志を明確にしよう! まる現 

こんにちは。久家邦彦です。今日も1日元氣で顏晴ろう!

◎あなたは、夢や目標を口にしていますか?

◆夢や目標を口にすることは恥ずかしいかもしれないし、周りの目を気にしてしまうことがあるかもしれないけど、それを口にできる人間に成長してほしい。
      本田圭佑

○今日お伝えしたいことは、志しを明確にして、時代の変化を味方につけよう!ということです。

『GQ JAPAN』(2007年11月号)で、日本のトップマーケターに選出され。

ダイレクトレスポンスマーケティングの第一人者とされている神田昌典さんの書籍『成功のための未来予報』を読みました。

書籍『成功のための未来予報』には、7つの予報について書かれています。

第1の未来予報 お金がなくなる
第2の未来予報 会社がなくなる
第3の未来予報 病気がなくなる
第4の未来予報 国境がなくなる
第5の未来予報 学校がなくなる
第6の未来予報 貧困がなくなる
第7の未来予報 制約がなくなる

神田昌典さんいわく、予想ではなく、予報です。自分で考えることがたいせつになります。

是非、お勧め書籍『成功のための未来予報』を手にとってみてくださいね。

未来予報がおもしろいです。

成功のための未来予報/きずな出版

¥1,296
Amazon.co.jp

_____________________________
<強運のレシピ>

志を明確にしよう!
_____________________________

◆神田昌典さんはいいます。

これからマーケティングはさらに簡単になっていきます。

私は15年前に独立したのですが、昔に比べて、今は会社を始めるのがはるかに楽になっています。

15年前は株式会社作るのには1000万円が必要でした。

それから事務所を借りて、電話とfaxを引き、看板、会社案内、名刺をつくる。

これをしないと会社として認識されなかったのです。

◆ネットで物を売るには、お客様がクレジットカードで決済できるように、クレジットカードのアカウントが必要でしたが、社歴がないとそれができません。

たとえOKが出ても、高い手数料がかけられていました。

今はpaypalなどのペイメントサービスを使えば、ものの10分で登録は無料で完了。

誰でもクレジットカード使ってビジネスが始められます。

◆今は事務所を借りる必要もありません。携帯端末さえあれば仕事ができますから、お金はさほど必要ないんです。

ではお金のかわりに、何が必要になったと思いますか?

有能な人たちとつながることで、ビジネスは立ち上がりもしますし成功もします。

有能な人たちとは、ビジネスモデルの構築の仕方や、ネットでの広告の使い方を知っている人です。

商品をどう見せたらいいかを知っていて、その映像や写真を撮れる人、商品を分かり易く説明できる人です。

◆事務所よりも、そうした人たちとのネットワークが大事なのです。

そういう人たちが大切にしているのは、同じ志があるかどうかです。

つまり、同じ世界にワクワクできるかどうかです。

しかも異なるスキルを持つ人たちとつながれば事業というのは立ち上がるものです。

(書籍『成功のための未来予報』神田昌典著、きずな出版より)

◆時代は思ったより早く変化しているようですね。

先日、12年来の知人とお会いしました。

彼は、12年前から角界の著名人や成功者にあいにゆき、食事を重ね、ビジネスでジョイントしていました。

そして今や彼は、20社以上の事業のオーナーになっていました。

一流で一番のロールモデルから学びつづけることが、いかに大切か!ということですね。

志を明確にして時代の流れを味方につけてゆきましょう!!

お勧め書籍『成功のための未来予報】はこちら!

成功のための未来予報/きずな出版

¥1,296
Amazon.co.jp

_____________________________
<強運のレシピ>

■これからマーケティングはさらに簡単になっていく!

■志を明確にして時代の流れを味方につけよう!!

■一流一番から学び、一番となり、人を一流一番にする

_____________________________

◆ 『脳力革命で人を幸せに!』

これが日本現実化戦略研究所【まる現のミッション】です。

・私の望みは「3年間で、オンリーワンからNo.1となる1200人を支援すること。」

そして、さらにその後3年間で、1200人が、さらに1200人ずつオンリーワンからNo.1になる人間を支援すること。

すると6年後には、日本から144万人のNo.1が誕生する。

「そんな人が世の中に溢れたらどうだろう?」

その人の家族や取引先、スタッフ、地域の人たちから日本の人々が、ドミノ式に豊かになり、笑顔になることがイメージできる。

こう考えただけでわくわくし、毎日がさらに楽しくなる。

◆それに、もし仮に、その144万人が、年間一人平均プラス3000万円の売上を上げたとしたら、いくらの売上になるだろう?

