極端なものが全てのキーである! 書籍『憂鬱でなければ仕事じゃない』より

憂鬱でなければ、仕事じゃない/見城 徹

¥1,365
Amazon.co.jp

カンブリア宮殿で書籍『憂鬱でなければ仕事じゃない』の著者である「幻冬社」の見城社長と「サイバーエージェント」の藤田晋社長の対談を見ました。

見城社長は『極端なものが全てのキーである』といいます。

 

「幻冬社」の見城社長は立ち上げの時期に朝日新聞に全面広告をした。

会社の資本金に匹敵する広告費だった。

『極端である!』ということは、オリジナリティーがある。『戦える!』ということです。

 

出版社は10年に一度100万部のベストセラーが出ると言われるなかで、見城社長の『幻冬社』は、100万部のベストセラーを毎年のように出してきた。

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、極端なものが全てのキーになることをご存知ですか?

・あなたは、良薬だけを選んでいませんか?スムーズに進んだ仕事を疑うことはありますか?

・あなたは、いつも「どうしら最高のイメージになるか?」を考えていますか?

 

_________________________

<卓越のレシピ>

極端なものが全てのキーである

_________________________

ダディ/郷 ひろみ

¥1,633
Amazon.co.jp

■書籍『ダディー』(幻冬社)

結婚披露宴の視聴率がいまだに破られていない仲睦まじいと思われていた、郷ひろみの離婚を「雑誌」や「週刊誌」より早く単行本に書いて出版した。

『ダディー』は初版3000部~6000部と言われる出版業界でなんと!初版で50万部を刷った。

しかもタイトルも著者名も、ぎりぎりまで秘密にした。

「初版50万部とは何だ?」と話題になった!だからインパクトがあるのです。

当時の「幻冬社」では30万部戻ってきたら、倒産かもしれなかった!

 

 

◆見城社長は「いつもスリリングでないといけない!」といいます。

「顰蹙(ひんしゅく)は金を出してでも買え!」

 

今の常識はリーディングカンパニーが創ったものです。

顰蹙(ひんしゅく)を買うことは!

相手に「何をやっているか分からない」と思われる価値ある行為だと思う。

「顰蹙(ひんしゅく)は金を出してでも買え!」ということです。

 

◆村上龍さんはいいます。

見城社長は「殆ど寝ない!」というけど、村上龍さんの原稿を取りにきたとき、風呂にはいって、ボンカレー食べて昼寝してたじゃん!

「あれはたまたま寝てなかったからだよ。」

「でも見城社長ほど、怖がりで、不安で、それを乗り越えていく人間も珍しいよな? 不思議な人だよ!」

見城社長はいいます。

『最悪のイメージ』と『最高のイメージ』を『同時』にしているのです。

 

◆「良薬になるな 劇薬になれ!」

「劇薬」を大きなプロジェクトには必ず一人は入れろ。

極端なヤツがプロジェクトを活性化させる。

「良薬」になったらダメ。「劇薬」でいる努力をしなければ。

村上龍さんはゲストの二人は『ちょっと過剰じゃない?』と表現していました。

見城社長は、村上龍さんに

『君だって過剰だよ、だからいい仕事ができるんだよ。』

『そうだけど、今は過剰な人がすくなくなった。』

『それは乗り越えてきたものが違う!学生運動とかいろいろぶつかってきたからだよ。
貧しい中から、高度成長の中で、時代の門をくぐるには過剰にならざるえなかったからだよ。』

『過剰』さが大切なんだよ。

「良薬になるな 劇薬になれ!」ということです。

 

 

◆「スムーズに進んだ仕事は疑え!」

見城社長はいいます。

「他の人や、誰でもが出来る仕事だったんじゃないか?」と自分が優秀だから出来た訳ではない。

「多くの人が勘違いをしている。そんな仕事に良い仕事はないんだ。」

藤田晋社長はいいます。

アイデアを創造するとき、インターネットの業界で簡単に思いついたものは、すでに100人は考えています。

たとえ、すごく苦労して考えたというアイデアでも、だいたい3人は考えてるものです。

だから、さらにそれ以上のものを出していかないとダメですね。

「スムーズに進んだ仕事は疑え!」ということです。

憂鬱でなければ、仕事じゃない/見城 徹

¥1,365
Amazon.co.jp

_____________________________

<魔法のレシピ>
■ 「良薬になるな 劇薬になれ!」
過剰だからいい仕事ができる

■ 「スムーズに進んだ仕事は疑え!」
さらにそれ以上のものを出していこう!

■ 『最悪のイメージ』と『最高のイメージ』を『同時』にする!
そして「どうしら最高のイメージになるか?」を考える

_______________________________

<さくらのB級グルメ>★★★★

日高屋で『野菜たっぷりタンメンと餃子のセット』670円をいただきました。o(*^▽^*)o~♪

 

名前のとおり野菜たっぷりのタンメンは、お野菜がたくさん摂れて嬉しいですね。

 

注文すると、野菜を炒める音が聞こえてきて食欲が高まります。

美味しい餃子が5個ついていてきて嬉しいです。

 

日高屋は店内がきれいで、カウンターだけでなくテーブル席もあるので女性でも入れますのでお薦めです。

■日高屋はこちらv(*’-^*)-☆ ok!!


http://hidakaya.hiday.co.jp/index.html

有難うございます。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*