書籍『7つの習慣』より【まる現 脳と潜在意識の17の成功法則】

おはようございます(まる現)の久家邦彦です。今日も1日元氣で顏晴ろう!

◎あなたが基盤としているものは何ですか?

◆最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である
      チャールズ・ダーウィン(イギリスの自然科学者)

○変化の激しい時代に、豊かに生きるにはどのような秘訣があるのでしょうか?

今から思い出すと笑ってしまうのですが・・・。

自分自身、人や環境の変化に合わせようとして、カスカスになっていたときがありました。

ストレスを極度に感じ、情熱を失ないかけたこともありました。

それは何故でしょうか?

 

・例えば・・・。

「Aという問題」が起きて、それに対処して問題を解決した成功体験があるとします。

それでは・・・。

次に「Bという問題」が起きたときに、過去の成功体験である「A」という成功体験で「Bという問題」に対応できるか?というと

殆どの場合は出来ません×

つまり過去の「Aという成功体験」にしがみついて、他の問題に対処しつづければ、失敗する可能性が高いのです。×××

現代の変化のスピードはさらに、早く、さらに激しくなっています。

そして問題の種類も「A」と「B」という2つだけではなく、問題「C」「D」「E」「F」と、さらにスピードを上げて激しく変化してゆきます。

その変化に、絶えず自分を合わせようとしていると、ストレスが大きくなり極度に疲弊したり、燃え尽きてしまうかもしれません。

__________________________

<強運のレシピ>

原則を中心に据える!

__________________________

 

◆書籍『7つの習慣』の著者であるスティーブン・コビー博士はいいます。

『この世の中は、絶えず変化し続けていますが、変わらないことが3つある!』

1.変化し続けること

2.原則

3.私たち人間にあたえられている、選択の自由

 

◆日本でも200万部の大ベストセラーになった書籍『7つの習慣』に「P/PCバランス」の原則がでてきます。

「P/PCバランス」とは、「P:効果」を高めるには「PC:効果を高める脳力」が必要で、長期的にはこのバランスが生産性を上げるうえで重要だということです。

例えば、キコリが、ノコギリで木を切っていたとします。

切れなくなったノコギリで木をきると、効率が悪いだけでなく、早く疲れてきます。

 

◆そこでキコリが、ノコギリをよく研いで、木を切る効果を高めたらどうでしょう?

きっと、効率よく木を切ることができて、さらに数多くの木を切れるでしょう。

たくさんの木を切ることが、「P:効果」だとすると、ノコギリを研ぐのは「PC:効果を高める脳力」にあたります。

 

◆この話を読んで、目から鱗が落ちました。

ビジネスで考えると、わかりやすいのですが・・・。

目先の売上をあげることに集中するあまり、人間関係をないがしろにしたり、教育や健康を犠牲にしていたら、長期的に売上を継続して上げ続けることが難しくなります。

逆に、セミナーや講座、読書や教材、資格取得にばかり夢中になっていて、まったく成果をあげなければ、本末転倒! 

自己投資をする時間やお金だけでなく、最も大切な学ぶことにたいする意欲まで失ってしまうでしょう。

 

◆ジョン・F・ケネディはいいました。

「危機」という言葉は、二つの漢字から成り立っています一つは【危険】を表し、もう一つは【機会】を表す

人間の理知と精神は、解決不可能と思われることもしばしば解決してきた。

これからもまたそうできると私は信じている。

我々には、この現代を人類にとって史上最高の時代にする力があるそれと同時に人類最後の時代にもできる事を忘れてはいけない

何といっても、我々の最も基本的なつながりは、誰もがこの小さな惑星に住んでいるということにあるのです

誰もが同じ空気を吸っているのです

誰もが子供たちの未来を慈しんでいるのです

我々の問題は人間によって作られたものだ

それゆえ、人間によって解決できる

 

◆存在している物を見て、それがなぜ存在するのかを語ることは誰でも出来る私は存在しないものを夢見て、それがなぜ存在しないのかを語りたい

私たちは、今までになかったものを、夢見ることができる人々を必要としている

私たちみんなが、才能を等しく持っている訳ではありません

でも、自分の才能を伸ばしていく機会は、等しく与えられているのです

試みるのに、早すぎるということはないのです

 

◆【 変化はチャンスです。】

この世の中は、【これからも変化し続ける】こと。

【原則】は、変わらないこと。

私たち人間には、【選択の自由】が与えられていること。

これらを真に理解して、問題に集中するのではなく、普遍の原則を軸にして生きること。

ゴールや目的、目標など欲しい成果を得ると同時に、欲しい成果を得つづける脳力を同時に高め続けることが重要なのですね。

※原則を深く学べる書籍『7つの習慣』お勧めです。

7つの習慣―成功には原則があった!/キングベアー出版

¥2,039
Amazon.co.jp

__________________________

<強運のレシピ>

■ 選択の自由を活用しよう!

■「P:効果」を高めると同時に「PC:効果を高める脳力」を高め続けよう!

■ 変化の激しい現代だからこそ、いつの時代も『変わらない原則』を人生の中心に据えてゆきましょう!

__________________________

追伸:『潜在意識ダイエット』で身体の調子が好調です。

毎日、エネルギーに満ちあふれ、充実した楽しい姿を思い描き、身体で感じて、運動や食事を
しているのですが、爽快で、動きやすくなりました。

『潜在意識ダイエット』について【久家邦彦のフェイスブック】へ記事をUPしました。

フェイスブックの友達申請は【久家邦彦の701強運のレシピの読者】です。ということで、メッセージをくださいね。友達申請、フォロー大歓迎です。

【久家邦彦のフェイスブック】はこちらd(⌒o⌒)b♪
    ↓↓↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007199144411

追伸:日本一の個人投資家や事業家、大商人、格闘技の世界チャンピオン、世界一のコーチやセミナー講師、マーケッター、営業から直接学び実践で成果がでた【みるみる願いが叶う!脳と潜在意識の原則の活用法】を【強運のレシピ】にまとめました。

いつの時代も変わらない【脳と潜在意識の原則】を、最短で成果を創れるかたちでお伝えして参りますので、どうぞお楽しみに!

 『脳力革命で人を幸せに!』

あなたの夢や目標を現実化する!
 日本現実化戦略研究所(まる現)
    久家 邦彦

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください