日本一の個人投資家 和平さんが教えてくれた「天の意思」! 

おはようございます。(まる現)の久家邦彦です。

■「竹田和平さんありがとう会」に向かう新幹線より

100社以上の大株主となり日本一の個人投資家といわれるようになった故 竹田和平さんが教えてくれたことで強く印象に残っている「天の意思」というお話があります。

 

■和平さんは、『花咲か爺さん』のお話でわかりやすく話してくれました

━━━━━━━━━━━━━━━━

<卓越のレシピ>

「動機」が「結果」に現れる!

━━━━━━━━━━━━━━━━

~~「花咲か爺さんの物語」~~

・昔、昔、あるところで、正直爺さんが、ポチという犬をかわいがりながら、大切に飼っていました。

あるとき、その犬が、正直爺さんの家の庭で「ここ掘れ、ワンワン」と吠えました。

正直爺さんがそこを、掘ってみると・・・

なんと大判小判などの宝物が、ざくざくと出てきました。

 

◆それを見ていた、隣の家の意地悪爺さん・・・。

ポチを自分の元に連れてきて

「宝物がどこにあるのか教えろ!」と、命令しました。

するとそのポチは・・・。

「ここ掘れ、ワンワン」と吠えました。

そこを意地悪爺さんが掘ってみると、うじやムカデや腐った生ごみがワンサカと出てきました。

 

◆これに怒った意地悪爺さん、正直爺さんが大切にしていたポチを殺してしまいました。

正直爺さんは可愛がっていたポチを殺されて、とても悲しみました。

丁寧にポチを葬り、庭に埋葬しました。

すると、どうしたことでしょう。

翌年の春に、そこから木の芽がでてきて、ぐんぐんと育っていきました。

 

◆正直爺さんは、亡き犬を偲んでその木から、お餅をつくための杵と臼をつくりました。

そしてできた杵と臼で、お餅をつきました。

すると、ついたお餅が

「大判、小判に、どんどん変わるではないですか・・・」

こうして正直爺さんはお金持ちになりました。

 

◆これを見ていた意地悪爺さん・・・。

大判、小判ほしさに、正直爺さんの杵と臼を勝手に持ち出して、餅をつきました。

すると、どうしたことでしょう。

ついた餅が、ゴキブリやダニや糞尿に変わりました。

これに腹をたてた意地悪爺さん、またまた懲りずに・・・

正直爺さんの大切な杵と臼を壊して、さらに燃やしてしまいました。

 

◆正直爺さんは、大切なポチの形見の杵と臼を燃やされてとても悲しみました。

そこで、その燃えカスとなった「灰」を集めてきました。

そしてその「灰」を枯れ木に蒔きました。

すると!!

どうしたことでしょう。

その「灰」をまいた枯れ木に「美しい花」がどんどん咲きました。

そこで正直爺さんは、廻りの家の人たちを喜ばすために

「枯れ木に花を咲かせましょう」

「枯れ木に花を咲かせましょう」

「枯れ木に花を咲かせましょう」

といって、他の家や道にある枯れ木に「灰」を蒔き、枯れ木に花を咲かせて、廻りの人たちを明るくして、喜ばれました。

それを見ていたお殿様は「枯れ木に花を咲かせる正直爺さん」にとても喜んで

「花咲か爺さん」として、豊かなご褒美を与えました。

 

◆これを見ていた意地悪爺さん・・・。

今度はご褒美欲しさに正直爺さんの「灰」を勝手に持ち出して、お殿様の前で「灰」を枯れ木にむかって蒔きました。

するとこの時、強い風で「灰」が飛び散りお殿様の目に入り、お殿様はたいそうお怒りになられました。

結局、意地悪爺さんは、お殿様に捕らえられ牢屋に入れられてしまいました。

とさ。 おしまい。

~~ ここまで ~~

■ところで、、、

ここで質問があります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■質問■

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

→あなたは意地悪爺さんと、正直爺さんは、「同じ行動」をしていたのに、、、

何故、「こんなに違う結果」になったのでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■答えは・・・> 『動機が違うからです。』

