燃えるような願望が忍耐力を強くする!

$701強運のレシピ!

こんにちは!久家邦彦です。

「成功する人」と「失敗する人」の違いはどこにあるのでしょうか?

三洋電機の創業者である井植歳男の歴史を読みました。 ※敬称略

1947年(昭和22年)、45歳の井植歳男は松下電器産業㈱の専務として、義兄である松下幸之助の片腕を勤めていましたが、戦後、占領軍による財閥解体により松下電器産業を去り独立することになります。

独立といってもスタートはゼロからではなく、義兄に勧められ松下電器の株式を買うために住友銀行から借り入れた350万円もの個人的な借金を抱えていました。しかもその株式は紙屑同然だったそうです。

$701強運のレシピ!

——————————————-
<強運のレシピ>

燃えるような願望が忍耐力を強くする!

——————————————-

$701強運のレシピ!

◆井植歳男が住友銀行に挨拶にいくと、のちに頭取になる鈴木剛が出迎えていいます。

「会社をおやめになられるそうですね。これからどうするのですか?」

「本当は故郷に帰って魚釣りでもして暮らしたいが、お宅に350万円もの借金があって、それを返す当てがなくて困っている」

「そは住友銀行も困ります。借金を担保に住友銀行がお金を貸す相手は2人目なのですがどうでしょうあなたの借金を担保に少しばかり融資をしますのでもう一度何か事業をやって利益を上げながら返済していただけませんか?」といわます。

こうして固いことで有名な住友銀行から50万円の融資を受けて私財を処分した70万円とで「自転車用の発電ランプ」をつくる会社をはじめます。

 

◆1947年、井植 歳男は兵庫県に三洋電機製作所を設立。

出発にあたり松下幸之助が、「ナショナルのマーク」をつけることを認めてくれた。

それは松下幸之助にできる最大の援助だった。

「自転車用の発電ランプ」の最初の試作品が完成したのが7月注文がぼつぼつ入り始めた11月、井植 歳男が商品見本をさわっていたら、自転車に取り付けるアーム軸が音もなく折れてしまった。

そこで、社内にあった全ての商品を検査してみると、半分が不良品。

これでは「ナショナルのマーク」を信用して買ってくださったお客様にも、また「ナショナルのマーク」を貸してくれた、義兄の松下幸之助にも申し訳がたたない。

 

◆彼はすぐに北条工場に電話して

「今までに売ったところに連絡して全部回収してやり直しや、改修の費用の方が、弁償の費用より高くつくだろうが、銭ですませたらあかんで!できたばかりの会社の信用に傷がつく、資金繰りは自分がなんとかするので、皆で力を合わせて私の指示どおりにしてくれ。」

 

◆この三洋電機の危機の際に、井植えは緊急な要件でどうしても秋田に行かなければなりませんでした。

そこで当時の北条工場の責任者に宛てて、弁当の包み紙に手紙を書いてポストへ投函します。

「今回の事故は出発したばかりの前途ある私たちにとって、将来に対する刺激であり、示唆でもある。

将来の発展のためには、むしろ幸いであったと考えて、決して意気阻喪(いきそそう)することのないよう従業員とともに頑張って

欲しい。」

北条工場の幹部たちは、この手紙を読んで、社長の井植がかえってきたら提出しようと考えていた辞表を破り捨てて、不眠不休で「自転車用発電ランプ」の回収と修理作業を始めたのだった。

 

◆この事件は井植の危惧とは逆に、粗悪品をを売るのが常識だった当時の業界に

「三洋電機はよそとはちょっと違うで。松下の元の専務さんが社長らしいが、信用してもよさそうな会社や」

という評判を広げ、それから暫くして、その後の三洋電機製品の拡販に大きく役立つのでした。

 

