生産者の思いを、お客に届けよう ! 居酒屋「四十八漁業」、宮崎日南「塚田農場」より

カンブリア宮殿で『客も生産者も喜ぶ!外食産業の新しいあり方』

居酒屋「四十八漁業」、宮崎日南「塚田農場」などを手掛ける外食企業APカンパニーの米山久社長を観ました。

 

日本の漁業人口は、約10年で26万人から、20万人になり6万人も減少している。

採算があわないので、若者の多くが日本の漁業を継がないからだ!

 

島根県の御津漁港。

ここでも過疎化高齢化が進み、採算が取れ難い漁師の跡取りはなかなかいない。

そこにAPカンパニーの野本さんが呼ばれた。

漁師の金崎良太さん27歳(最若手)が呼んだ。

APカンパニーと取引できないかを打診するためだ。

その商品は「さざえ」だ。

漁をして揚がったサザエを前にして交渉。

小さな一歩が始まった。

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、どんなつながりの中にいますか?

・あなたは、『激安』を超える『感動』を生み出していますか?

・あなたは、価値あるものに、さらなる付加価値をつけて提供していますか?
_______________________________

<魔法のレシピ>

生産者の思いを、お客に届けよう

_______________________________

 

◆宮崎県では、さらに大きな取引が進行していた。

APカンパニーが漁船を購入し、漁業に乗りだそうというもの。

漁業権があるため、新規参入は難しい。

そこに起死回生の漁業権を借り受ける契約が出来て始めての漁に出ることができた。

9月9日宮崎県延岡市、定置網の漁が始まった。

漁師はハローワークで募集した。

3人の漁師のうち、未経験者が2名いる。

この日獲れたのは、サバ・真鯛・アオリイカなどだ。

こうして宮崎県で「雇用」も生まれた。

 

◆副社長の野本さんはいいます。

入社したときに、米山社長から「漁師までやる!」といわれた。

最初は’やれません’と断ったが、米山社長がそれを認めなかった。

米山社長はいいます。

「居酒屋で提供している魚は、漁師の顏が見えない!いつ、どこで、誰がどのような漁法でとったのかをお客様に
説明できるのか?」

「できませんね。」

「では、漁師さんに直接、買い付けにいくしかない!」

「やろう!」 

「自分たちで穫った魚を居酒屋で提供したらお客様は喜ぶよね!」

そこで漁師さんに’頼もう’という感じで、一つひとつお願いしていった。

最初は突拍子もないと思ったが、今はどっぷりはまっている。

 

◆一本釣りのマグロ、南大東島の漁師・菊地義郎さんが釣り上げた。キハダマグロだ。

 

沖縄の南大東島の周辺はマグロの宝庫。

ところが漁師の菊地義郎さんは週に4日しか漁に出ない!

その理由は・・・「売り先が無い」からである。

そんな菊地船長のもとに、東京から魚の買い手があった。

航空便で東京の居酒屋に送るというのだ!

APカンパニーは、朝とれた魚を8時間後には居酒屋でだしているという離れ業をやった。

日本の多くの漁師さんは、漁価があがらない、漁獲も上がらないということで困っていた。

漁師専門では採算が摂れにくいからだ。

それをAPカンパニーが直接買い取った!

 

◆東京五反田、APカンパニーの新しい店がオープンした。

魚専門店の「四十八漁場」

売りはどこにも負けない「新鮮さ!」だ。

その日の朝に水揚げされた魚が空輸されて提供される。

店を任されたのは副社長の野本さん。

「我々も安く売れる! 漁師さんも高く売れる!ということができれば良い。」という!

 

◆お店に来た契約漁師の古谷さん、お店に出される自分が水揚げした魚に舌鼓を打つ。

「取れ立ての新鮮さが保たれている!」

 

米山社長はいいます。
「もともと価値が高い第一次産業に、APカンパニーが付加価値を付けて提供している。」

※魚専門店の「四十八漁場」はこちら!

http://www.apcompany.jp/news/2011/06/0715open.php

■APカンパニーは生産者と繋がるうちに「生産者の思いを客に届ける」という新たなスタイルをつくった。

激安を越える「感動」の誕生だ!

 

外食企業APカンパニーの米山久社長の『カンブリア後記』ブログはこちら!

http://ameblo.jp/yoneblo/entry-11019426129.html

_______________________________

<魔法のレシピ>

■ 人はつながりのなかで生かされている

■ 価値あるものに、付加価値をつけよう

■ 激安を超える『感動』を生み出そう!

_______________________________

<さくらのB級グルメ>★★★★

 

新宿にある地鶏の『塚田農場』に行きました。

 

宮崎地鶏じとっこのもつ鍋をいただきました。

 

コラーゲンたっぷりの地鶏のスープはコクがあり、すっきりしていて一度飲んだら、やみつきになりそうなお味です。

 

モツも新鮮で、ぷるんぷるんしていてとても美味しくいただきました。

締めはラーメンにしていただきましたが豊かなモツの出汁でつくられたラーメンは、まったりとしたコクがありまさに志高のお味ですね。

 

地鶏の『塚田農場』はリピート率6割というだけあって・・・。

 

デザートのサービスや、美味しいお味噌のプレゼントさらに、また来店したくなるサプライズの仕組みなど

 

是非、一度いってみることをお勧めします。

※『塚田工場』はこちら

http://www.apcompany.jp/shop/tsukada.php

ありがとうございます。

SNSでもご購読できます。