成功と繁栄も、執念と思い込みの通りになる! 書籍『打つ手は無限』牟田学著より

40年にわたり11万社にのぼる企業の経営指導に命をかけてきた著者牟田学氏が贈る、自分を磨き事業を大きくするための考え方、物事の捉え方!書籍『打つ手は無限』牟田学著を読みました。

氣づき多き書籍なので一部を引用してご紹介させていただきます。

記事を読んでよければ是非、書籍を読んでみてくださいね。

※書籍『打つ手は無限』牟田学著はこちら!

打つ手は無限 ~変貌する社長業/サンマーク出版

¥2,100
Amazon.co.jp

■豊かさを創る質問■

・あなたは、人生を、どう生きていくか、どうしたいかをよく考えて、旗を立てていますか?

・あなたの心の中には「成功」がありますか?それとも「苦難」がありますか?

・あなたには、「できると!」いう信念がありますか?
__________________________

<卓越のレシピ>

成功と繁栄も、執念と思い込みの通りになる!

__________________________

◆ 成功を目指すことが成功だ!

私は、就職した経験がない。

今でも思うのであるが、若い頃に事業家を志したり、自分が本当にやりたい職業を目指したりするという方向性は、自主独立で大変良い選択肢だと信じている。

私の若い時代には、事業家を志し、就職をしないという方向を選択するには勇気が必要だった。

 

◆ 当時、世界一周を幾度もやって、先進国の人々の生き方を参考にした。

日本でも、事業家や、芸術家や、スポーツマンや、文筆家など、個人的な職業を目指す人も増えて、やっと立場を得るようになった。

事業家は、資本主義のチャンピオンなのである。

 

◆現在、いくつかの事業やりながら、他人様の事業の指導をし、経営書を著したり、講演をしたりしている。

また学者をやったり、画家をやったり、ゴルフ場の理事長までやっている。

結構楽しいものだ。

定年は、自分で決定すればよいとさえ思っている。

私の生き方は、いつでも多くの人々と同じ方向目指さないという視点を大切にしている。

 

◆競争がエスカレートして、目的を失い、競争そのものに意味を見つけ出すようになってしまうことを嫌っているからである。

生き方も、事業も、安易に周囲を真似て方向を決めないことだ。

ブームに乗るよりも、自分で自分の心を確認して、本当にやりたいことをやることである。

 

◆20歳の時に会った中村天風さんが言っていた。

「人は誰でも、何事をも、自分自身が深く思い、考えた通りになすことができる。

つまり、何事も、自分が自分自身に与えた想念のとおりになる。

自分ができないと思えばできないし、できると信念すれば何事もできる」

と。

 

◆人生は自分のものである。誰のものでもない。

それが自覚できるようになったら、いや、自覚したいなら、人生を、どう生きていくか、どうしいたいかをよく考えて、旗を立てることだ。

成功も、苦難も、全部、自分の心の中にあると私は信じている。

 

◆天才的な手術の技術をもつ外科医『ブラック・ジャック』はいいました。

『医者は体の傷は治せても歪んだ心までは治せん・・・』

『問題は特技とかやり方なんかじゃなくて、
      どうやりとおせるか ということでしょう?』

  • イギリスの牧師 ロバートソンはいいました。

『信念は人を強くする。疑いは活力を麻痺させる。信念は力である。』

  • 日本一の個人投資家である竹田和平さんは教えてくれます。

『思考が、信念になると具象化する!』

  • ナポレオン・ヒルの成功哲学やマーフィーの成功法則、SSPSプログラムを日本に普及した(株)エス・エス・アイの創業者 田中孝顕はいいました。

『信念とは、思考が行動を支配した状態である!
   信念とは、機会がきたらすぐに行動している状態である!』

※お薦め書籍『打つ手は無限』牟田学著はこちら!

打つ手は無限 ~変貌する社長業/サンマーク出版

¥2,100
Amazon.co.jp

_____________________________
<魔法のレシピ>

  • 『人は誰でも、何事をも、自分自身が深く思い
              考えたとおりになすことができる!』 
                    中村天風
  • 何事も、自分が自分自身に与えた想念のとおりになる。
    自分ができないと思えばできないし、できると信念すれば何事もできる!
  • 人生は自分のものである。誰のものでもない。人生を、どう生きていくか、どうしいたいかをよく考えて、
    旗を立てることだ。成功も、苦難も、全部、自分の心の中にあると私は信じている

__________________________

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*