潜在意識を書き換え期間中の好転反応で、不安になっているあなたへ

こんにちは!この記事をご覧になっているあなたは、自分が望む人生を生きられるようになるために、潜在意識について学び、既に潜在意識トレーニング等を始めているところかと思います。

そして、書き換え期間中に好転反応が出てきて不安に襲われているのではないでしょうか?

今回は、潜在意識を書き換えている途中で起きる好転反応で、不安になっている時の対処方法について、紹介させていただきます。

なぜ、潜在意識の書き換えを行う過程で、好転反応が起きるのでしょうか?

潜在意識の書き換えを行う際に、大なり小なり好転反応が起きます。

では、なぜ好転反応が起きるのでしょうか?

好転反応は、「自分にはできない」などのマイナスの信念が潜在意識にある状態から、「私ならできる」などのプラスの信念が潜在意識にある状態へ変化していく期間中の過程で起こります。

今までのものをガラっと変えるため、プラスの信念になるために不要なものをデトックスする必要があります。
これが、好転反応です。

そのため、自分が変化していくうえで避けられないものです。

どのような好転反応が出るかは、その人によって異なりますが、大抵自分の弱い部分に出ることが多いです。

身体の症状として出ることもありますし、精神的な症状として出ることもあります。

または、物事がうまくいかなくなる、停滞してしまう…といった形で現れることがあります。

ここで潜在意識の浄化等をやめてしまうと、好転反応自体は和らぎますが、潜在意識の書き換えは行われず、元の状態に戻った状態です。

悪くなったものを口にしたら、身体は悪いものを出すためにお腹が下ったり、嘔吐したりしますよね?

ここで辛いからといって、出さないようにすると治りが遅くなるのと同じです。

落ち込んだり、不安に襲われたり…感情面で出ることもあるでしょう。

でも、それは一時的なものです。

やがて、そのような好転反応は治まり、新しい自分に生まれ変わるのです。

→潜在意識を活用できるようになったら、人生が思いもよらぬ方向へ変わりました!