動機が結果に現れるのですね。

 

■世の中で、豊かで幸せに成功し続けている人にお会いすると氣づくことがあります。

それは、ビジネスでも、人間関係でも何かするときに、それを

「なぜ、やるのか?」

ということを大切にしているということです。

━━━━━━━━━━━━━━━━

■ある時、和平さんに「思考は現実化しますか?」という質問をしたことがあります。

すると和平さんは、教えてくれました。

━━━━━━━━━━━━━━━━

和平さん:「なぜ あなたの思考は現実化しないのか?」と私に問われれば

「 私の思考は現実化しています」と答えます。

何故ならば私の思考は 私の人生として実現しているからです。

━━━━━━━━━━━━━━━━

また、和平さんに

『なぜ、心に思い描いた理想の未来、夢や願望を実現して、せっかくお金持ちになったのに、、、、

・「幸せなお金持ち」と

・「不幸なお金持ち」

がいるのでしょうか?』

という質問をしたことがあります。

すると和平さんは、、、

━━━━━━━━━━━━━━━━

和平さん:「私の思考が幸福を生まない原因は何故でしょう?」と相談を受ければ、

潜在意識は「眞心(まごころ)」と「エゴ」から成り立っており

・「眞心意識」が強ければ その意識は「幸福」をもたらし

・「エゴ意識」が強ければ その思考は「不幸」をもたらします。

━━━━━━━━━━━━━━━━

と教えてくれました。

■竹田和平さんは、花坂爺さんのような肯定心で

「自分はついてると思い」

「与えよう、与えよう」

とすることが大切だということを教えてくれました。

つまり。真心と智慧と徳で

『すべての良きことが生まれる』

ということです。

 

■今の日本は、心の優しい穏やかな人たちがたくさん住んでいて、食べ物も美味しく、平和で恵まれた美しい国だと思います。

これは私たちの親やご先祖さま、先輩たちのおかげです。

和平さんは、今世の最期まで世界の人々がより安心して暮らせる家庭や、国家、世界をつくるために働かれていました。

 

■ 今、私たちの目の前にはたくさんの仕事があり収入を増やす方法があります。

ビジネスをやろうと思えば ITや技術の進化、発展のおかげで個人でも、人に喜ばれて収入を増やすことがより簡単にできるようになった自由市場が目の前に広がっています。

ただし今、日本は、和平さんが懸念していたとおり、国家財政の危機が迫っております。

 

■日本一の個人投資家 故 竹田和平さんから頂いた「最後の手紙」があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━

日本一の個人投資家

「竹田和平さんからの手紙」 2016年5月24日

http://marugen.tokyo/voice/1-4

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

■私たちが眞心(まごころ)から知恵と徳を高めること。

そして私たちが眞心(まごころ)と眞心(まごころ)で融合することで新しい平和で美しい世界をつくることができます。

豊かで美しい愛と感謝にあふれた新しい日本をつくり、さらに豊かに発展させて後世に引き継いで参りましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━

<卓越のレシピ>

■ 「なぜ、やるか?」という動機。

高い「志」を大切にしよう!

■ 「動機が善」で「プロセスが善」なら結果を心配する必要はない。

京セラ名誉会長・稲盛和夫氏

   書籍『成功の要諦』より

■  「 まる現」の信条!( GNO )

「義理」と「人情」、「恩返し」

━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:インテリアデザイナーで、書道家の礼子さんが大好きな斎藤一人さんの詩

「仁義」を書いてくれました!

オフィスの一番良いところに飾り!

「仁義」を暗唱しています。

https://youtu.be/9z07oGd6NNQ

礼子さん!

歴史に残る!芸術的な「書」をありがとうございます!

  宝物です!!

   久家 邦彦

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*