時代を読んで100戦100勝! 書籍『斎藤一人の世の中はこう変わる』より

$701強運のレシピ!

こんにちは。久家 邦彦です。

書籍『斎藤一人の世の中はこう変わる』(時代を読んで100戦100勝)
小俣貫太著を読みました。

2004年に出版された本にもかかわらず、現在の日本の状況をおもしろいように説明してくれています。

時代の流れを把握する上でとても役に立つ本なので、書籍『斎藤一人の世の中はこう変わる』を是非、お手にとってみてくださいね。

斎藤一人の「世の中はこう変わる!」/東洋経済新報社

¥1,575
Amazon.co.jp

———————————————
<大強運のレシピ>

時代を読んで100戦100勝!

———————————————-

◆書籍『斎藤一人の世の中はこう変わる』(時代を読んで100戦100勝)のなかから引用させていただきます。

「経済は天気と同じで、政治家など、誰かが何かをしたり、何かを望んだからといって変わるものではない。」

と斎藤ひとりさんはいいます。

船長が、天気を正確に予測して船をすすめるように商人は

「世の中の流れをよみ、会社や店がつぶれないように商売をやっていくしかないのです。」

 

◆「その時代の人が何を望んでいるのか?」を知り「求めているものを提供していく。」

これからは「本当の実力」が問われるようになります。

・終戦後・空腹の時代・・・モノを求めた!

・高度成長・バブルの時代・・・贅沢を求めた!

・デフレ・倹約の時代・・・節約を求める、本当に役に立つものを求める!

 

◆デフレの時代には「本当に役に立つものを求める」のです。

仕事でも「利益をださなければ追い出される」ようになるのです。

また、日本は失業率の問題からなかなか抜けられないといいます。

なぜなら、先行きが不透明なこともありますが、企業は人を雇いたくないのです。

さらに年金の掛け金も企業の負担が増え、たとえ会社が儲かったとしても

「また景気が悪くなったらどうしよう」

と思うので人を雇わないのです。

 

◆就職できない人が増えて、TVは

「景気が悪い、不況だ、不況だ」と繰り返します。

すると・・・。

「いつクビになるかわからない」ので多くの人がお金を使わなくなります。

こうして世の中のお金が廻らなくなるのです。

 

◆モノを大量に消費する大きな戦争がなくなり、さらに中国の生産能力が徐々に発展していくので、世界の生産能力が上がります。

モノが増えることで、消費者はより安いものを買うようになります。

こうしてモノがさらに安くなり「モノが余る」ようになるのです。

企業は、儲からないので人件費をさらに下げます。

斎藤一人さんは、このデフレ傾向が100年つづくといいます。

 

◆お天気も同じですが暑くなるならTシャツになればいい。

台風がくるなら、雨戸をしめればいい。

天気を変えることはできなくても、天気に合わせて、準備をすること!

つまり「その時代の人が何を望んでいるのか?」を知り、その人たちが「求めているものを提供していく。」ことが大切なのですね。

※書籍『斎藤一人の世の中はこう変わる』(時代を読んで100戦100勝)
小俣貫太著!お勧めです。

斎藤一人の「世の中はこう変わる!」/東洋経済新報社

¥1,575
Amazon.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<大強運のレシピ>

■船長が、天気を正確に予測して船をすすめるように商人は世の中の流れをよみ

会社や店がつぶれないように商売をやっていくしかない!

 

■モノが余り、人が余る時代がつづく!

デフレの時代には「本当に役に立つものを求める!」

本当の実力が試される時代になる!

 

■備えあれば、憂いなし!

天気を変えることはできなくても、天気に合わせて、準備をすること。

「その時代の人が何を望んでいるのか?」を知り、その人たちが「求めているものを提供していこう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:下町で大手スーパーの5階に入っている100円ショップに行きました。

なな、なんと!!

その大手スーパーでは5階のフロアーが全部100円ショップになっていました。

そこには衣類や家庭用品、文房具だけでなく食品やワイン、カーテンまで、数多くの品物がそろっていて、殆どが100円で売られていました。

なかには、200円、300円のものもありましたが・・・。

100円ショップで売られている100円ビニール傘の原価をお聴きしたことがあります。

原価は、いくらだと思いますか?

「・・・」

中国の市場で仕入れるときのコストが「6.5円」とお聴きしました。

時代を読んで、100戦100勝で参りましょう。

     『脳力革命で人を幸せに!』

        久家 邦彦

     
  

SNSでもご購読できます。