愛と希望と感謝で良いことが生まれる!【起業 転職 就職 投資 成功 脳セミナー ②】

◎あなたは、傍(周り)を楽にしていますか?

◆働くとは、傍(周り)を楽にすること!

愛と希望と感謝で全ての良いことが生まれる!

○働くことの本質とは、何でしょうか?  
『アンドリュー・カーネギーの自伝』を読みました。

A.カーネギーが物心ついたころのカーネギー家は貧乏のどん底にありました。

A.カーネギーはこのため、正規の学校教育を10歳までしか受けていません。

A.カーネギーの父はスコットランドのダンファームリンの手織り職人の親方でしたが・・・。

「産業革命」により、数倍の効率で仕事ををする蒸気機関を動力にした機械工場からは安くて、質の良い布が大量に供給されるようになり、

手織りの工場は次々に消えていきました。

 

◆A.カーネギーが10歳の頃、父が母に元氣のない声で

「また注文をもらえなかった。もう仕事ははい。」

と言った記憶を覚えています。

「貧乏はいやだ!!もう少し大きくなったら、この家から必ず貧乏をなくすのだ。」

A.カーネギーは、子供心に決心しました。

※お勧め書籍『カーネギー自伝』はこちら!

カーネギー自伝 (中公文庫BIBLIO)/中央公論新社

¥940
Amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<強運のレシピ>

愛と希望と感謝で全ての良いことが生まれる!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆貧しい両親のもとに長男として生まれたAカーネギーは『幸運にも』幼いときから正直に働き、生活の糧を得るために世の中で有用な仕事をしなければなりませんでした。

そのため子供のころから両親を助け、両親のように出来るだけ早く家族の中で生活費を稼ぐようになることが義務となりました。

◆このように・・・。

・ 「何をしたいか?」ではなく

・ 「自分にできることは何か?」ということが、A.カーネギーの、そもそもの出発点だったのです。

 

◆Aカーネギーは自伝に書いています。

「心が安らぐ貧しい家の暮らしは、安らぎを失った富豪の邸宅よりもはるかに価値のあるものである。

貧しい家に育った子供達にとって父親は最も信頼できる友人であり、教師であり、模範である。

母は最も信頼できる乳母であり、教師であり、保護者である。

家族のなかでは、嫉妬も競争もなく、外で受けた苦痛も忘れることができるのである。

貧しい家から数多くの有能な指導者が生まれてくるのは不思議なことではない。

むしろ当然の結果なのである。」

 

◆Aカーネギーの両親にとっても、生まれ故郷のスコットランドを離れ、アメリカのピッツバーグに移住することは辛いことでしたが

両親が移住を決めたのは、自分達のためではなく子供達の将来を考えてのことでした。

「両親のこの考え方」を、Aカーネギーが知ったのはこの後、何年もたってからですが、子供のために自分を犠牲にする父や母の愛情を知ったときに、そのような両親をもっていることをAカーネギーは心から誇りに思いました。

どん底の貧乏生活のなかで育ったにもかかわらず、A.カーネギーの両親に捧げる愛情や尊敬は非常に高く、かつ深いものでした。

 

◆日本一の個人投資家である竹田和平さんは【愛と希望と感謝で全ての良いことが生まれる!】ということを教えてくれます。

和平さんは、子供の頃、1年間お金をほとんど使わずに生活していたことがあるそうです。

そのころの生活は、「もったいない」「ありがとう」「おかげさま」という言葉でつながり、まさに桃源郷のようだったといいます。

 

◆ 和平さんは投資家として成功するにも、まろ(真心)を高めることだと教えてくれます。

ですから投資する先を選ぶときでも、経営者に徳があるかないかをチェックするそうです。

和平さんに「どうすれば、経営者に徳がるかどうかを見極められますか?」とお聴きしたことがあります。

すると・・・。

「自分が、徳がある人間になることだよ。

自分に徳があるようになれば、徳がある人間がわかるようになるよ。」

といわれました。

それから、和平さんとの智徳問答や「ありがとう講」をとおして、直接、学ばせていただいております。

 

◆さらに和平さんは教えてくれます。

お金というのは天からの預かり物なんじゃよ。

わし今世、天からお金の番人に指名されたんじゃよ。

お金は、自分で稼いだ自分の所有物ではなく、お金は天のもので、天から一時的に預かっているだけなんだよ。

天が自分に期待して預けてくれているのだから、天のかわりに手足を動かして、世のため、人のためになることにお金を使っていくんじゃわ。

そうすると、お金は自然に流れ結果的にまた自分にも自然に流れてくるんだわ。

天の意志にそってお金を使えるようになると、お金をお預かりできる量がどんどん増えていき、「水」 のように循環しているのがお金なんじゃわ。

 

◆【働くとは、傍(周り)を楽にすること!】というお話をお聴きしたことがあります。

【愛と希望と感謝で全ての良いことが生まれる!】のですね。

※お勧め書籍『カーネギー自伝』はこちら!