答えは、420兆円の売上だ。

毎年、日本のGDPにプラス420兆円の売上ができたらどうだろう?

きっと日本の1000兆の国債の問題や年金問題、健康保険料の問題も消えていくだろう。

もちろん、これは理想だが全ては、理想をもってそこに向かい情熱を生きることから始まる。

○【まる現のクレド】

           『常に考える』

◆我々の第一の責任は、
我々の製品およびサービスを使用してくれる顧客、そしてその家族をはじめとする、すべての顧客に対するものであると確信する。顧客一人一人のニーズに応えるにあたり、我々の行なうすべての活動は質的に高い水準のものでなければならない。適正な価格を維持するため、我々は常に製品原価を引き下げる努力をしなければならない。顧客からの注文には、迅速、かつ正確に応えなければならない。我々の取引先には、適正な利益をあげる機会を提供しなければならない。

◆我々の第二の責任は、
全社員 世界中で共に働く全ての人々に対するものである。社員一人一人は個人として尊重され、その尊厳と価値が認められなければならない。社員は安心して仕事に従事できなければならない。待遇は公正かつ適切でなければならず、働く環境は清潔で、整理整頓され、かつ安全でなければならない。社員が家族に対する責任を十分果たすことができるよう、配慮しなければならない。社員の提案、苦情が自由にできる環境でなければならない。脳力ある人々には、雇用、脳力開発および昇進の機会が平等に与えられなければならない。我々は有能な管理者を任命しなければならない。そして、その行動は公正、かつ道義にかなったものでなければならない。

◆我々の第三の責任は、
我々が生活し、働いている地域社会、更には全世界の共同社会に対するものである。我々は良き市民として、有益な社会事業および福祉に貢献し、適切な租税を負担しなければならない。我々は社会の発展、健康の増進、教育の改善に寄与する活動に参画しなければならない。我々が使用する施設を常に良好な状態に保ち、環境と資源の保護に努めなければならない。

◆我々の第四の、そして最後の責任は、
会社の株主に対するものである。事業は健全な利益を生まなければならない。我々は新しい考えを試みなければならない。研究開発は継続され、革新的な企画は開発され、失敗は償わなければならない。新しい設備を購入し、新しい施設を整備し、新しい製品を市場に導入しなければならない。逆境の時に備えて蓄積を行なわなければならない。これらすべての原則が実行されてはじめて株主は正当な報酬を享受することができるものと確信する。

◆『思いが原因、人生は結果、浮かんだことは必ずできる!』

①言霊の力で、過去の記憶を浄化(クリーニング)しよう!
②現実社会で、徳を積み!天から見て美しい生き方をしよう!
③志と信念をもって、潜在意識を活用しよう!

人生を変える『潜在意識トレーニング』ご関心がある方は、是非、『ビジネス開運塾』にご参加くださいね。

_____________________________
<強運のレシピ>

■【成功者とは、成長者である!!】

・目的をもって行動した結果は2つしかありません。
それは「成長」か「成功」です。

言い方を変えれば

・目的をもって行動した結果は2つしかない。
それは「成功」か「大成功」ということです。

■求めよさらば与えられん、尋ねよさらば見出さん、叩けよさらば開かれん!

目的を現実化するための『潜在意識トレーニング』を習慣にしよう! 

■『思いが原因、人生は結果、浮かんだことは必ずできる!』

①言霊の力で、過去の記憶を浄化(クリーニング)しよう!
②現実社会で、徳を積み!天から見て美しい生き方をしよう!
③志と信念をもって、潜在意識を活用しよう!

_____________________________

//////////////////////////////////

無から有を生む!!
「潜在意識トレーニング」一つで、人生はいかようにでもなる!!まる。

//////////////////////////////////

 『脳力革命で人を幸せに!』    

不安や悩み、心のゴミをエネルギーに転換し!

夢や目標を10倍豊かに現実化する!

日本現実化戦略研究所(まる現)

  久家 邦彦(くげ くにひこ)

SNSでもご購読できます。