歴史から学び、待ち、真似る!  『松藤民輔の部屋』より

反転する世界を読む技術 ぼくの超投資勉強法 (講談社プラスアルファ新書)/松藤 民輔

¥880
Amazon.co.jp

日本で唯一の金鉱山会社 ㈱ジパング代表取締役社長である松藤民輔さんは2000年以降、金価格(GOLD価格)の大きなトレンドを当て続けています。

※『松藤民輔の部屋』より

http://blog.ushinomiya.co.jp/blog/d2223-1

 

■豊かさを創る質問■

  • あなたは、大きなトレンドを感じてますか?
  • あなたは、歴史から学んでますか?
  • あなたは、目の前のことを見る

『虫の目』物事を大空から俯瞰する『鳥の目』時代の流れを肌で感じる『魚の目』をおもちですか?


_______________________________

<魔法のレシピ>

歴史から学び、待ち、真似る

_______________________________
 脱・金融大恐慌1993-2008/松藤 民輔

¥1,470
Amazon.co.jp

以下、『松藤民輔の部屋』より引用です。

◆「金(GOLD)が上昇する環境とは何か?」其れは債務に押し流される国、地方、銀行、人間たちの姿である。

信用制度の崩壊が金を上昇させる。

大きな上昇が確認される時、時代がデフレになり、深刻な債務整理の時間が継続する事が予定される。

残念ながら金大上昇とはそんな悲しい時代の到来である。

が、金鉱山が花形産業になる、其れが確認できる年末でもある。

 

◆デフレの深刻さは不動産に株式市場に現れる。

金しか上昇しない時期が来る、約20年程は時代が凍るように静かになる。

そして借金した人が借金をしたくない、恐い、というまで総ての価格が下落する時間が継続する。

今、その入り口に立っている。

此れまでの借金で回った世の中が金を中心に回り始める。

その金を掘る会社の時代、跳躍的に買われる時が来たようだ。

時代の淘汰と蘇生の力、もし金が2000ドルを越え上昇するのなら金鉱山株は次のスターに出世すると思う。

※『松藤民輔の部屋』より

http://blog.ushinomiya.co.jp/blog/d2223-1

無法バブルマネー終わりの始まり──「金融大転換」時代を生き抜く実践経済学/松藤 民輔

¥1,575
Amazon.co.jp

◆松藤民輔さんは、20年前に著書『脱・金融大恐慌』の中で「銀行が倒産する」「日経平均は8000円になる」「金の時代になる」と書かれ、18年前にソロモンブラザーズの2億円プレイヤーを捨てて金鉱山経営に転身しました。

アメリカ経済終わりの始まり──脱ペーパーマネー経済時代の超資産運用論/松藤 民輔

¥1,680
Amazon.co.jp

2006年から書籍『終わりの始まりシリーズ』(講談社)を書かれ
・「住宅バブルが破綻してる」
・「不動産の破産が激増してる」
・「延滞率がどんどん上がってる」

リーマンショックが起きる2年半以上前からサブプライムローンの問題を指摘していました。

わが友、恐慌──これから日本と日本人の時代が訪れる8つの理由/松藤 民輔

¥1,470
Amazon.co.jp

◆松藤民輔さんは、金鉱山会社㈱ジパングを経営されている実務家ですから、金価格や原油価格や為替など、大きなトレンドが業績に直結してきます。

松藤民輔さんは『歴史から学び、待ち、真似る』ということを基本に多くのトレンドを読んできました。

大きく時代が変化していくなかで、歴史から学びつづけ

目の前のことを見る『虫の目』だけでなく
物事を大空から俯瞰する『鳥の目』、
時代の流れを肌で感じる『魚の目』
それらを統合して『心の目』でみることが重要なのでしょうね!

※㈱ジパングHPはこちら


http://www.jipangu.co.jp/

※このブログは、ある特定の投資商品を薦めるものではありません。

投資は自己責任でお願いいたします。

_______________________________

<魔法のレシピ>

■大きなトレンドを感じよう!

■ 目の前のことを見る『虫の目』
物事を大空から俯瞰する『鳥の目』
時代の流れを肌で感じる『魚の目』
をもとう!

■ 『心の目』で判断しよう!

_______________________________

<さくらのB級グルメ>★★★★

 

回転寿司の『銚子丸』で、水産先進国であるノールウエーから空輸された海の幸をたっぷりいただきました。

・赤海老
・オーロラサーモン(ノールウエー産)
・しめサバ(ノールウエー産)
・ホタテ
・マグロの赤身
・ベルゲンロール(ノールウエーの港町ベルゲンから命名!)

 

なかでも『オーロラ一座』というメニューは回転寿司の『銚子丸』が、北極圏の美しく冷たい海水に育まれ、鮮度と味にこだわった素材を、ノールウエーで最優秀シェフを受賞したフレデリック・ハルド氏と創作したメニューということです。

回転寿司の『銚子丸』ではランチのあら汁が無料なので美味しいお寿司をお腹いっぱいいただいて1000円で大満足でした。

 

■寿司 銚子丸はこちら


http://www.choushimaru.co.jp/

有難うございます。

     
  

SNSでもご購読できます。