カーネギー自伝 (中公文庫BIBLIO)/中央公論新社

¥940
Amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<強運のレシピ>

■ 愛情深い、より賢明な人間となろう!

■「自分も家庭や社会の役にたっているのだ!!」という自覚が少年を大人にする!

■ 【働くとは、傍(周り)を楽にすること!】
貧しい家から数多くの有能な指導者が生まれてくるのは不思議なことではない。むしろ当然の結果である!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:サードプレイスのベローチェで、暖かいカフェオレを飲みながら記事を書いています。

リラックスできて良い雰囲気ですね。いつもありがとうございます。o(*^▽^*)o~♪

■【40代以上、起業、転職、就職、投資!転換期をむかえた働く方のために!】

豊かで卓越した日本の偉大なリーダーから直接教えていただいた、【日本人のための成功法則】を
南部恵治さんと【開運塾】でお伝えしています。

累計100万部を突破した、井上裕之先生の講演や対談も予定していますので。どうぞお楽しみに!

【開運塾】にご関心がある方は、久家邦彦のフェイスブックに友達申請してみてくださいね。

【久家邦彦のフェイスブック】はこちらd(⌒o⌒)b♪
    ↓↓↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007199144411

◆久家邦彦のプロフィール◆
焼き芋屋をしていたが、春になると仕事がなくなる。

「手に職をつけよう!」と一流ホテルに、バーテンダーとして入社したとき。

そこで驚愕な事実に氣づく!

一流ホテルで10年以上の経験を積んだ超一流のプロバーテンダーが、カクテルコンペティションで日本一の賞を取ったカクテルがありました。

この日本一のカクテルも、それをつくる【レシピ】を学べば、なんと!30分たらずで同じ味がつくれたのです。

しかも・・・何度でも同じカクテルが再現できる世界だったのです。

この後、【一流ホテルに来られるリッチでセレブなお客様と、自分は何が違うのか?】に興味をもちます。

そこで「もしかしたら、人生もカクテルと同じでレシピがあるのではないか?」と考え始め、人生を成功に導く【卓越のレシピ】を探す旅に出掛けます。

ホテルから独立後、4つの事業を立ち上げ365日、毎日14時間働くような生活が続き、身も心もカスカスになります。

一時は公園のベンチで一人将来が不安で悩んでいたこともありました。

そのとき【卓越のレシピ】の重要性を思いだします。

そして営業の世界でそれぞれ日本一になったスパースターのセールスマン3人に会いにゆきます。

そこで学んだ【営業の卓越のレシピ】を活用することでその後、当時、業界で世界最大の売上をあげた企業の対面セールスで年間をとおして1番の実績をあげる。

さらに低迷していた事業部のMGRとして、年商30億円の事業部を築きセールスとMGRで合計17回の日本一の実績を上げ100億円企業の役員となる。

一流一番から学び!一番になり!人を一流一番にする!

20年間で、延べ71,070人以上の事業経営者、投資家、プロスポーツ選手、芸能人、会社員、主婦から学生まで、様々な夢や目標の現実化と問題解決を支援する。

現在は『脳力革命で人を幸せに!』というミッションを軸に、企業・地方自治体・教育機関と幅広い対象に、多彩な研修や講演活動を展開!全国のクライアントや受講生から圧倒的な支持を得ている。

//////////////////////////////////////////

【心のゴミをエネルギーに転換する!】

20歳の時まで焼き芋屋をしていた。

その後、色々な仕事をしながら夢を追い続けた。

人は、誰でも挫折をする。大切なのはそこからだ!

私たちがこの世に命を授かった時に、すでに与えられている最大の財産!

自分の思考をコントロールする力!

自分の思考を言葉、感情、行動の順に掌握し、支配し、コントロールして

夢や目標の実現に向けてより賢く動かしていこう!

心に情熱を!

【夢や目標を10倍豊かに!現実化する!強運のレシピ!】

日本現実化戦略研究所(まるげん)

『脳力革命で人を幸せに!』     

 久家 邦彦

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*