楽しい出愛をありがとうございます!目的をもって経験と改善を重ねよう!まる現 開運塾!

おはようございます!思いを現実化する!(まる現)の久家邦彦です。

◎目的をもって『経験』と『改善』を重ねていますか?

◆今年も後2日ですね。

『脳力革命で人を幸せに!』という目的ではじめた「思いを現実化する!(まる現)」。

=================================

2014年、皆様のお陰で楽しい出愛がたくさんありました。

本当にありがとうございます。

=================================

① 初出版した書籍『なぜ、あなたの思考は現実化しないのか?』がお陰さまで、紀伊国屋書店 新宿南店さんの今週の自己啓発売上ランキングで

『1位』になりました!!

◎紀伊国屋書店 自己啓発ランキング 1位
◎大崎TSUTAYA ビジネス書 ランキング 7位
◎ブックファースト ビジネス書ランキング 7位
◎紀伊国屋書店 本店 社会・人文書ランキング 9位

② ハワイ出張で、22万部『LANI LANI』を発行され、リリー&エマをホノルルにOPENした谷本裕英社長に、知る人ぞ知る!!

世界でも屈指のハワイの海岸や楽しさを教えていただき、さらにハワイのパワースポットをご案内いただいたこと。

③上海で華僑の大富豪からアジアでのビジネスや投資、人生訓について学ばせていただいたこと。

④日本一の個人投資家、竹田和平さんの『本物の思考力』を伝えさせていただき、受講生から感動の喜びの声をいただいたこと。

⑤ 2社の上場を異業種で達成された、南部恵治さんと『お笑いで潜在意識のトレーニング』を伝え大人氣になったこと!

⑥『まる現 開運塾を51回開催』して、丸富さんの本氣の懇親会で盛り上がったこと!

⑦ 15年来のおつきあいをいただいている井上裕之先生が累計書籍100万部を突破され、『マスーターマインド開運塾』を開催させていただいたこと。

⑧ 月収1万倍の仕事術で著名で、MDRT( Million Dollar Round Table)日本会で大会委員長・国際委員長を歴任された大坪勇二さんと『マスーターマインド開運塾』を開催させていただいたこと。

⑨『ソーシャル口コミ、顧客獲得NO.1セミナー講師養成講座』からたくさんの成功報告をいただいたこと!

⑩不安や怒りを卒業し、思いを現実化する!『セレンディピティリーダー塾』で、より良い未来を創るリーダーが誕生し始めたこと!

⑪『 潜在意識DNAカウンセリング』により感情のコントロールを身につけて思いを現実化した!喜びの声と成功報告が511件をこえたこと。

⑫思いを現実化する『現実化戦略コンサルティング!』で毎月、事業や投資の目標達成のご報告をただいたこと。

⑬ サーキットトレーニングで戦士の肉体をつくり!体重が9キログラム減。エネルギー状態があがってきました。

⑭潜在意識DNAトレーニング(浄化、徳積み、深層無意識の活用)で、豊かで、幸せで、健康で、強運な毎日を心から楽しめるようになりました。

まだまだありますが・・・。

新年2015年は『脳力革命で人が幸せに!』という目的を軸に

『一人でも心が軽く笑顔になるために、前進と改善を重ねてまいります。』

どうぞ宜しくお願いいたします。

=================================

■年末に、トム・クルーズが主演したハリウッド

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』をみました。

=================================

日本の桜坂洋さんの小説が原作となった映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は『3とおりの視点から、3回観る』とユニークな氣づきがあります。

○1回目 当事者意識で、自分が、主人公ウィリアム・ケイジ少佐(トムクルーズ)になったつもりで観る。

○2回目 非当事者意識で、潜在意識のトレーニングを意識してみる。

主人公ウィリアム・ケイジ少佐(トムクルーズ)がタイムループにはいっている間を、潜在意識のなかでイメージトレーニングを重ねているつもりでみる。

○3回目 非当事者意識で、魂の成長(輪廻転生)を意識してみる。

元広告マンの主人公ウィリアム・ケイジ少佐(トムクルーズ)は臆病で、卑怯者でした。

ところがタイムループを繰り返すうちに、魂がドンドン成長してゆきます。

______________

<映画から学ぶ!卓越のレシピ>

目的をもって経験と改善を重ねよう!

______________

ここからは映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の前半のあらすじになります。

ネタバレがありますがより深く内容を理解したい方にはおすすめです。

◆ 近未来。地球は「ギタイ(Mimics)」と呼ばれる宇宙からの侵略者[]により、滅亡の危機に晒されていた。

人類側の統合防衛軍は敵の強大な戦力に対して劣勢な戦いを強いられていた。

「ヴェルダンの女神」「戦場の牝犬」の異名で知られる英雄リタ・ヴラタスキの活躍によって反撃の糸口を掴み、機動スーツと呼ばれる歩兵用パワードスーツの投入によって、欧州地域における大規模な殲滅作戦を立案する。

軍属の報道官であったウィリアム・ケイジ少佐(トムクルーズ)は、殲滅作戦を指揮するブリガム将軍から戦場の現地取材という任務を命じられる。

ところが危険な任務から逃れたい一心でそれを拒否し、報道官としての立場を乱用して将軍を脅迫しようとしたため、将軍の不興を買って地位を剥奪され歩兵として最前線に送られてしまう。

