患者様からいただく笑顔が、幸せを感じるスイッチ!

青葉台で産婦人科医院『あおばウィメンズホスピタル』を経営されている阿部孝彦院長先生の書籍『なぜ女性は牛丼屋に行かないのか?』 を読みました。

『あおばウィメンズホスピタル』で実践し、結果として多くの顧客を獲得することができた『女性に喜ばれる環境づくり』の方法とは?

◆書籍『なぜ女性は牛丼屋にいかないのか?』のアマゾンキャンペーンをやっています。

<<特典>>
①青葉台にある人気産婦人科『あおばウィメンズホスピタル』の『クレド(信条)』をダウンロードできます。

②女性の心をつかむ方法について横浜在住の作家アズ直子さんとの対談映像です。フェイスブックにも話題が及びます。

※12月12日(水)迄、期間限定アマゾンキャンペーンはこちら!
http://aobahospital.lolipop.jp/amacan.html

※お薦め書籍『なぜ、女性は牛丼屋にいかないのか?』はこちら!
なぜ女性は牛丼屋に行かないのか/幻冬舎

¥1,260
Amazon.co.jp

◆あおばウィメンズホスピタルでは『クレド』に共感する産婦人科専門医やキャストを募集しています。産婦人科専門医、キャストの募集はこちら!


http://www.aobahospital.com/cast/

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、必死に生きていますか?

・あなたは、「お客様のために」と言う気持ちを忘れずに試行錯誤をしていますか?

・あなたは、失敗した原因を追求し、その対策を講じていくことで少しずつ女性に喜ばれる環境を築いていますか?

__________________________

<卓越のレシピ>

患者様からいただく笑顔が、幸せを感じるスイッチ!

__________________________

 

※以下、書籍『なぜ、女性は牛丼屋にいかないのか?』阿部孝彦著より抜粋

◆独立・起業して成功を収めるのは簡単なことではありません。

しかも、本書で紹介した名言を見てもわかるように、女性の心は男性にとって、とても複雑で難解です。

女性向けビジネスで一定の成果をあげることは、一筋縄ではいかないでしょうし「女性のお客様のために」と思っておこなったことが裏目に出てしまうこともあるはずです。

それは、今こうして女性向けビジネスの書籍を執筆している私も同じです。

◆私が院長を務める「あおばウィメンズホスピタル」は、もともとは別の産婦人科医院で私は勤務医として働いていました。

患者様となる女性の多くは近隣の競合施設に流れ、そこが、満床になったから、私が勤めていた病院に来るといった有様でした。

そのため、私はその病院を買い取ると決めた時から、様々なことをシュミレーションして、どうやって女性に喜ばれる病院をつくりあげるかということを考えていました。

◆しかし、実際はシュミレーション通りにいかないことばかりでした。患者様から返ってくるアンケートの結果を見て、ショックを受けることも少なくはありませんでした。

もちろん今でも患者様の気持ちを汲み切れず失敗をしてしまうことがあります。

しかし、失敗をすることは改善点を発見することでもあります。

失敗した原因を追求し、その対策を講じていくことで、少しずつ女性に喜ばれる環境が整っていきました。

その結果、手前味噌で恐縮ですが、当院は開業5年で年商2倍を達成しました。

◆ 繰り返しなりますが、女性の心はとても複雑で難解です。しかし、それが女性の魅力でもあります。

自分なりに試行錯誤し、理想の病院を目指して邁進した結果、出産を終えた患者様から『とても安心できました』『次もここで生みたいです』と言ってもらえた時、私は心からの幸せを感じます。

もしかすると私にとって、患者様からいただく笑顔が、幸せを感じるスイッチなのかもしれません。

◆ 本書をお読みいただいた皆さんも「お客様のために」と言う気持ちを忘れずに、試行錯誤してみてください。

本書で紹介した方法は、ほんのきっかけに過ぎません。皆さんの店にやってくる女性のお客様一人ひとりに何ができるかを考えて、お客様の笑顔を手に入れていただきたいと思います。

詳しい内容は、書籍『なぜ、女性は牛丼屋にいかないのか?』をお楽しみください!

最後に、私がいつも心に秘めている名言を紹介して、本書の締めくくりさせていただきます。

『必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ!』

            織田信長

◆阿部孝彦院長先生の書籍『なぜ女性は牛丼屋にいかないのか?』のアマゾンキャンペーンをやっています。

<<特典>>
①青葉台にある人気産婦人科『あおばウィメンズホスピタル』の『クレド(信条)』をダウンロードできます。

②女性の心をつかむ方法について横浜在住の作家アズ直子さんとの対談映像です。フェイスブックにも話題が及びます。

※12月12日迄、期間限定アマゾンキャンペーンはこちら!
http://aobahospital.lolipop.jp/amacan.html

※お薦め書籍『なぜ、女性は牛丼屋にいかないのか?』
なぜ女性は牛丼屋に行かないのか/幻冬舎

¥1,260
Amazon.co.jp

 

◆心に残るご出産を!
『あおばウィメンズホスピタル』はこちら!

http://www.aobahospital.com/

◆あおばウィメンズホスピタルでは『クレド』に共感する産婦人科専門医やキャストを募集しています。産婦人科専門医、キャストの募集はこちら!

http://www.aobahospital.com/cast/

_____________________________

<魔法のレシピ>

■ 女性の心は男性にとって、とても複雑で難解です!
失敗をすることは改善点を発見することでもあります
失敗した原因を追求し、その対策を講じていくことで、少しずつ女性に喜ばれる環境が整っていきました

■「お客様のために」と言う気持ちを忘れずに、試行錯誤してみてください!

皆さんの店にやってくる女性のお客様一人ひとりに何ができるかを考えて、お客様の笑顔を手に入れていただきたいと思います

■ 必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ!
          織田信長

______________________________

<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★

焼き鳥『串八珍』にいきました。

串八珍の焼き鳥(やきとり)は、岩手県産銘柄鶏『奥の都どり』(おくのみやこどり)を使用しているそうです。

 

味、品質が高く自然環境豊かな環境の中で、有機酸を主体に独自にブレンドした無薬飼料を長期間給与して育て、よりアルカリ化に近い肉質に仕上げた銘柄鶏です。

 

『串八珍』の焼き鳥は、大好きな赤穂の『天然塩』でいただきます。
・皮塩    105円
・砂肝    105円
・ボンジリ  105円

焼き方は、備長炭火焼にて、浅すぎず、遠火の強火にて旨味を落とさずふっくらを良しとしているそうです。

 

『串八珍』は一品料理も美味しくて充実していますね。
・塩もつ煮込み   399円
・串キャベツ    157円
・ピーマン豚詰め  398円
・納豆巻焼き    336円
・ソースや焼きそば 504円

最初は生ビールで喉を潤します。

つづいて健康によさそうな!『ラーク』をただきました。

・生ビール(中) 504円
・ラーク     304円

 

友人とゆったりとしたお時間を楽しみました。

予算は一人3000円くらいでした。

ご馳走様でした。

※「串八珍」はこちら!

http://www.hoso-foods.co.jp/index.php

ありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*