潜在意識を書き換える期間中に、私もこのような好転反応が現れました

私の場合は、潜在意識の書き換えを行う過程の期間中に、このような好転反応が現れました。

【身体面】

・身体のだるさや強烈な眠気

・頭痛や腰痛

・原因不明の全身蕁麻疹

・円形脱毛症

【精神面】

・急に不安がこみあげてきて、泣き出す

・今まで自分を苦しめてきた記憶がよみがえり、気分が落ち込む

・自分の潜在意識に対して罪悪感が出る

【その他】

・スムーズにいっていたことが停滞する

・自分のやりたいことに反対する人が現れる

・一見、よくないと感じることが起きる

でも、たまたま見た本やインターネットでの情報で、これがいわゆる好転反応であるとわかったため、逆らうことを止めました。

潜在意識の書き換え期間の途中で現れた好転反応は、このように対応しました

私に上記の好転反応が現れた際は、このような対処方法をとりました。

たとえば、身体面であれば素直に睡眠をとり、規則正しい生活をする。

頭痛や腰痛は、自分の一番弱い部分に症状が出ているなと感じたので、自分の頭や腰に向かって「いつも顔晴ってくれてありがとう」と、手を当てて優しくさすりました。

子どもが転んだりしたときに、お母さんが「痛いの痛いの、飛んでけー」と言ったり、痛いところをなでたりしますが、それと同じです。

また、円形脱毛症や全身蕁麻疹は、専門医の診断を仰ぎつつ、出し切ってしまうイメージをしていました。

「治まれば、新しい自分に生まれ変わる」と言葉にしていました。

精神面では、泣きながら「ホ・オポノポノ」の4つの言葉を繰り返し繰り返し唱えていました。

「ホ・オポノポノ」は、潜在意識にある過去の記憶をクリーニングするツールですので、更に続けました。

時々不意に上がってくる不安については「大丈夫大丈夫」「ありがとう」などのアファメーションを実施して乗り越えました。

その他で書いたことについては、私が欲しい結果を明確にし、絶対に叶えるという意志を強化しました。

やりたいことに反対するドリームキラーとは、距離をとりました。

ここで「やっぱり私には無理かも…」と思ったら、そのマイナスの信念に飲み込まれてしまうからです。

ドリームキラーとはかかわらないようにして、自分を応援してくれる、相手もプラスの信念で動いている人と付き合いました。

→『豊かに成功するホ・オポノポノ』感想。イハレアカラ・ヒューレン著・インタビュー河合政実

停滞したり、よくないことが起きた…それは、自分の心の在り方で見方が変わることを知っていました。

そのため、以下の3つのことを行いました。

・「この出来事から、学ぶことはなんだろう?」と自分の潜在意識に質問した

・「この出来事はなぜだかいいことに変わる!」と言った

・「よっしゃー、タイムラグ!これで願いが叶ったぞ!」と言った。

2つ目は、私が尊敬する田宮陽子さんのブログで教えていただいた魔法の言葉です。

3つ目は、『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ』に書かれていたものです。

この本にも書かれていますが、本当に食べたいものがかつ丼だとして、その前にうっかり冷やし中華を頼んでしまったら、先にその冷やし中華を食べきらないとかつ丼には辿りつかないという話があります。

ここで言うかつ丼が潜在意識が書き換えれられた、願いを叶えることができる自分、そして冷やし中華が潜在意識が書き換えらえる前の期間の自分です。

どんなに辛くても、先に注文してしまった冷やし中華を食べきらないと、かつ丼を食べることができない…だから、辛さはちょっと横に置いて、自分の潜在意識の書き換えを継続する必要があるのです。

→使う言葉が潜在意識に影響を及ぼすって、本当ですか? 

→潜在意識おすすめ本【借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ】感想

→小池浩著の「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」潜在意識の活用

好転反応が終わったとき、潜在意識から不安は消えていました

自分の潜在意識の書き換えが落ち着いて、好転反応が治まったとき、様々なことが変化していました。

私の場合ですが、こんな変化がありました。

・蕁麻疹は出なくなり、髪も生えてきた

・頭痛や腰痛に襲われる頻度が減った

・フットワークがさらに軽くなった

・さらに強運体質になった

・今までの様々な出来事について、愛と感謝が溢れてきた

・今の自分に不要な人間関係は、自然とご縁がなくなっていった

・気付いたら、本当に叶えたいことへステップアップできていた

・ふっと心が軽くなり、内面から明るさや優しさが出てくるようになった

・表情もやわらかく、もっといい笑顔になった

私の場合は、自分の潜在意識に強い恐怖や不安が色濃くあり、かつセルフイメージもとてつもなく低い状態だったため、ここまで好転反応が強かったのではないか?と思います。

そのため、誰もがここまで強い好転反応が出るわけではないかと思いますので、ご安心ください。

一つ気を付けていただきたいことは、身体や心が辛いときは、一度は診察して医師の判断を仰いでください。

好転反応なのか、本当に治療が必要なのか切り分けが必要だからです。

心も身体も元気だからこそ、本当に叶えたいことに向かう力が湧いてくるのです。

→『潜在意識を書き換えて、理想の人生を生きられるようになるには、どのくらいの期間で可能ですか?』

まとめ

いかがでしたでしょうか?潜在意識の書き換えを行っている際に起こる好転反応について、どのようなものか紹介させていただきました。

好転反応が出るということは、少しずつあなたの潜在意識がいい方向へ書き換えられている期間の途中である合図だということもわかったかと思います。

なぜ、好転反応が出るのか、その時にどうしたらいいかを知っていれば、不安もやわらぐかと思います。

あなたが自分が本当に望む人生を生きられるようになるために、ずっと顔晴っていることは、あなたの潜在意識が知っています。
そして、あなた自身も知っています。

潜在意識トレーニングで、あなたが本当に望む未来を生きられるようになると、私は信じています。

私が、潜在意識トレーニングを始めた際に、久家さんが繰り返しおっしゃった言葉を、今度は私があなたにお伝えします。

「私にもできたのですから、あなたにもできますよ」

どんなことがあっても、あなた自身とあなたの潜在意識の力を信じてください。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

→感情をコントロールする方法【「言葉のパターン」で潜在意識に働きかける】

     
  

SNSでもご購読できます。