本当にやりたいことをやろう!  スティーブ・ジョブス氏の言葉より

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則/カーマイン・ガロ

¥1,890
Amazon.co.jp

アップルの創業者スティーブ・ジョブス氏が30年以上日課として毎朝鏡を見て自分に問いかけている質問があります。

「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」

というものです。

そしてもし答えが「NO」の日が何日も続くと、

「そろそろ何かを変える必要があるな」

と考えるそうです。

彼は、人生や会社の命運を決める重大な決断に迫られたとき、この言葉を手がかりとして、決断を下してきたそうです。

その結果が今のアップルなのです。

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、人との出会いが人生・仕事・世界を変えることをご存知ですか?

・あなたは、あなたの人生を変えるイノベーションをどのように行いますか?

・あなたはもし今日が人生最後の日だとしたら、今日やることを本当にやりたいだろうか?

_______________________________

<魔法のレシピ>

もし今日が人生最後の日だとしたら、今日やることを本当にやりたいだろうか?

_______________________________

 

◆そんなジョブズ氏がある大学で講演をした時、一人の女性と出会いました。

彼には次の予定が入っていたため、彼女と連絡先を交換し、一度はその場を去りました。

しかし、校門を出ようとするとき、自問します。

「今日が自分にとって最後の夜だったら…」

そして引き返して、彼女と話をしたのです。

その彼女が、今のジョブズ氏の奥さんとなったのです。

『もし今日が人生最後の日だとしたら、あなたは何をしますか?』

 

◆『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション人生・仕事・世界を変える7つの法則』

カーマイン・ガロ 日経BP社 1890円(税込)にはアップルの元CEO、S・ジョブズ氏が指針としている『7つの法則』があります。


■法則1.「大好きなことをする」
ジョブズは、心の声に従ってきたし、それがよかったのだと言う。

■法則2.「宇宙に衝撃を与える」
ジョブズは、自分と考え方が似ていて、自分のビジョンに賛同する人々、世界を変えるイノベーションへと自分のアイデアを変えてくれる人々を惹きつける。

アップルのロケットは情熱が燃料、ジョブズのビジョンが目的地なのだ。

■法則3.「頭に活を入れる」
創造性がなければイノベーションは生まれないが、ジョブズにとって創造性とは、さまざまな物事をつなぐことを意味する。

幅広く体験すれば人間の体験を深く理解できるようになると信じているのだ。

 

■法則4.「製品を売るな。夢を売れ。」
アップル製品を買う人々をジョブズは「顧客」だと見ない。

夢や希望を持つ人々だと見る。

そして、その夢の実現を助ける製品をつくるのだ。

 

■法則5.「1000ものことにノーと言う」

洗練を突きつめると簡潔になるとジョブズは言う。

iPodからiPhoneのデザインまで、製品のパッケージからウェブサイトの機能まで、そのイノベーションは、不要なものを取り除き、必要なものの声が聞こえるようにすることである。

 

■法則6.「めちゃくちゃすごい体験をつくる」
アップルストアは顧客サービスとはこういうものだという基準になった。

アップルストアを世界最高の小売店としたシンブルなイノベーションは他の分野にも応用可能で、どのような事業でも顧客と心からのつながりを長期的に結ぶことができる。

■法則7.「メッセージの名人になる」
ジョブズは傑出した語り部で、企業の製品発表を芸術の域にまで高めた人物だ。

世界一のイノベーションを思いついてもまわりの人を巻き込めなければ意味がない。

 

◆スティーブジョブス氏は、スティーブ・ウォズニアック氏と1976年にアップルコンピュータを創業しました。

・ヒット商品の「Macintosh」を開発。
・1985年に退社したものの1997年に復帰。
・HDDを内蔵した携帯音楽プレーヤー「iPod」
・スマートフォン「iPhone」
・タブレット端末「iPad」
など、次々にヒット商品を生み出しました。

※アップルが保有するキャッシュが、世界一の経済大国である米政府のキャッシュを上回ったそうです。

キャッシュとはCPUやネッワークなど様々な情報伝達経路において、ある領域から他の領域へ情報を転送する際、その転送遅延を極力隠蔽化させ転送効率を向上させるために考案された記憶階層の実現手段である

 

◆米アップルは、8月24日(現地時間)にスティーブ・ジョブズCEOの辞任を発表しました。

ジョブズ氏は今後、取締役会の会長となり、後任はティム・クック最高執行責任者(COO)が務めます。

ジョブズ氏が、過去30年にわたり人生や仕事で活用してきた「7つの法則」書籍『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則』はこちら!

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則/カーマイン・ガロ

¥1,890
Amazon.co.jp

※イノベーション(innovation)とは、物事の「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のこと。新しい技術の発明だけではなく、新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革である。

つまり、それまでのモノ、仕組みなどに対して、全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出し、社会的に大きな変化を起こすことを指す。

_______________________________

<魔法のレシピ>

書籍『人生・仕事・世界を変える7つの法則スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション』をマスターしよう!

■法則1.「大好きなことをする」
■法則2.「宇宙に衝撃を与える」
■法則3.「頭に活を入れる」
■法則4.「製品を売るな。夢を売れ。」
■法則5.「1000ものことにノーと言う」
■法則6.「めちゃくちゃすごい体験をつくる」
■法則7.「メッセージの名人になる」
_______________________________

<さくらのB級グルメ>★★★★

 

御徒町にあるタイ料理の『トンカーオ』に行きました。

『トンカーオ』は“隠れ家”のようで見落としてしまいそうな小さな路地にあるかわいいお店です。

「トンカーオ」とは「稲」のことで、『辛すぎず』家庭的でどれもおいしくて、タイ料理好きにはたまらない名店です。

・トムヤンクンスープも、辛すぎず、強すぎず口当たりがクリーミーでマイルドで、そこに新鮮な香草レモングラスや赤唐辛子の香りが効いていて最高です。

ちなみに赤唐辛子を食べないようにご注意をo(*^▽^*)o~♪

・パッドタイ『タイ風ヤキソバ』(850円)はタイのサムイ島で、タクシーの運転手さんに教えてもらって以来、好物のひとつになりました。

干し海老の香りが香ばしく食欲をそそります。

具材はもやし、ニラ、溶き玉子、干し海老などでするすると食べ進めてしまいます。

 

「トンカーオ」には、この他にもタイ料理の奥の深さと新たな美味しさを知る事のできるメニューがたくさんあります。

家庭的で美味しいタイ料理と温かいサービスそしてリーズナブルなお値段に大感動でした。

 

■御徒町にある、タイ料理の『トンカーオ』はこちら!
http://r.gnavi.co.jp/g853300/menu1.html

美味しいお料理と素敵な空間をいつもありがとうございます。

SNSでもご購読できます。