愛をデザインする

映画「ココ・アヴァン・シャネル」を観てきました。

圧倒的なブランドを築いたココ・シャネルは

孤児から始まったのですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

愛をデザインする

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ココ・シャネルは、子供のころ、姉と孤児院に

預けられていました。

父は浮気者で家に帰らず、母は亡くなってしまいました。

シャネルは孤児院を出たあと、昼はお針子として働き、

夜は姉と酒場で歌をうたって稼いでいました。

◆そこで出会ったフランス紳士の家に転がり込みます。

このフランス紳士はじょじょにシャネルに恋をしていきます。

シャネルは、当時、女性がコルセットをして洋服のラインを保っていたのを「苦しそう!!」と改善し、現代の洋服のデザインのもとを創りました。

◆またフランス紳士に紹介された女優の帽子をデザインして喜ばれ、仕事を紹介されるようになります。

その後、イギリス人紳士のボーイと恋に落ちます。そしてボーイの出資でパリにお店をだします。

パリでも、シャネルのデザインは受け入れられ、お店は大繁盛します。

しかし二人で旅行に行く約束していたボーイは事故でなくなってしまいます。

◆それからのシャネルはデザイナーとしての仕事、さらに没頭していき世界から注目されるようになります。

圧倒的なブランドとなったシャネルのデザインを生んだもとには、細部まで徹底して拘るシャネルの性格がありました。
シャネルの優しく美しいデザインは、もっと愛し愛されたかった彼女の気持ちのあらわれなのかもしれませんね。

1883年~1971年 ココ・シャネル
(享年 89歳)
http://wwws.warnerbros.co.jp/cocoavantchanel/

━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>

■  自分の仕事にこだわろう

■  仕事に心を込めよう

■  仕事で自分を表現しよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<さくらのB級ぐるめ>

食欲の秋ですね。

岡山で県庁どうりにある達磨町「3ツ乃屋」さんに来させていただきました。

さわらと、カンパチ、それに天然のスズキのお造りです。

新鮮で、身が引き締まっていて、素晴らしい職人技を見せていただきました。

このお造りが岡山の地酒によく合うのです。

きき酒は、岡山の地酒「与平」が、とてもおいしかったです。

日本酒がお好みの方は、岡山の地酒はお勧めですね。

スープ餃子もコクがあり、最後は炊き込みご飯でしめました。

ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

     
  

SNSでもご購読できます。