それは「完璧」な商品ですか?つまり。そんな商品があったら、あなたは必ず売れますか?」

私:「・・・」

トップセールス:
「では、あなたがそのキラキラのロレックスの時計をつけて、銭湯に行ったらどうですか?」

「そんな高価な時計で銭湯にいったら、怖くはないですか・・・?」

私:「そうですね、そんな高価な時計つけて銭湯にいったら落ち着かないです」

トップセールス:
「では小学校時代の同窓会とかで、気心のしれた友人にそのキラキラのロレックスの時計を見せたらどうですか?相手は嫌みに感じるかもしれませんね?」

『つまり、この世の中に100%、誰に対しても、どんな時でも完璧な商品は「ない」ということです。』

 

◆トップセールス:
「逆に、10年以上商売を続けられている商品で、誰にたいしても100%まったく役に立たない商品はありますか?

私:「・・・」

トップセールス:
「10年以上商売を続けられている商品で100%役に立たない商品は「ない」ですよね。」

私:「ハイ」

彼は教えてくれました。

「物を売る場合は、よりお客様のメリットになるように、、まずは相手が真に望んでいることや、相手の氣持ちをより深く理解して・・・。

商品やサービスの、長所と、短所、つまり『事実』を見たうえでよりお客様のお役にたつような形で販売することだよ。」

 

◆この話をお聴きして、始めて「ハッ」と我に返りしました!!

なぜなら、自分の中で「無意識に売れない言い訳をしていた」ことに氣づいたからです。

当時は「一人でも喜ばないお客様がいる商品は、売れない。」と考え、そこで自分の思考を止め、アイデアを求めていない時期があったからです。

その日から、考え方や自分の中でする質問を変えました。

毎日「どうすればお客様に、もっと喜んでいただけるだろう?」と考えて販売するようになりました。

すると、同じ商品が毎月10倍以上も売れるようになったのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<強運のレシピ>

■自分の『主観(思い込み)』でなく『事実』をみよう!

■世の中に100%完璧な商品も、100%役に立たない商品もない!

■「どうすれば、お客様にさらに喜んでもらえるのだろうか?」と考えアイデアを付加して販売しよう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

$701強運のレシピ!

追伸:アメ横で築地直送の新鮮なお刺身のと特盛り丼をいただきました。

大好きなイクラやマグロ、サーモンやトロがたっぷり入っていて700円です。嬉しいですね。(笑)

『脳力革命で人を幸せに!』
   久家 邦彦

SNSでもご購読できます。