愛することで愛が生まれる【脳と潜在意識 セミナー 結婚 カウンセリング】

こんにちは!久家邦彦です。今日も1日元氣で顏晴ろう!

◎あなたは、美しいものを、美しいと感じていますか?

◆美しいものを、美しいと思える、あなたの心が美しい。
        相田みつを

○私たちの人生には、出逢いがあり別れがあります。

村上春樹さんの大好きな言葉です。

「たとえ最後につらい目にあって、がっかりしたとしても、その人たちと巡り合えたのは、あなたにとってやはり善きことだったという気がするの。
 人と人の心がそんな風に隙間なく結びつくなんて、そうそうあることじゃない。」

長年日本人に愛されてきた感動の実話『ハチ公物語』を、リチャード・ギア主演で映画化した『HACHI』DVDを見ました。

お勧めDVD『HACHI』はこちら!

HACHI 約束の犬 [DVD]/松竹

¥3,990
Amazon.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<強運のレシピ>

愛することで愛が生まれる!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここからはDVD『HACHI』のあらすじになります。

 

◆遠い日本からアメリカへと送られてきた秋田犬の子犬。

駅で迷子になってしまったその子犬を大学教授のパーカーが拾い上げる。

受取人も見つからなかったことから、放っておけずに家へと連れ帰るパーカー。

妻のケイトは最初は反対したものの、やがて子犬は家族の一員になる。

子犬は首輪のタグに刻まれた漢字から“ハチ”と名付けられ、パーカーに愛情いっぱいに育てられる。

 

◆そしていつしか、ハチは毎朝駅までパーカーを見送りに行き、夕方5時には駅でパーカーの帰りを待つようになる。

そんな強い絆で結ばれたパーカーとハチの姿は、駅で働く人々の心も和ませていました。

その幸せな光景がいつまでも続くものと思っていたのですが・・・。

 

◆長年日本人に愛されてきた感動の実話『ハチ公物語』!

渋谷駅の待ち合わせの名所になっているあの『忠犬ハチ公』のお話です。

日本の「ハチ公」のことを新聞に投書した斎藤弘吉氏によれば、駅員やヤキトリ屋にいじめられるハチがかわいそうなので、日本犬の会誌に、このことを書いたが、より多くの人に知ってもらうためにと、朝日新聞に投書したといいます。

 

◆斎藤は自著『日本の犬と狼』のなかで、次のように記している。

「ハチは困ることにはおとなしいものだから、良い首輪や新しい胴輪をさせると直ぐ人間に盗みとられる。

また駅の小荷物室に入り込んで駅員にひっぱたかれたり、顔に墨くろぐろと、いたずら書きされたり、

またある時は駅員の室からハチが墨で眼鏡を書かれ八の字髯をつけられて悠々と出て来たのに対面し、私も失笑したことを覚えている。

夜になると露店の親父に客の邪魔と追われたり、まるで喪家の犬のあわれな感じであった」

 

◆ 斎藤弘吉氏が
「なんとかハチの悲しい事情を人々に知らせてもっといたわって貰いたいものと考え、朝日新聞に寄稿したところ、その記事が大きく取り扱われ、昭和七年十月四日付朝刊に

『いとしや老犬物語、今は世になき主人の帰りを待ちかねる七年間』

という見出しに、ハチの写真入りで報道され、一躍有名になってしまった。

朝日の写真班員の来駅で駅長がびっくりしてしまい、東横線駅ともども駅員や売店の人々まで急にみな可愛がるようになってしまった」

 

◆「有名になるといつの世でも反対派が出るもので、ハチが渋谷駅を離れないのは焼鳥がほしいからだと言いだす者が出た。

ハチに限らず犬は焼鳥が一番の好物で、私も小林君もよく買って与えていたが、そのためにハチが駅にいるようになったものでないことは前述の通りである」
       斎藤弘吉著『日本の犬と狼』雪華社より

 

◆ 映画「HACHI」をみていると『愛すること』の大切さを再認識しますね。

リチャードギアは、日本でも有名ですが、マサチューセッツ大学を中退後、いくつかの劇団に入り演技や声楽を勉強しました。

ブロードウェイで「グリース」などの舞台に立ち。

映画は75年「ニューヨーク麻薬捜査線」でデビューしました。

あまりパッとしなかったそうです。

その後78年「天国の日々」の抜擢で注目されます。

リチャードギアが大スターになるきっかけは、思わぬときに訪れます。

当時人氣があったジョントラボルタが辞退した「アメリカン・ジゴロ」に出演します。

つづいて82年「愛と青春の旅だち」で女性ファンをつかみ一躍大スターに成長します。

その後、低迷もありましたが90年の「プリティ・ウーマン」で復活しました。

私生活では、91年、スーパー・モデル、シンディ・クロフォードと結婚。95年離婚。

その後「007/消されたライセンス」のボンド・ガール、キャリー・ローウェルと7年の交際を経て2002年に再婚。2013年に離婚。

 

◆年間のべ700人以上の個別セッションを担当していますが、ある時、カウンセリングにきた方が言いました。

「もう、愛がなくなってしまったのです。」

そこで、提案しました。

「それでは、愛してみてはいかがですか?」

 

■相談にきた方は、いいました。

「だから愛がなくなってしまったんです。」

そこでお伝えしました。

『愛』は名詞ではなく、動詞です。

『愛』は、あるものとか、なくなるものではありません。

あなたが『愛するときに、そこに生まれるものなのです。』

 

■異業種で2社の上場を達成した、卓越した事業家である南部恵治さんに教えていただきました言葉があります。

【今を大切に生きれば、未来は思いのまま】

美しいものを、美しいと思える、主体性を発揮して参りしょう!!

今日という素晴しい1日との出愛に感謝し、存分に楽しんでまいりましょう。

お勧めDVD『HACHI』はこちら!
HACHI 約束の犬 [DVD]/松竹

¥3,990
Amazon.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<強運のレシピ>

■ 出愛を大切にしよう!

■ 愛する人になろう!

■ 創造は一瞬のインスピレーションである!

     リチャード・ギア

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:フェイスブックの記事をほぼ日刊で更新しています。

フェイスブックの友達申請は【ブログの読者】です。

ということで、メッセージをくださいね。

友達申請、フォロー大歓迎です。

【久家邦彦のフェイスブック】はこちらd(⌒o⌒)b♪
    ↓↓↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007199144411

◆久家邦彦のプロフィール◆
20年間で、延べ71,070人以上の事業経営者、投資家、プロスポーツ選手、芸能人、会社員、主婦から学生まで、様々な夢や目標の実現と問題解決を支援する。現在は『脳力革命で人を幸せに!』というミッションを軸に、企業・地方自治体・教育機関と幅広い対象に、多彩な研修や講演活動を展開!全国のクライアントや受講生から圧倒的な支持を得ている。

 『脳力革命で人を幸せに!』

あなたの夢や目標を現実化する!!
 日本現実化戦略研究所(まるげん)
   久家 邦彦

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*