患者様に心を尽くす! 『なぜ女性は牛丼屋に行かないのか?』阿部孝彦著より

青葉台で産婦人科医院『あおばウィメンズホスピタル』を経営されている
阿部孝彦院長先生の書籍『なぜ女性は牛丼屋に行かないのか?』 を読みました。

テクニックではありません!

『最も大切なお客様のためにという思い!』
ホスピタリティについて深い氣づきがあります。

『あおばウィメンズホスピタル』で実践し、結果として多くの顧客を獲得することができた『女性に喜ばれる環境づくり』の方法!

※お薦め書籍『なぜ、女性は牛丼屋にいかないのか?』

なぜ女性は牛丼屋に行かないのか/幻冬舎

¥1,260
Amazon.co.jp

◆世界初の癒しの分娩室 ”COCOON” に感動です!

医療法人フロンティア
あおばウィメンズホスピタルでは、世界初の癒やしの分娩室”COCOON”にて分娩を行います。

一生に一度の一大イベントを、COCOONで、体験してみませんか?
まずは、COCOONをご覧ください。

     ↓


http://www.youtube.com/watch?v=gefp31ALFE4&feature=player_embedded

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、なぜ、女性は牛丼屋にいかないと思いますか?

・あなたは、お客様に技術だけでなく、心を尽くしていますか?

・あなたは、お客様ひとり1人と真剣に向き合い、信頼を得ていますか?

 

__________________________

<卓越のレシピ>

患者様に心を尽くす!

__________________________

 

◆『消費財の80%は、女性が購入決定権を握っている』といわれています。

確かに多くの家庭では食料品や日用品、子供の衣料品などを購入するのは女性です。

日本の男性が家事・育児に参加しないという問題もありますが、日本よりも夫婦の家事・育児のシエアが住んでいるアメリカでも同様の傾向が強いと言いますから、シンプルに『女性の消費行動は活発』と考えられます。

 

◆また、様々な問題点は抱えつつも、日本における女性の社会進出は確実に進んでいて、フルタイムで働く女性も増えています。

出産後に育児と仕事を両立させながら、キャリアを重ねていく女性も、もはや特別な存在ではありません。

そして、社会に出た女性たちは自由に活動できる環境とお金を手にし、消費行動より活発にしています。

最近『女性が日本を元氣にする』というフレーズをよく耳にしますが、女性の社会進出によって生産人口が増え、女性が自分で稼いだお金を自分のために使うことで、内需の拡大も期待できるわけです。

 

◆マーケティング業界が女性に注目し、企業が購買担当者を女性にしたり、女性をターゲットにした商品やサービスを数多く開発したりするのも当然の流れだと言えるでしょう。

さて、冒頭からビジネスと女性について語っている私は、神奈川県横浜市で『青葉ウィメンズホスピタル』という産婦人科医院を経営している『産婦人科医』です。

当院を開業するにあたって数多のビジネスを読み漁り、独学でビジネスの知識を身につけましたが、私の専門はあくまでも『産婦人科医』であり、ビジネスではありません。

単純にビジネスを論ずるのであれば、私より適任の人がたくさんいるでしょう。

 

◆しかし産婦人科医院の経営には『女性を対象とするビジネス』という一面もあります。

患者様は全員女性であり、しかも人生の一大イベントである出産を行う場所になるのですから、どんなサービスや商品よりも、シビアに産婦人科を選びます。

そのため、産婦人科医は女性を対象とするビジネスにおいては、一日の長があるはずです。

 

◆ただ、医療業界はビジネスという側面だけでは割り切れない部分もあります。

『産婦人科』は命が生まれる場所ですが、患者様が自分の命をかけて出産を行う場所でもあります。

そのため、患者様ひとり1人と真剣に向き合い、信頼を得られなければ仕事として成り立ちません。

持っている技術を尽くすということはもちろんですが、十分に心を尽くさなければ、自分と大切な子供の命を預けようとは思っていただけないのです。

そして、患者様に心を尽くすためのキーワードとなるのがホスピタリティです。

 

◆テクニックではありません!

『最も大切なお客様のためにという思い!』
ホスピタリティーについて深い氣づきがあります。

『あおばウィメンズホスピタル』で実践し、結果として多くの顧客を獲得することができた『女性に喜ばれる環境づくり』の方法!

※お薦め書籍『なぜ、女性は牛丼屋にいかないのか?』

なぜ女性は牛丼屋に行かないのか/幻冬舎

¥1,260
Amazon.co.jp

 

 

◆医療法人フロンティア
あおばウィメンズホスピタルのミッション

           ~経営理念~

私たちは女性の一生の医療パートナーとして安全・安心と家族の一員の想いで、愛のある最良の医療提供いたします。

そして、ゲストの皆様に愛され信頼される病院作りをすることで、地域の皆様に貢献いたします。

感動創造ホスピタルとして、キャスト自らが感動を創造し、ゲストの皆様へ感動を提供いたします。

医療法人フロンティア理事長
青葉ウィメンズホスピタル院長 阿部孝彦

◆心に残るご出産を!あおばウィメンズホスピタルはこちら!

http://www.aobahospital.com/

 

◆41,115人が「いいね」といっている
『あおばウィメンズホスピタル』のFacebookはこちら!

http://www.facebook.com/aobawh?fref=ts

◆あおばウィメンズホスピタルでは『クレド』に共感する産婦人科専門医やキャストを募集しています。産婦人科専門医、キャストの募集はこちら!

http://www.aobahospital.com/cast/

_____________________________

<魔法のレシピ>

■ 『消費財の80%は、女性が購入決定権を握っている』といわれている

■ 『産婦人科』は命が生まれる場所ですが、患者様が自分の命をかけて出産を行う場所でもあります。そのため、患者様ひとり1人と真剣に向き合い、信頼を得られなければ仕事として成り立ちません

持っている技術を尽くすということはもちろんですが、十分に心を尽くさなければ、自分と大切な子供の命を預けようとは思っていただけないのです

■ 患者様に心を尽くすためのキーワードとなるのがホスピタリティである

心に残るご出産を!

『あおばウィメンズホスピタル』はこちら!

http://www.aobahospital.com/

______________________________

<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★

吉祥寺の『磯丸水産』で『秋刀魚シラス丼』 ¥620をいただきました。

 

脂ののった秋刀魚とシラスがたくさんのっている丼ぶりを葱と生姜の薬味と一緒にいただきます。

おいしいo(*^▽^*)o!

新鮮な秋刀魚とシラスの丼ぶりが、手軽にいただけるのが嬉しいですね。

 

磯の香りがかおる生海苔味噌汁 ¥100もお薦めです。

ご馳走さまでした

 

■『磯丸水産』はこちら!

http://www.sfpdining.jp/isomaru/

有難うございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*