◆ウィリアムが配属されたJ分隊の兵士たちは彼に非協力的で、ウィリアムは武器の安全装置を解除する手順すらレクチャーされないまま殲滅作戦に参加させられる。

統合防衛軍の目論見に反して戦況は圧倒的に劣勢で、J分隊の仲間や、英雄であるはずのリタも次々と戦死していく。

武器が使えず逃げ惑うばかりで何の戦果も上げられなかったウィリアムも最期の勇気を振り絞り、自爆用に渡されていた地雷を使い、青白く輝く獣のような姿をしたギタイと相打ちになって死亡する。

◆ところが次の瞬間、ウィリアムは意識だけが時間を遡り、出撃前日まで戻るという怪現象を体験する。

同じ2日間を過ごし、同じように劣勢な戦場で戦死し、再び前の時間に戻ることが繰り返されるにつれ、ウィリアムは自分が、死ぬと同時に記憶のみが出撃前日に遡るというタイムループに巻き込まれてしまっていることに気づく。

ここからは映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』をお楽しみください!!

◆映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、宇宙人の侵略を受けている近未来の地球で、タイムループに巻き込まれてしまった主人公ウィリアムが、出撃しては戦死する2日間を何度も繰り返すうちに、経験を積んで強くなり、タイムループの原因となっている敵を倒す方法を見つけ挑んでいく物語です。

冒頭でお話したとおりこの映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は

『3とおりの視点から、3回観る』

と、ユニークな氣づきがあります。

○1回目  当事者意識で、自分が、主人公ウィリアム・ケイジ少佐(トムクルーズ)になったつもりで観る。

すると、

『目的をもって経験と改善を重ねつづけることで、
人間が驚くほど変わることがわかります。』

主人公ウィリアム・ケイジ少佐(トムクルーズ)が臆病で卑怯者だったころは、何をやってもうまくいかず、、、
それどころかどんどんどんどん人生が悪い方向へとすすみます。

本人は、「自分を守るためにしょうがない。」と感じていたりなかには、「カッコいいつもり」でいる場合もありますが廻りの人からは、とてもカッコ悪い生き方に見えます。

◆なぜなら、本人は自分の心の内側にあるマイナスのイメージを繰り返し、怖れているのです。

ところで心のなかで何度も何度も繰り返しているこのマイナスのセルフイメージ!

それは「事実」でしょうか?  それとも「思い込み」でしょうか?

答えは「当人の思い込み」です。

だから一部の人からは、その人が何を怖れているのかが丸見えなのです。

◆では「なぜ、当人が自分を変えることができないのでしょうか?」

最大の問題は、心の内側のイメージを過大に怖れていることに、本人が氣づいていないことなのです。

暴露すると自分もそうでした。

だからよくわかるのです。

思い出すと穴があったらはいりたい。

というか穴を掘ってはいりたい(笑)

◆「ではどうしたら、人生を変えることができるのでしょうか?」

その答えは、目的をもって具体的な経験と改善を重ねることです。

なぜなら、そうすることで始めて、小さな自分の中にある過大な恐怖を越えて、本当に大切なものに氣づくからです。

そして改善の積み重ねこそが、目的の実現に導いてゆくのです。

○2回目 非当事者意識で、『潜在意識DNAトレーニング』を意識してみる。

主人公ウィリアム・ケイジ少佐(トムクルーズ)がタイムループにはいっているところを、深層無意識。つまり潜在意識のなかでイメージトレーニングを重ねているつもりで観てみます。

潜在意識DNAトレーニングをイメージのなかで繰り返していると、

「何度、失敗しても」、「何度、死んでも」、無傷で生き変えることができます。

それが、たとえイメージのトレーニングだとしても、『戦略』や『戦闘スキル』は、経験と改善を重ねるごとにどんどん強くなるのです。

しかも最大のメリットは、『時間』が元にもどるので、イメージのなかで何度、失敗を繰り返して改善やトレーニングを重ねても!!

『強くなるための時間が、通常のトレーニングや成長に比べると圧倒的に短い。』

ということです。

これは潜在意識DNAトレーニングにもいえることです。

○3回目 非当事者意識で、『魂の成長(輪廻転生)』を意識してみる。

元広告マンの主人公ウィリアム・ケイジ少佐(トムクルーズ)は臆病で、卑怯者でした。

ところがタイムループを繰り返すうちに、魂がドンドン成長してゆきます。

ちいさな自分を越えて、大切な人のために戦いはじめます。

そして最後は真心から地球を守る為に命をささげます。

その結果は・・・。

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』にて、何度も、何度も、驚きがあり爽快な映画です。

______________
<映画から学ぶ!卓越のレシピ>

■1回目 当事者意識で、自分が、主人公になったつもりで観る

目的をもって経験と改善を重ねつづけることで、人間が驚くほど変わることがわかる!

■2回目 非当事者意識で『潜在意識DNAトレーニング』を意識して観る

イメージのトレーニングでも『戦略』や『戦闘スキル』は、経験と改善を重ねるごとにどんどん強くなる。

■3回目 非当事者意識で、『魂の成長』を意識して観る

ちいさな自分を越えて、大切な人のために戦いはじめると魂が成長する!

真心から使命をいきることで、人生が光り輝く!

______________

◆書籍『なぜ、あなたの思考は現実化しないのか?』に、『思いを現実化する7つのステップ』を書かせていただきました。

年末、年始に紙に書き出して実践してみてくださいね。

感情のコントロールを身につけて豊かな新年を迎えましょう!

  『脳力革命で人を幸せに!』
 思いを現実化する!(まる現)
     久家 邦彦

SNSでもご購読できます。