悩みから解放される方法とは? ジェームススキナーさんの教え 

成功の9ステップ/ジェームス・スキナー

¥29,400
Amazon.co.jp

ジェームススキナーさんは

「将来の実態がわかると人間は悩まなくなる」と教えてくださいます。

 

ここで『悩み』について考えてみてください。

・『悩み』とは何でしょうか?

・そもそも『悩み』は、何故、できるのでしょうか?

それでは、あなたが悩んでいる「将来」について考えてみてください。

・「将来」とは、「ある」のでしょうか?

・「将来」は、実在しているのでしょうか?

もし「将来」があるなら、そこに連れて行ってください。

「将来」は、どこにありますか?

例えば明日になると、そこは「将来」になっていますか? 

明日になったら、そこではまだ「今」ですよね。

つまりそこでは「今」であって、「将来」ではないです。

 

◆お金持ちは、不況、混乱、災難のなかでどう富を生み出すのでしょうか?

ジェームススキナーさんの

『100年の危機をチャンスに転換する法則とは!』

<本日 最終日> 詳しくは今すぐこちらから!

http://www.ssigrp.com/dvd/3/

 

———————————————
<魔法のレシピ>

将来の実態がわかると、人間は悩まなくなる

———————————————

 

◆「将来」の実態がわかると、人間は悩まなくなるのです。

つまり「将来」とは「その人が自分自身で作っている架空のストーリー」なのです。

そこに実態が在るわけではないのです。

『将来の悩み』とは、その人が頭の中で勝手につくっている『将来の架空のストーリー』なのです。

 

◆例えば・・・こんなことで悩んでいる人がいます。

「明日は、あの上司が来て、ガミガミと言われてしまうかもしれない?」

でもそれは、その人が勝手につくっている『将来のストーリー』なのです。

それを『悩み』と呼んでいるのです。

だから『悩み』とは、『将来のストーリー』、つまり『その人自身のつくる将来のイメージ』なのです。

それ以外に実態がないのです。

 

◆繰り返しますが「将来」とは、「自分の思考(マインド)が、架空の未来を作っているだけ」なのです。

・『悩み』とは実態ではないのです。

・『悩み』は、環境ではないのです。

・『悩み』は、出来事ではないのです。

だから、自分の思考(マインド)から少し離れて、自分自身の思考(マインド)を客観的に見ることができるようになったら良いのです。

 

◆もし、自分の悩みを客観的に見ていて、無意識(意識下)に自分が創りあげている「将来の架空のストーリー」が嫌なイメージだったら・・・

「ああ、このストーリーは嫌なストーリーだなあ」と氣づいて「それ」を「自分が望むストーリーに書き換えて作ることができる」のです。

この自分自身が描く将来のストーリー(イメージ)は、どのようにでも自分が望むように創りだすことができるのです。

「人は、出来事や実態に反応している」のではなく「自分がつくっているストーリーに反応しているだけ」なのです。

だから、このストーリーをコントロールできるようになれば全てが上手くいくのです。

 

◆『悩み』というのは、自分の思考(マインド)がつくっているストーリー(イメージ)なのです。

「実態がない」のです。

過去の『恨み』とは「過去の出来事に関する、自分の中にあるストーリ」に無意識に反応しているだけなのです。

例えば・・・

『あの人がデートをすっぽかしたのは、私が足りないからなの!』とかこれも、実態がないのです!!

 

◆つまり身体の中で感じる、恐怖や恨みや憎しみなどの感情は全部、身体がその人自身がつくっている架空のストーリーに反応しているだけなのです。

これはとても重要なことなのです。

なぜなら、ある人は、このような自分自身が創る架空のストーリーに無意識に反応して、思い煩い、病氣になったり、自殺までしたりするからです。

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき/ナポレオン ヒル

¥2,310
Amazon.co.jp

◆ナポレオン・ヒル博士がいっていた一番重要なことは『方向付けられた思考(マインド)が持つ力』なのです。

・その人が「自分自身の思考(マインド)を、自分の望むところに向けて方向づけられるか?」

・それとも「思考(マインド)が、勝手にストーリーをつくり暴走しているのか?ということです。」

 

◆『原因と結果の法則』のジェームスアレンが話しています。

『マインドは全てのものを形付ける偉大な力である。そして人は、思考(マインド)である。その思いの道具を手にとり、自分の志すものを形づけていく。そして1000もの喜びも、1000もの災いも自分の身に引き受ける人は隠れたところで、その思いを発する。それは現実となって現れる。その人の廻りの環境は、その人の思考(マインド)を映し出す鏡である。』

 

◆『悩み』とは、その人が心の中でつくっている架空のストーリーにすぎないのです。

だから自分の思考(マインド)を方向付けられる人は悩みもない、恨みもない、恐怖もないのです。

今に生きて、今、正しい行動を行っているだけなのです。

だから自然に成功していくのです。

 

◆それではお金持ちは、不況、混乱、災難のなかでどう富を生み出すのでしょうか?

「今、100年に一度の不況と言われていますが、

            あなたはどんな備えをしていますか?」

経済は、天気と同じで、良い時もあれば、悪い時もあります。

だから今度も、もしかしたら少し肌寒い日が続いているだけでまた暖かくなるかもしれません。

しかしもし、これが本格的な冬の到来を告げる木枯らしだったとしたら・・・

「100年に一度の金融危機は始まりに過ぎなかった。」

 

◆経済の「冬の時代」とは、やって来ることを知らない人にとっては、生命の危機となりますが、冬の到来を予測し準備している人にとっては、ビジネスや投資で成功し、資産を増やす、100年に一度のチャンスでもあるのです。

これは、一部の世界の成功者、お金持ち達だけが知っている『秘密』です。

ジェームススキナーさんの

『100年の危機をチャンスに転換する法則とは!』

<本日 最終日>

詳しくはこちらから!

http://www.ssigrp.com/dvd/3/

———————————————
<卓越のレシピ>

■ 『悩み』とは、「自分が心の中でつくっている架空のストーリー」にすぎない

■ 人間は「出来事や実態に反応している」のではなく「自分がつくっている架空のストーリー」に反応しているだけである

■ 「自分で創るこの架空のストーリー」をコントロールできるようになれば全てが上手くいく

———————————————

<さくらのB級グルメ>★★★★

 

銚子港直送『すし銚子丸』にいきました。

今日は、脂がのったトロに縁側に、舌づつみをうちネギトロとオクラの軍艦巻きを楽しみ甘エビ、エビ、車エビの「長寿三種」で、長寿を祈願しネギとショウガがたっぷり乗ったアジをいただきました。

 

なんといっても『すし銚子丸』のお勧めは、あら汁です。

 

魚のあらと野菜がよく煮えていて、いつもこれ一杯で大満足です。

 

すし銚子丸は、カウンター席と、テーブル席がありゴールデンウイークは大盛況でした。

 

ネタも美味しく、板前さんの活気があり明るくていいですね。

いつもありがとうございます。

     
  

SNSでもご購読できます。