◆成功した事業家の歴史から学んでみると、凄い逆境を乗り越えて成功している人も少なくありません。

彼らは多くの人が諦めてしまうような出来事についても、決してマイナスに捉えたり、愚痴をいったり、諦めたりせず

逆にその出来事を明確なビジョンに向けて、前向きに捉えさらに信念を強化し、クリエイティブなアイデアをもって乗り越えています。

エンスージアズムとは、ある対象に向けて人を積極的に行動させる心の状態、つまり「熱意」のことをいいます。

制御されたエンスージアズム、すなわち熱意というものは、何ものにも代え難い財産です。

 

◆エマーソンはいいました。

『エンスージアズムと情熱を欠いた偉業など、この地上には存在しない』

「エンスージアズムは、人間にとって最大の価値の 1 つであり、富や名声にも勝るものです。

なぜなら、ヤル気に満たされた感情を持つ者は、たとえ 1 人であったとしても、勤勉な人々の小さな集団を揺り動かし、人々が達することのできない世界へと踏み込み、新たな知恵や思想をもたらします。

それは偏見や妨害を打ち破り、怠惰を駆逐し、目標に肉薄してそれを攻略するからです。

エンスージアズムは、磁石が鉄粉を引き寄せるように人を引きつけ、他の人々に伝染する性質を持っています。

よって、エンスージアズムで成し遂げられるものには際限がありません。

 

◆エンスージアズムというものは、自分の中から引き出すことよりも、むしろそれを持続していくことのほうが難しいのです。

エンスージアズムを持続できるようになるためには、それが定着しやすい環境を自分の中につくることです。

願望が信念によって支えられていることが、エンスージアズムがいちばん定着しやすい環境なのです。

「エンスージアズムは行動から生まれる」と言ったのは、W・クレメント・ストーンです。

彼は次のように語りました。

「ご存じのように、感情は理性にすぐさま従うというものではありません。

しかし、精神的にせよ、肉体的にせよ、感情は行動に即座に従ってきます。

また、同じ思考や行動の繰り返しは習慣となります。頻繁に繰り返せば、無意識的な反射作用になります。」

あなたが計画の実行にエンスージアズムを持つことを、誰も止めることはできないのです。

$701強運のレシピ!

◆成功哲学の源流といわれ世界で1億冊以上読まれている『思考は現実化する』の著者であるナポレオン・ヒル博士はいいます。

「忍耐力の欠如は、失敗の最大の原因である。その最も簡単な克服方法とは、自分の目標や願望に心を集中し、その鮮明なイメージを心に浮かべることだ。」

燃え上がるエネルギーというものは、それが物であれ心であれ、他人がどうこうしようもないほど強烈なものである。どれほど強烈か。

例えば,こんな森林火災防止用の標語がヨーロッパにはある。

『樹木1本作れるマッチは100万本 マッチ1本燃える樹木は100万本』

100万本の樹木があれば、100万×100万で1兆本のマッチができる勘定になる。

結局、燃えた1本のマッチは、燃えてない1兆本のマッチの運命を左右することになる。

燃えにくいマッチでも、何度か擦っているうちに、火はつくものだ。

人間の心というのも、どちらかというと、燃えにくいマッチのようなものである。

だから何度か心を擦る必要があるかもしれない。

——————————————-
<強運のレシピ>

  • 『樹木1本作れるマッチは100万本 マッチ1本燃える樹木は100万本』
    燃えた1本のマッチは、燃えてない1兆本のマッチの運命を左右することになる心を繰り返し擦って、燃えるような願望をもとう!

 

  • 信頼されたければ、信頼される人間になることである!

 

  • エンスージアズムは行動から生まれる!
            W・クレメント・ストーン
    ——————————————-

$701強運のレシピ!

追伸:十勝帯広、戸草牧場の戸草勢一さんと奥様の由佳子さんと!

勢ちゃんは、今年、帯広で取れ立てのミルクからソフトクリームを提供する、ぬくもりカフェを始めました。

真心と人の輪を大切にする、勢ちゃんと由佳子さんとの出逢いに感謝です。

   『脳力革命で人を幸せに!』
        久家 邦彦

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*