投資は経営である【竹田和平さん 投資 経営 マスターマインド セミナー ② 】

こんにちは!久家邦彦です。今日も1日元氣で顏晴ろう!

◎あなたは、泰然自若に考えていますか?

◆上がってよし、下がってよし、の株価かな
      竹田和平さん

 

○何度も暴落や不況を乗り越えてきた和平さんの言葉でとくに心に響いた言葉があります。

その言葉とは・・・。

「上がってよし、下がってよしの株価かな」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
<強運のレシピ>

投資は経営である

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆竹田和平さんは借金して株を買うことはないそうです。

竹田和平さんは、「自分が身体が弱くて良かった。」といいます。

なぜなら、和平さんは若い頃に、信用取引をしていたときがあるそうですが、信用(借金)で株を買っている最中に、胃がグーグーいうそうです。

あれで,参ってしまって、「俺は、胃を悪くしてまで金が欲しいのか?」

考えたそうです。

そして「健康にも悪いし、とても割に合わないぞ!」と。

それで、もう2度と借金で株はやらないぞ!!と決めたそうです。

 

◆商売でも同じことです。

和平さんは、昭和33年~34年、手形で仕入れるのをやめて、現金で買っていただき、仕入れ代金も、銀行振り込みで払うようにしたそうです。

手形を辞めれば、売上は確実に縮小しますが・・・。

「身体のほうが大事と割り切って思い切って切り替えてみたら、案外上手くいったそうです。」

 

◆手形という信用取引の本質は、

「商品を買ってもらうために、売り手が買い手に信用を供与することです。

『借金で商売をするな、借金で株をするな』

という竹田和平さんの姿勢は、もう何十年も昔から徹底しているのです。

 

◆竹田和平さんが、人生を変えた1冊で『コングロマリット経営』という書籍を紹介されたことがあります。

『コングロマリット経営』とは、株式を取得してホールディングみたいに傘下にいれて経営することです。

あるとき竹田和平さんが教えてくれました。

「それまで、自分の事業は競争してマーケットをつくらないとならなかった。

でも、どちみち自分の会社は、人様がやっている。だったら、優秀な人がいる会社を買えばいい。」

『コングロマリット経営』というこの本が『投資は経営である』ということを氣づかせてくれた。

今、投資の世界にいるのは、それが種だよね。

 

◆安値に沈む優良株を見つけ、経営者を応援してきた竹田和平さんはいいます。

「上がってよし、下がってよしの株価かな」

昔の庄屋が自分の田んぼの値段をいちいち気にするかい。

庄屋が気にするのは、どれだけの人手が必要で、どれだけの年貢が取れるか、ということだけだよ。

株だって同じ。配当をもらって快適な気分になればいい。

「上がってよし、下がってよしの株価かな」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<強運のレシピ>

■ 誠実で優秀な人が経営している会社に投資しよう!

■ 身体のほうが大事だと割り切る!借金で商売をしない。

借金で株をしない!

■ 上がってよし、下がってよしの株価かな!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェイスブックの記事をほぼ日刊で更新しています。

フェイスブックの友達申請は【ブログの読者】です。

ということで、メッセージをくださいね。

友達申請、フォロー大歓迎です。

【久家邦彦のフェイスブック】はこちらd(⌒o⌒)b♪
    ↓↓↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007199144411

 

◆久家邦彦のプロフィール◆
20年間で、延べ71,070人以上の事業経営者、投資家、プロスポーツ選手、芸能人、会社員、主婦から学生まで、様々な夢や目標の実現と問題解決を支援する。

現在は『脳力革命で人を幸せに!』というミッションを軸に、企業・地方自治体・教育機関と幅広い対象に、多彩な研修や講演活動を展開!全国のクライアントや受講生から圧倒的な支持を得ている。

 『脳力革命で人を幸せに!』

あなたの夢や目標を現実化する!!
 日本現実化戦略研究所(まるげん)
   久家 邦彦

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*